夏の甲子園で準優勝した八戸学院大・菊池彪吾が“金農旋風”を語る

 昨夏の甲子園で決勝に進出した金足農(秋田)。準々決勝の滋賀・近江戦は1-2の9回裏に2ランスクイズで劇的なサヨナラ勝ちを収めた。二塁からサヨナラホームタッチした菊地彪吾(ひゅうご)は八戸学院大に進学。「高校時代にできなかった全国優勝をしたい」と次の夢に向かっている。

「あの時は本当に現実なのか、という感じ。夢みたいな感じでした。甲子園にいる時も何が何だか分からないというか。試合の時はもちろん、集中しているのですが、試合が終わって球場を出る時の甲子園ファンの方たちの反応がすごくて、現実なのかなと思っていました」

 菊地彪吾は1年前の夏をそう振り返る。

 甲子園に11年ぶりの出場だった秋田の古豪・金足農。1回戦で鹿児島実(鹿児島)、2回戦で大垣日大(岐阜)と甲子園常連校を下し、3回戦では高橋佑輔が高校初本塁打となる逆転3ランを放って優勝候補に挙げられていた横浜(神奈川)を撃破。準々決勝では近江(滋賀)にサヨナラ2ランスクイズで勝利した。準決勝では2-1で日大三西東京)に競り勝ち、県勢103年ぶり、金足農としては初の決勝に進出。大阪桐蔭(大阪)との頂上決戦こそ2-13と大敗を喫したが、世間に大きなインパクトを与えた。

 秋田の公立校、それも農業高校が地元の選手だけで強豪校を連破していく。それもエース吉田輝星(現日本ハム)を中心にレギュラー9人で戦い抜き、バントスクイズを駆使して手堅く得点を取りにいくスタイルスポーツニュースのみならず、ワイドショーまで賑わった。

 地元の秋田の熱狂は甲子園の比ではなかった。「決勝が終わってテレビを見たら人がいっぱいいて、『これはヤバいな、秋田に帰ったらどうなるんだろう』と思いました」と菊地彪。案の定、秋田空港に凱旋すると約1400人の出迎えが待っていた。混乱を避けるため、2か月ほどは電車通学が禁止となり、文化祭では一般公開が中止になった。

「この前、秋田に帰った時も声をかけられました。キャリーバッグを持って秋田駅を歩いていたら。髪が伸びたから分からないかなと思ったんですけど、分かるんだ、と思いましたね」

サヨナラ2ランスクイズで準決勝進出「次の塁を狙う姿勢を教えてもらった。それが生きた」

 あの夏から1年が経とうとしている。

「もう決めちゃえ、と思いました」

 甲子園球場の二塁ベースで菊地彪の気持ちは固まっていた。

 2018年8月18日金足農は近江との準々決勝を戦っていた。5回に1-1の同点に追いついたが、6回に勝ち越しを許し、1-2で9回を迎えた。この回の先頭、6番・高橋がカウント2-1から左安で出塁。無死一塁で打席に入ったのが7番の菊地彪だった。中泉一豊監督からのサインは送りバント。「ボールだと思ってバットを引いたらストライクで」と変化球で1ストライクをとられた。続くサインバスターエンドラン。バントの構えからスイングしたが、菊地彪は空振りしてしまう。

「ランナーは必ず走ってバッターは必ず当てないといけないので、自分は当てなきゃいけないと思い、精一杯でした。自分が空振りしたら、ファーストランナーの高橋は足が遅いので絶対にセカンドアウトになるんですよ。空振りして、『あ、やばい!』と思ったら、高橋が走っていなくて、ラッキーと思いました。高橋は走らない方がいいなと思ったらしくて、それで走っていなかったらしいです」

 サイン通りとはいかず、カウントも2ストライクに追い込まれたが、一塁走者が生き残っている状態で命拾いした菊地彪。そこで「打つしかない」と気持ちがパッと切り替わったという。一塁牽制と1ボールを挟み、ファウルで食らいついた後、左前に落ちる安打でつないだ。一塁ベース上で「ふ~っ」と息を吐いた。

「ここで三振とかだったらやばいなと思っていました。戦犯じゃないですか(苦笑)。三振したらどうしようと怖かったですね。ボールが高めだったので当てることができたんですけど、低めだったら引っ掛けていたかもしれません」

 無死一、二塁とし、8番・菊地亮太はバントの構えをしたが、カウント1-3からの5球目も外れて四球。菊地彪は二塁に進み、場面は無死満塁となった。当然のことながら、三塁走者の高橋がホームを踏めば同点。自分がかえれば逆転サヨナラ勝ちの意識はあった。

バッターが9番の斎藤璃玖だったので、絶対にバントだな、スクイズで来るだろうなと思っていて、一応、準備はしていました。コーチから次の塁を狙う姿勢を教えてもらったので、それが生きたんだと思います。もう決めちゃえ、と思いました」

 練習試合では2、3回決めたことがあるという2ランスクイズ。心構えはできていた。打席の斎藤は初球にバットを引いて1ボール、2球目は打つ構えから見送って1ストライクでカウント1-1とし、3球目を三塁側に転がした。

ショートセカンドが前進守備をしていたので、ショートと一緒に出て行って、そこからバントをしてゴーという感じでした。打球がサードに転がっているのを見て、送球しているのを見ながらホームに行きました。でも、サードボールを離してからは見ていません」

 三塁手の左側に絶妙に転がった打球。打球を処理する時に三塁を回っていた菊地彪は迷わず、走った。両腕を伸ばし、ヘッドスライディングでホームイン。

「手が入ったなと思いました」

 ここが甲子園だろうと関係ない。チームが勝つために、練習や試合でやってきたことを出す。冷静に戦況を読み、自分の役割を果たす。練習に裏打ちされたそんな姿勢が「サヨナラ2ランスクイズ」を生んだ。

エース吉田輝星日本ハムへ「去年のことは過去の栄光。いつかは一緒に」

 菊地彪は今、八戸学院大に進み、すでに北東北大学リーグの春季リーグ戦でデビュー。大学選手権もベンチ入りし、新人戦では2打席連続本塁打を放った。西武・秋山翔吾らを輩出した野球に専念できる環境が整う大学で次の目標に向かってバットを振る日々だ。

 八戸学院大は、吉田が進む予定だった大学。菊地彪は昨夏の秋田大会終了後、吉田から「一緒に行こう」と言われ「吉田が行くのなら」と進学を決意したが、吉田の実力をプロが放っておかなかった。吉田はドラフト1位でプロの世界へ。菊地彪は「でも、これはこれで何かの運命なので」と受け入れて前を見据える。

 金足農に進んだのも「運命」だった。当初は別の公立校を志望していたが、中学の野球部を引退後に硬式野球を練習した秋田北シニアで吉田らと出会った。その仲間たちが「金足農に行く」という。「他に行っている場合じゃない。カナノウに行こう」と進路変更した。

 もともと、捕手だった菊地彪は、中学の軟式野球で対戦したことがある吉田の球を硬球で受けた。「中学からスピードはあったんですけど、球の伸びとかキレとかがすごかった」という。高校でも1年秋にはバッテリーを組んで試合に出場し、「球のキレと回転がやっぱりすごかった」。その後はポジションを転々としたが、最後はライトレギュラーをつかみ、中学で出会った仲間たちと3年夏に甲子園出場を果たした。

 あれから1年。「去年のことは、過去の栄光なので」と大学野球に打ち込む。

「大学ではレギュラーを取って、タイトルをバンバン取りたいですね。この春は先輩たちに連れて行ってもらいましたが、今度は自分がチームのためになって、全国大会に行きたいなと思います。そして、高校時代にできなかった全国優勝をしたいなと思っています」

 そして、「いつかは一緒に」と吉田が戦うステージも見据えている。(高橋昌江 / Masae Takahashi)

八戸学院大に進学した金足農OBの菊地彪吾【写真:高橋昌江】