メジャー大会の第4戦。メジャーに昇格してから7年目を迎える。レマン湖を見下ろしアルプスの山々に囲まれた景勝地に立地するエビアンリゾートGCは、2013年メジャー昇格時に大規模な改修が行なわれた。グリーンのすぐ手前まで池を配置、急勾配のマウンドが整えられるなど、選手たちには緻密な計算とマネジメント力が要求される。

メジャー昇格前の2009年2011年宮里藍が優勝したことから、日本のゴルフファンにとってもなじみのある大会として知られる。悲願のメジャー制覇を目指す日本勢は畑岡奈紗、鈴木愛、比嘉真美子らが出場。

2週連続メジャーの初戦となる大一番を控えた日本勢にインタビューを行った。

■畑岡奈紗

写真/GettyImages


Q.2週続けてのメジャーとなりますが、仕上がりはいかがですか?
「自分の調子としては、思ったようにいっていないですね。」

Q.それはどのようなところがですか?
「打ちたいボールがなかなか打てなくて、左右にボールが散らばっている感じがあります。」

Q.今日、これからプロアマですが、何かを直す事は考えていますか?
「そうですね、いろいろやると逆に悪くなると思うので、一つの事に絞って、タイミングとか気を付けてやっていきたいです。」

Q.ここはグリーンが難しいですが、パッティングはどうですか?
「湖に向かって目があるので、そのあたりを注意して、しっかりキャディーと話し合ってやっていきたいと思います。」

Q.キャディーとのコンビは良さそうですね?
「そうですね、すごく良いと思います。」

Q.(エビアンが)去年は9月で、今年は7月開催ですが、コースの状態はどのように違いますか?
「去年はフェアウェイがすごく硬い印象があったのですが、2か月早まったという事で、少しフェアウェイが柔らかいのかなという事と、グリーンは相変わらず順目は早いと思います。」

Q.グリーンの攻略法は?
アンジュレーションもあるので、どのあたりに落として、どれくらい段が影響するかなど、しっかり考えてやっていきたいです。」

Q.これから2週間続いていくので、徐々に調子を上げていく感じですか?
「そうですね、あと2週で一度日本に帰るので、あと2週頑張りたいと思います。」

・合わせて読みたい→
野球選手がリハビリ期間にゴルフをする事は悪い事なのか?日米反応様々(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/baseball-players-rehabilitation-rules/)

■鈴木愛

写真/GettyImages

Q.全米女子オープンで大健闘(22位タイ)でした。あれから今日まで何か準備されましたか?
「全米の最終日の残り2ホールが悔しかったので、日本に帰って、サントリー宮里藍 サントリーレディオープンゴルフトーナメント)でその2ホールを埋めたいと思っていた中で、2週連続で優勝が出来たので、すごく自信になりました。なかなか優勝できない中でのサントリーの優勝だったので自信も持ち直しましたし、モチベーションも上がったと思います。」

Q.すごく良い感じでこの大会を迎えていると思いますが、具体的に自身のゴルフはどうですか?
「全米の時よりモチベーションは高く来ていますし、パターが今、良い感じです。後は(ライン)読みだったり、芝目があると聞いているので、そのあたりが上手くいけばパッティングが入ってくると思います。」

Q.14歳の時に初めてこのコースでラウンドしたという事ですが、その時の印象と今回の印象はどうですか?
「結構コースが改造されていて、当時の印象が残っているホールが半分も無いです。ですが、すごく印象に残っているホール、特にアウトコースはそのまま残っているところが結構あって、景色を楽しみながらいけるホールもあって、14歳の頃を思い出しながら回れました。」

Q.今、調子が良い中で、どのあたりを目標にしますか?
「思ったよりコースが長かったし、グリーンアンジュレーションもかなりきついです。打っていくグリーン面がすごく大事だと思いましたし、入るラインだったり、外してはいけないポジションだったりというのがすごく多いので、それを考えながら出来れば、ボギーは少し減っていくのかなと思います。初日から飛ばさずに、だんだん調子を上げていきたいので、落ち着いて初日からやっていきたいと思います。」

Q.海外挑戦で、特に日本とは違う準備をしていることは?
「今週、アプローチはしっかり練習していて、ラフが日本とは違うのはありますけど、あまりアプローチが日本で良くなかったので、今週は特に入念にやっています。コースも長いので、グリーンを外すところが多くなると思うので、そのあたりをいつもより練習しています。」

Q.メジャー2連戦ということで体力を使うと思いますが、今週はどのあたりを目指しますか?
「全米よりは上に行きたいなと思います。あと、今週シャネルで結構買い物したし(笑)、来週(全英AIG女子オープン)の経費も結構掛かっているので、たくさん稼ぎたいと思っています。」

■比嘉真美子

写真/GettyImages

Q.初めてのエビアンですが、コースはどうですか?
コースは戦略性が高いです。ティーショットからパットまで、気が抜けない18ホールになっていて、かなり頭を使うコースになっていると感じています。」

Q.画面で見るのと違い、グリーンなどは難しいですよね?
「そうですね、すごく細長くて、5ヤード幅くらいに打っていかないと、グリーンを外してしまうという傾斜の強い縦長のホールもかなりあるので、常に緊張感を持ってラウンドしなければと思っています。」

Q.今週、来週とメジャーが続きますが、意気込みを聞かせてください。
エビアンは私の姉夫婦が近くに住んでいます。シーズン中に家族と過ごせることはなかなか無いので、ゴルフも一生懸命頑張って、それ以外は家族とともにリラックスして過ごしたいと思っていたので、エビアンの切符を掴むことが出来てすごく嬉しいです。そして、2週メジャーが続くことも初めての経験ですし、毎回、メジャーに出るたびにいろいろな刺激があり、成長させてくれる大会ばかりなので、この2週間は、コースはもちろんですが、自分がどれだけ変わっていけるかも楽しみのひとつです。」

Q.調子はいかがですか?
「ここに来るまで、日本ツアーではなかなか良いプレーが出来なかったのですが、少し休憩をはさんで、このエビアンの週になって、少しずつ調子も上がってきているので、すごく楽しみです。」

Q.ここのコースショットを5ヤード、3ヤードのところに打っていかなくてはいけないホールが多いですが、精度はどうですか?
「その幅(3ヤード)に自信を持って打っていけるかというと、少し不安がありますけど、キャディーをやってくれる姉の旦那さんがここの出身なので、すごくこのコースを知り尽くしていて、大きく力になってくれると思うので、キャディーを信じて、自分を信じていけば、良いスコアも出るのではと思います。」

Q.18番がパー4からパー5になりましたが、セカンドショットはどうですか?
「ティーショットが上手くいけば、セカンドエッジまで210(ヤード)ぐらいで届くので、かなりチャンスホールになると思いますが、ティーショットがかなり狭いので、ラフに行くのか、フェアウェイに置けるのかで、すごくギャップがあるような18番になっていると思います。」

Q.どこのホールも木が大きく、せり出しているので、球筋も大切ですよね?
「そうですね。ティーイングエリアからフェアウェイに抜けるまでの空間がすごく狭いホールが多いです。自分の球筋だったり、イメージをかなり強く持っていかなければ、ティーショットはうまくいないので、イメージは重要になってくると思います。」

Q.画面では伝わらないですが、フェアウェイは狭いですよね?
「ほんとに狭いですよね。抜けてしまえば、広がっているのですが、フェアウェイが半分くらいしか見えないホールもあるので、かなり神経を使いますね。」

Q.みんな、期待しているので頑張ってください。
「はい、ありがとうございます。一生懸命頑張ります。」

■上原彩子

写真/GettyImages

Q.例年と違って、すごく暑いエビアンですけど、どんな感じですか?
「久しぶりに夏の時期に(大会が)戻ったので、『こんなに暑かったかな?』というぐらい暑いです。」

Q.連戦が続いて、2~3日ほど日本に帰ってからの現地入りと聞いていますが、どんなスケジュールだったのですか?
マラソンクラシックが終わって、日本に戻って、タッチ・アンド・ゴーみたいな感じでしたけど、飛行機も順調で、良い練習も出来ましたし、明日から良い感じでスタートしたいと思います。」

Q.今年も少しコースが変わっています。13番がパー5からパー4、18番がパー4からパー5にとコースセッティングも変わりました。このあたりはどうですか?
「18番はコースが変わる前までは、ずっとパー5だったので、戻ってくれて良かったと思います。13番はパー5からパー4になったのですが、バックティーになると距離もあるので、長いクラブでのアプローチショットになります。そのふたつ(13番と18番)が変わった以外は、前のコース通りなので、良かったと思います。」

Q.フェアウェイが柔らかいと他の選手は言っていますが、影響はありますか?
グリーンはそれほど柔らかいと感じないですが、フェアウェイはすごく柔らかいので、練習ラウンドをしている感じでは、長いクラブでのアプローチショットが多くなるかなと思いました。」

Q.過去に優勝争いもした大会ですが、ご自身でどのあたりを目指していますか?
「(大会が)夏になったので、ラフも例年よりは厳しいと思いますし、フェアウェイキープが大事になってくると思います。フェアウェイの傾斜も強いので、しっかり考えながら、フェアウェイに置くことを第1条件にして、グリーンも特徴があって難しいので、しっかり読み切って、4日間プレーしたいと思います。」

■横峯さくら

写真/GettyImages

Q.今シーズン4度目のメジャーですが、現地にはいつ入られましたか?
土曜日の夜に入りました。」

Q.コースはどれくらい回りましたか?
「1.5ラウンドぐらいです。」

Q.コースの印象はいかがですか?
「ティーが前になってパー5がパー4になっていたり、18番がパー5になっていたりして、ところどころ違うところもありますが、全体的には一緒なのかなぁという感じです。苦手意識は強いですが、その中でしっかり良いプレーがしたいです。」

Q.今年を振り返ると、ちょっと足踏みしたりという事がありましたが、今の調子はいかがですか?
「ここ最近予選落ちだったり、上位にいけてなかったりということで、ほんとに足踏み状態ですが、ここ最近やるべきことが見つかってきたので、それをしっかり18ホール出来れば良いかなと思います。」

Q.すごく大事なメジャーが2試合続いて、秋の大会に繋がっていくと思いますが、意気込みは?
「この大会はトップ20を目指して頑張りたいと思っていて、シードを確保するというのが今年は目標になると思うので、ほんとに大事な2試合だと思います。」

Q.今週の意気込みをお願いします。
「今週はトップ20を目指して頑張ります。」

■安田祐香

写真/GettyImages

Q.エビアンコースはどうですか?
「日本と違う感じのコースで、フェアウェイの傾斜がとても強くて、グリーンアンジュレーションがすごくあるコースだと感じたので、難しいという印象です。」

Q.今年はオーガスナショナル女子アマチュアプレーしているので、コースに関してびっくりすることは無いのではないですか?
オーガスタは綺麗なコースで、ここも綺麗なコースですが、オーガスタとは違う難しさがあって、楽しいコースだなと思います。」

Q.心配された腰の具合ですが、大丈夫そうですね?
「そうですね。」

Q.毎日ケアをしながら、という感じですか?
「毎朝アップをしっかりやって、終わってからしっかりケアをしているという感じです。」

Q.コースの距離はどうですか?
「私は、ドライバーキャリーだけでランが出ないという印象なので、セカンドロングアイアンやユーティリティを使う場面が多いと感じました。」

Q.初めてのアメリカLPGAのメジャー大会という事で、どんな意気込みで来ていますか?
「初めてなので少し緊張もしていますが、すべて経験だと思って、2週連続メジャーなのですが予選通過したいと思っています。」

Q.エビアンの街の雰囲気はどうですか?
ヨーロッパという感じで、すごく綺麗な街だなと思いました。湖のまわりが綺麗だと思いました。」

Q.観光地ですし、ギャラリーもたくさん来ますし、楽しみですね。
「頑張ります。」

◆◆◆WOWOW LPGA 放送スケジュール◆◆◆
メジャー第4戦!/フランスエビアンチャンピオンシップ
【放送情報】
第1日<前半> 7/25(木)よる6:00[WOWOWライム](※無料放送)
第1日<後半> 7/25(木)よる10:30[WOWOWライム](※無料放送)
第2日<前半> 7/26(金)よる6:00[WOWOWライブ
第2日<後半> 7/26(金)よる10:30[WOWOWライブ
第3日 7/27(土)よる7:00WOWOWライブ
最終日 7/28(日)よる7:00WOWOWライブ
★連日生中継!★WOWOWメンバーズオンデマンドにて同時配信!

【出場注目選手】
畑岡奈紗、鈴木愛、比嘉真美子、上原彩子、野村敏京、横峯さくら、安田祐香、パク・ソンヒョン、コ・ジンヨン、レクシー・トンプソン、ミンジ・リー、ブルック・ヘンダーソン

【解説/実況】
解説:森口祐子 馬場ゆかり
実況:吉本靖
現地リポーター:平瀬真由美

番組の最新情報は「WOWOW LPGA」https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/WOWOW 公式ツイッターアカウント @wowowgolfチェック日本人選手のインタビュー動画や速報ダイジェストプレゼント情報など充実のラインナップ♪
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

2週連続メジャーがいよいよ今夜幕開け!「エビアン・チャンピオンシップ」出場の日本勢に大会直前インタビュー