ネットワンシステムズ(荒井透社長)は7月24日朝日新聞社(渡辺雅隆社長)のクラウドの活用拡大に向けたSD-WAN環境を構築し、今年3月から全面稼働したと発表した。

オリジナルで読む

 これまで朝日新聞社は、東京本社・大阪本社のデータセンターを経由して安全にインターネットに接続していた。しかし、ウェブ通信のリッチコンテンツ化などでインターネット接続点への通信量が増大して帯域が逼迫したことで、クラウドサービス上の業務で体感速度が低下していた。

 今回導入したSD-WAN環境は、本社・支社・総局などの全国54拠点から、直接インターネットへ安全に接続する「インターネットブレイクアウト」を実現。拠点からのアクセス回線を閉域網とインターネット回線のActiveActive構成とし、クラウドサービスなどのウェブ向け通信はインターネットブレイクアウトによって拠点からインターネットに直接接続し、社内システム向け通信は閉域網へと自動的に接続先を切り替えた。また、インターネットブレイクアウト通信では、クラウドセキュリティサービスを介することで、セキュリティ強化を実現している。

 これによってクラウドサービスを安全・高速に利用可能となり、業務スピードの向上を実現した。7割の取材拠点で体感速度の向上を実感している。

 今後、朝日新聞社はクラウドサービスOffice 365」の全社導入を予定しているが、これに伴うクラウドへの大幅な通信量の増加は、SD-WANによるインターネットブレイクアウトによって吸収できると見込んでいる。また、SD-WANで拠点同士をフルメッシュ接続しているため、拠点間でのビデオ会議などのコラボレーションツールの利用拡大も見込んでいる。なお、今回導入したSD-WANソリューションでは、Cisco SD-WAN(旧Viptela)を活用している。

業務スピードの向上を実現