【元記事を音楽ナタリーで読む】

ミオヤマザキの楽曲をテーマにした“Twitterドラマ”の第9弾「近いようで遠くって」が7月29日ミオヤマザキのオフィシャルTwitterアカウントで配信される。

【大きな画像をもっと見る】

第9弾は男女のどうしようもなく、痛く切ない恋愛における“あるある”を題材にした内容で、テーマ曲にはミオヤマザキの「失恋」が選ばれた。出演者は元AKB48田野優花、俳優の藤田富、元BiSのアヤ・エイトプリンス。アヤは人生初の演技にチャレンジする。

ミオヤマザキTwitterドラマ「近いようで遠くって」コメント

田野優花

今回ユナという役を演じるにあたってわたしの身近に全部同じわけではないですが似たような体験談があったのでとても感情移入しやすかったし、これは女の子なら共感するひと絶対おおいだろうなって台本を読んだ時思いました笑
理想と現実、きっとわたしたちの日常にちかリアルや繊細さをこのショートドラマでしっかりみなさんに伝わっていただけたら嬉しいです。

藤田富

こちらの作品は一度経験したことあるや友達がそうなったことがあるというようなリアルストーリーで、田野さん演じる主人公の心の葛藤が描かれてます。僕はその心の葛藤の原因です。初めて、このような役を演じましたが、、、クズ男役でした。ぜひ僕が演じるクズ男を観ていただき、「やだ!こういう奴」って思っていただけますと役者として光栄です。何卒よろしくお願いします。

アヤ・エイトプリンス

舞香役で出演させていただきました、アヤ・エイトプリンスです!なんと今回、人生初の演技に挑戦をしてみました~!! 初めてで緊張したのですが、凄く楽しくて、田野さん、富田さんと共演させていただいて、沢山お勉強になりました。見所は、身近にありそうで共感できるラブストーリーなので、是非毎回楽しみにしていただければと思います!

「近いようで遠くって」メインビジュアル