秋篠宮家の眞子内親王殿下日本人移住120年を記念して、ペルー共和国とボリビア多民族国を訪問され親善を深められた。

JBpressですべての写真や図表を見る

 眞子さまの和服姿の笑顔や立ち居振る舞い、これこそが移住した日系人が待ち望んでいたお姿ではないだろうか。

 彼らは「自分たちには血の繋がった祖国があるんだ。それは天皇を戴き、世界に類のない平和を愛してやまない日本である。その内親王が今ここにおいでになる」と、言葉では表せない満腔の歓びに浸っているように見受けられた。

 ご結婚された後においても、皇族、あるいは元皇族の一員として、こうした活躍が期待されている。どこまでも貴種がもたらす、言語を超越した効用である。

 そうした視点から、先に「恋は盲目では済まされない秋篠宮家の内親王 国民の理解も祝福も得られない結婚は考え直すべき」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56804)を書いた。

皇室に対する国民の意識は御陵に現れる

 皇室問題がスキャンダラスに週刊誌で取り上げられ、また皇室が庶民化・階層的平準化することがあたかも「開かれた皇室」であるかのように戦後の日本人は勘違いしてきたのではないだろうか。

 週刊誌的な例示には事欠かないが、ここでは庶民化・平準化の一例として御陵を取り上げる。上皇となられた平成天皇の御陵は、大正・昭和天皇陵の3分の2くらいに縮小されることになった。

 何百年かの後には正しく庶民の墓並みになってしまう危惧が存することを旧皇族で作家の竹田恒泰氏の講演で聞き知った。

 上皇(平成天皇)は「象徴天皇の在り方」をとことん突き詰めてお考えになり、国民と共にあり、天災地変で国民が塗炭の苦しみにある時は同じ目線に立って被災者を元気づけられ、また快癒をお祈りになった。

 そうした象徴の務めが果たせなくなりつつあることを危惧され、譲位をご決断された。国民に寄り添うお考えから「自分たちの墓は小さくて良い」という趣旨のご意志も内々に発されたのであろう。

 しかし、それは上皇陛下に限らず、歴代天皇が思召されてきたことに違いない。外国の王侯貴族と異なり、日本の天皇は宮殿の広大さや豪華さを誇らないのを美徳とする伝統をお持ちだ。

 そうした思いの中で、御陵建設の話(大々的にやらないようになどの)もあったに違いない。

 仁徳天皇が庶民の状況、生活ぶりなどを慮られたことはよく知られている。宮城がぼろぼろになり雨漏りがしても、庶民の家から煙が上がらないことを心配して、宮城の普請などしている場合ではないと言われた。

 それでは庶民感情が収まらず、結局世界一の規模を誇る前方後円の仁徳天皇陵が築城されたのだ。近現代では広大な地積を必要とする前方後円墳ではなく下方上円墳となるが、大正・昭和天皇の御陵もしかるべき規模で構築されている。

 顧みれば、平成時代は震災なども多発し、上皇ほど国民に寄り添われた天皇はおられない。国民への慈しみの視点からは、先の2代の天皇陵よりも拡大こそすれ、縮小はなかったであろう。

 しかし、歴代天皇の御心と比較考究して、仰せの真意を理解し、御心のうちを推し量ることもなく、「ああそうですか」とあっさり引き受けたのであろう。歴史に疎く、忖度もできない、何と器量の狭い官僚たちであることか。

 そもそも天皇は現存の国民を御宝とされるだけでなく、神話時代からの歴代天皇とその御宝をも含む長い歴史に生きてきた億兆の民を慈しまれる大御心をお持ちである。それが庶民の墓と同等であっていいはずはない。

 戦後の皇室を皇室とも思わない風潮と、頭脳明晰だけが取り柄の学卒が皇室を支える官僚道では、歴史は忘却されてしまうということである。

学習院に見る皇族教育の退廃

 もう一つは帝王教育をはじめとする皇族方の教育である。

 戦後の皇室は、現存する国民の総意に基づく皇室であるかのごとく見做されてきた。主権在民の民主主義が優先され、皇室も同列に並ぶべきであるかのように見なされるようになった。その顕著な例を学習院教育に見る。

 櫻井よしこ氏の「週刊新潮」連載コラム『日本ルネッサンス』第850回は、「皇族を冷遇する学習院の悪しき体質」となっている。1974年から97年まで学習院高等科に勤務し、76~77年の2年間は今上陛下(当時浩宮親王)のクラス主管(担任)を務めた小坂部元秀氏が書いた『浩宮の感情教育』に対する所見である。

 父母会名簿の1頁には皇室関係在学者が記載されているが、小坂部氏が高等科OBとの会話で、この頁を破り捨てる人が相変わらずいると話し、また、「御在学」と丁寧語で書かれているかとの問いに「力なくうなずく」などから、櫻井氏は「(特別扱いされる)皇室への拒否感、嫌悪感を感じさせる」と述べる。

 また天皇や天皇制について、小坂部氏が南原繁や中野重治、三好達治らに最も興味を抱き、彼らの発言や文章を挙げて評価することから、「帝王学どころか、天皇陛下や皇室などどうでもよいという価値観への共鳴が先に立つ」とあきれ返り、「このように冷淡というべき視線の中で、・・・皇太子殿下は学ばなければならなかった。非常に気の毒なことだと感じざるを得ない」と述べる。

 しかし、学習院ともあろう学校で小坂部氏のような人物しか見つけられなかったことは日本の悲劇であろう。

 かつては(親王をりっぱに育てられなければ)自分の命を落として謝するほどであったことを思えば、「小坂部氏の想いが那辺にあるかが明らかになる」と櫻井氏は暗澹たる気持ちになったようだ。

 いまや学習院がその任に非ずと皇族方からも見做されていることは、秋篠宮家の内親王と悠仁親王学習院を避けられたことからも明らかであろう。

 学校教育に限らず、眞子さまの婚約問題を契機に分かったことは、内親王の「お立ち場」の教育なども十分でないことである。皇室・皇族を内面からしっかり支え盛り立てて行く組織の欠落である。

 宮内庁があるではないか、侍従職などが設けてあるではないかとの反論もあろう。

 しかし、苦言を呈する宮家などがいなくなったこともさることながら、宮内庁は天皇や東宮家・秋篠宮家などの内面の相談には乗り得ない、単なる組織運営の官僚集団でしかないということだ。

 官僚道! ああ官僚道! 廃れたり?

 本来であるならば、防衛省自衛隊が命を懸けて国の守りに邁進すると同様に、宮内庁には皇室の弥栄と皇統の断絶を阻止する英慮が求められる。

 秋篠宮家に仕えた宮務課・秋篠宮家付(当時、約20人)が少なかったということもあろうが、今日の状況をもたらした原因は、組織が官僚的・外面的にしか機能しなかったことではないだろうか。

秋篠宮皇嗣殿下の過分の遠慮

 眞子さまの婚姻問題は早急に解決されなければならないが、眞子さまの決意に賛同されている佳子さまが同じ轍を踏まれることだけは国民の英知を以って避けなければ、皇室の弥栄という国民の願望から離れるだけである。

 内親王(や女王)方には皇室や皇族のお立場をいま一度しっかり顧みてほしいものである。

 眞子さま問題が影響しているか否かはともかく、秋篠宮殿下は皇嗣(皇太子的立場)となられたにもかかわらず、国民目線を強く意識され、遠慮されている感じが伺われる。

 一つは昨年の誕生日に先立つ記者会見で、御代替わりの大嘗祭は国費ではなく天皇ご一家の私的活動費の「内廷費」でまかない、身の丈にあった儀式にするのが本来の姿との認識を吐露されたことである。

 最高裁判決で大嘗祭を国費で行なっても政教分離を定めた憲法に違反するものでないことが示されており、また数億円しかない内廷費で、平成の御代で行われた大嘗祭に徴しても数十億円はかかる儀式がまかなえないことも明らかである。

 小堀桂一郎東京大学名誉教授は「殿下が現在の皇室をひどく身の丈の縮んでしまった家門であるかのごとく意識され」ていることに対し、「洵にお気の毒である」と述べ、「だが然し、此処で宮様には発想の転換をお願ひ致したい」」と続ける。

「殿下が今思ひ定めるべきは、家門の衰耗といふ趨勢への順応ではなく、その復活と再生にかけるべき気概である」と、皇室の「伸張を冀(こひねが)ふ」のである(「特集 おそれながら秋篠宮殿下に申しあげます」『正論』平成31年2月号所収)。

 もう一つは、令和初の外国訪問(ポーランドフィンランドとの国交樹立100周年)で政府専用機を使用されなかったことである。

 殿下のご遠慮とは関係なく、国家や皇室を代表して訪問される方が民間機利用では、遅延などで先方に迷惑をかけることになり兼ねない。現にそうした事態が起きたともいわれる。また、テロ等が発生しても民間機では対処ができにくい。

 政府専用機は皇族方や首相らを優遇するという視点からのものではなく、国家のステータスとともに、対外関係における円滑化を第一の目的にしたものである。

 以上の2点からだけでも、秋篠宮皇嗣にはご本人の想いとは無関係に泰然自若として、慣例に従ってもらうことが重要であり、外務省宮内庁などの官僚たちはご納得いただけるまで説明する責任があろう。

血のスペアは「旧宮家」だけでない

 しかし、何よりも大切な皇統の存続を真剣に考えてこなかったのではないだろうか。その一例を小泉純一郎首相が設置した皇室典範改正論議に見たのである。

 座長の東京大学長はロケット工学の専門家で、集められた有識者には皇室専門家はいなかったと言われる。

 天皇の歴史を勉強することもなく、拙速にも女性・女系天皇容認の道に進もうとした。当時は、首相さえ、女性天皇・女系天皇の差異が理解できていなかったようだ。

 2000年余にわたる万世一系の天皇の歴史をあっさり壊そうとした、これほどの無責任内閣はなかったともいえる。

 皇統の基本も弁えない拙速な改正論議に疑念を抱かれた三笠宮寬仁親王殿下が牽制されると、羽毛田信吾宮内庁長官は「発言を控える観点にお立ち頂きたい」と苦言を呈したのである。

『新潮45』9018年8月号はLGBT問題の発火点になったが、同誌には特別企画の「天皇家のDNA」が掲載されていた。とても重要な記事であったが、あまり話題になることがなかった。

 同誌2017年1月号に八幡和郎氏が発表した「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」をベースに、旧宮家の血を引く竹田恒泰氏にインタビューして、さらに論点を鮮明にしている。

 われわれは報道などで〝戦後″に臣籍降下した11宮家(便宜上「旧宮家」と呼称)に固執し過ぎていることが分かる。「旧宮家の男系男子も悠仁親王世代では10人程度であり、それに限定しては将来の確実性に乏しい」と八幡氏はいう。

 そこで、「旧宮家に限らず、戦前に臣籍降下して華族となった『宮家分家』や、江戸時代に近衛、一条、鷹司に養子に出た親王の子孫である『皇別摂家』と言われる人たちも含め最低でも100人くらいの予備軍が欲しいところだ」と述べる。

 すなわち、皇統断絶の危機を旧宮家の復帰で防ぐ方法に加え、戦前には宮家を継げなかった次男以下の親王(宮家分家)や、それ以前は公家に養子に出された皇別摂家があり、そこにも多くの男系男子がいるとの指摘である。目から鱗とはこう言うことを言うのではないだろうか。

 小泉首相の諮問機関に皇室専門家がおれば、こうしたことはイロハのイであったに違いない。それを皇統の歴史さえ変えることができる〝権力者″と勘違いしたのか、歴史の審判に堪えない拙速な皇室典範の改正を意図したのだ。

戦後レジームからの脱却」を掲げた第1次安倍晋三政権に米国が難色を示したことからも分かるように、GHQの意図で戦後に臣籍降下したものを復帰させるとなれば、米国は再び感情的になりかねない。

 そうであるならば、分家や養子先の男系男子が現存または直近まで存続した宮家と養子縁組することや、天皇の血を引く著名な家系の猶子となり擬似的な親子関係を結び、皇室行事などにも参加して少しづつ藩屏意識を高めるという方法だと、米国の感情にも関わりない。

 一般に養子とは後継ぎがない家に入り家督を継ぐもので、猶子は他人と親子関係を結ぶことで自らの家柄を高め箔を付ける、すなわち有力な後見人を得るようなものである。秀吉が関白近衛前久の猶子になって関白になれた例が挙げられる。

 安倍晋三首相は第2次安倍内閣発足前の月刊誌では「女性宮家」創設への反対も表明し、旧宮家の皇族復帰や旧皇族の男系男子を現在ある宮家の養子に迎えることを唱えていた。

 ところが、今年3月20日の参院財政金融委員会で国民民主党の大塚耕平議員から皇位の安定的継承に関する質問を受けた際の答弁では、(戦後に皇籍を離れた)旧宮家の復帰に関しては「70年以上前の出来事で、皇籍を離脱された方々は民間人として生活を営んでいる。私自身が(離脱の)決定を覆していくことは全く考えていない」(「産経新聞平成31年3月21日)と語ったのである。

 これは、戦後レジームからの脱却を掲げた第1次安倍政権に米国が反発したことも考慮し、宮家の復活という法的(さらには米国の感情的反発?)問題に比し、養子縁組や猶子の方が困難を伴わないこと、また近親婚がもたらす悪影響なども考え、自然体の中でより現実的な方法を見出しつつあることからの方針転換ではないだろうか。

おわりに:皇女たちの相手には高貴性が必要

 内親王や女王が民間に嫁がれても、皇族の減少から皇室任務の一部を担われることが期待される。そうなると、当然のことながら、連れ合いの品位、すなわち高貴性も問われることになる。

 400万円を超す金銭トラブルは庶民にとっては大変な負担であるが、内親王と婚姻関係を結ぼうとする小室家がこれしきのことで問題を起す状況では、結婚が成就しても品位や高貴性が問われ兼ねない。

 小室圭氏は金銭トラブルは解決したと語るが、驚くのは秋篠宮から問われた小室氏の母が「どうしてもお返しした方がいいのなら、皇室の方でお金を用立てて頂くことはできませんか」(「週刊新潮2019.7.18)と打診したということだ。

 宮内庁担当記者は、眞子さまが皇籍離脱する際に一時金として支給される「1億5000万円からの〝前借り″を打診してきた」というのだ。この厚かましさには呆れて開いた口が塞がらない。

 令和の御代になった。万葉集からの元号は日本の歴史・伝統を見直す契機にもなっている。皇室を取り巻く懸案を一刻も早く解決し、日本の芯柱である万世一系の皇室の弥栄を取り戻さなければならない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  混乱と不安定化をもたらす多弱野党の野合

[関連記事]

トランプの日米安保不満は日本にチャンス

恋は盲目では済まされない秋篠宮家の内親王