サイバープロテクションの世界的リーダーであるアクロニスは、今後のリリースに先駆けて、Acronis Cyber Cloud 8.0の概要を本日、日本で先行発表いたします。

競争力を維持して成長を続けるために、クラウドプロバイダーはお客様がCyberFitな状態でい続けられるようにし、現代のデジタル世界におけるサイバープロテクションに対する要求に備える必要があります。新たにリリースするAcronis Cyber Cloud 8.0は、多数の新機能を提供し、市場において最も簡単で効率的で、安全性の高いサイバープロテクションソリューションとなっています。クラウドプロバイダーは以下を実現することができます。

Acronis Backup Cloudで提供開始された新しいAdvancedエディションにより、よりハイエンドのお客様のニーズに対応
● 3つのエディション(StandardAdvanced、Disaster Revovery Edition)を提供、高度な機能と障害復旧機能をバンドルしたエディションへのアップセルを容易に
Acronis Backup Cloudの効率的なグループ管理運用により、サービス提供を大幅に改善
シンプルになったライセンス、導入障壁を低め、運用管理をAcronis Backup Cloudと統合することにより、Acronis Disaster Recovery Cloudを容易に販売可能に
Webコンソールログイン時の二要素認証により、プラットフォーム全体のセキュリティを強化

Acronis Backup Cloud 8.0の新しい「高度」な機能
デバイスグループ管理
バックアップ計画の集中管理
アプリケーション認識型のSAP HANAバックアップと復元
アプリケーション認識型のOracle Databaseバックアップと復元
Microsoft SQL Serverクラスタ認識型バックアップ
Microsoft Exchange Serverクラスタ認識型バックアップ
スクリプトベースバックアップ場所選択

Acronis Cyber Cloudについて
Acronis Cyber Cloudは、サービスプロバイダーが効率のよい簡単かつ安全な方法でサイバープロテクションを提供できるようにするプラットフォームです。1つのSaaSソリューションで、お客様はハイブリッドクラウドバックアップ、障害復旧、AIベースランサムウェア保護、ファイルの同期と共有、ブロックチェーンベースファイル認証と電子署名サービスのすべてを単一のコンソールから管理できます。

アクロニスについて
アクロニスは、革新的なバックアップランサムウェア対策、ディザスタリカバリ、ストレージ、企業向けファイル同期・共有ソリューションによって、サイバープロテクションとハイブリッドクラウドストレージの標準を確立します。AIベースActive Protectionテクノロジーブロックチェーンベースデータ証明、独自のハイブリッドクラウドアーキテクチャにより強化されたアクロニスの製品は、物理、仮想、クラウドモバイルワークロードおよびアプリケーションを含む、あらゆる環境のあらゆるデータを保護します。
アクロニスは2003年シンガポールで設立され、現在世界中で500万人以上の個人ユーザーと、世界のトップ企業100社のうち79社を含む50万社以上の企業に信頼されています。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。

配信元企業:アクロニス・ジャパン株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ