『今森光彦展 写真と切り絵の里山物語』が、2019年8月28日(水)~9月4日(水)まで、東京・松屋銀座にて開催される。

今森光彦 (C)おうれりあん

今森光彦 (C)おうれりあん

人と自然がともに生きる“里山”。その中で生み出される豊かな営みを見つめつづけてきたのが、写真家・今森光彦だ。今森は、琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え、四季折々に移り変わる田んぼや里山に集まる生き物を撮り続けてきた。また、蝶や鳥、植物をモチーフにした精緻で生き生きとした作品をつくる切り絵作家としても知られ、深い洞察力により、たった1本のはさみから生み出される作品には、植物の鮮やかさや昆虫の力強さが表現されている。

ツマキチョウとアネモネ (C)Mitsuhiko Imamori

ツマキチョウとアネモネ (C)Mitsuhiko Imamori

本展では、里山に暮らす今森のライフスタイルの紹介をおりまぜながら、写真と切り絵で里山の魅力に迫る。迫力ある大型作品を含む写真約80点、切り絵作品約30点を紹介する。自然とそこに暮らす人々がつながる美しい里山の景色と、身近な自然と関わりながら暮らす喜びと魅力を楽しんでみては。

夏の部屋 (C)おうれりあん

夏の部屋 (C)おうれりあん

アカタテハとオールドローズ (C)Mitsuhiko Imamori

アカタテハとオールローズ (C)Mitsuhiko Imamori

アトリエの庭で (C)おうれりあん