伝説のすた丼屋は7月29日から、とんかつ×すた丼の強力タッグ「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」を発売する。価格は830円(税込み)。

「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」は、茶碗約3杯分の大盛りご飯の上に、千切りキャベツ、並と同量のすた丼の豚バラ肉100gのロースとんかつを切らずに丸々のせた、総重量約700gのボリューム満点な一品。

三元豚を使用した柔らかくジューシーとんかつは、サクサク感を残しつつソースを全体に染み込ませるために、揚げたてのとんかつを「特製すたみなソース」に丸ごと潜らせ“どぶ漬け”に。一般的なとんかつソースの粘度が高くこってりとした味わいに対し、醤油ベースの甘辛いタレにおろしニンニクを加え、さらにかつおや昆布など和風だしのエキスをベースに15種類もの調味料を特別な配合でブレンドした特製ソースは、濃厚な中にも甘みとニンニクパンチを効かせ、食欲が減退する時期でもかぶりつきたくなる味わいに仕上げている。白米はもちろん、キャベツとの相性も抜群だ。

チェーンを運営するアントワークスは、「夏バテを撃破し、夏を思いきり楽しんでいただきたいという想いで、スタミナ満点の合盛り丼を開発いたしました」とアピールしている。