キヤノンマーケティングジャパンキヤノンMJ)は、2019年6月のマルウェア検出状況の最新のレポートを公開した。6月は日本語環境を狙ったばらまき型メールが急増したことが分かった。

オリジナルで読む



 キヤノンMJのマルウェアラボは、国内で利用されているウイルス対策ソフトウェア「ESET セキュリティ ソフトウェア シリーズ」のマルウェア検出データを基にマルウェア検出状況を分析し、最新のレポートを公開している。

 6月の国内で最も多く検出されたマルウェアはJS/Adware.Agentで、第2位はJS/Adware.Subprop。どちらも悪意のある広告を表示させるアドウェアでウェブ閲覧中に実行される。表示された悪質な広告をクリックすると不正なウェブサイトアクセスし、別のマルウェアダウンロードする可能性があるという。

 国内検出数上位5位にランクインしたDOC/Agent.DZも注意が必要だ。6月17日から6月30日までの14日間で多く検出され、6月17日にばらまかれたメールに添付されたExcelファイルが大半を占める。メールの件名は「Re: 請求書の送付」「ご案内[ お支払い期限:06月18日]」などで、トータル7種類の件名が確認されている。

 DOC/Agent.DZは、日本以外ではほとんど検出が確認されなかったなどの理由から、日本語環境を狙ったマルウェアと考えられる。今後も新種のマルウェアが流行する可能性があり、最新の脅威情報のキャッチアップと対策が重要だ。

「請求書の送付」メールにご用心