【元記事をコミックナタリーで読む】

劇場アニメ二ノ国」のジャパンプレミアが、去る7月25日に東京・豊洲PITで開催された。

【大きな画像をもっと見る】

二ノ国」は、主人公たちが暮らす現実世界・一ノ国と、隣り合わせにある魔法世界・二ノ国という2つの世界を舞台にした物語。ジャパンプレミアにはあらかじめ登壇がアナウンスされていた山崎賢人新田真剣佑永野芽郁宮野真守津田健次郎、製作総指揮と原案、脚本を担当した日野晃博、監督の百瀬義行に加え、梶裕貴も急遽参加。舞台挨拶は終始大きな歓声と笑いに包まれ、にぎやかに行われた。

山崎は声優初挑戦にあたり梶に相談に乗ってもらったことを明かし、梶は「その頃から『がんばりたい』って話を聞いていたので、自分にできるアドバイスをさせていただいたんですが、仕上がったものを観て(山崎の演技が)すごく素敵でした」と絶賛。山崎は「百瀬さんの作られた映像の中に自分の声が入っていることに、素直に感動しました」と感慨を語った。アフレコを振り返って新田は「普段の仕事でいかに体を使って芝居しているかを感じました。賢人なんて、隣でずっとこうやっていて……」と収録中に山崎が見せた激しい手の動きを再現して観客を笑わせる。永野は「一言言うだけでこんなに大変なんだ!って。映画の中ではキャラクターたちの距離感が変わっていくのに、自分とマイクとの距離感は変わらない。今まで感じたことのない難しさでした」と苦労を明かした。

そんな3人のトークを受けて「アフレコのプロにも話を伺いましょう」と振られた宮野は「任せてください」と胸を張る。宮野は「刺激を受けて僕らもお芝居に臨むことができた」と山崎らとの共演を喜び、津田が「リアルファンタジーがうまく融合していて……」と低いトーンで作品の魅力を話し出すと、その美声に永野が「すごい声!」と感嘆の声を漏らす一幕も。ゲーム版をプレイしていたという梶は「懐かしい気持ちにもなるし、作品の世界に自分ものめり込めるような完成度でした」と作品を観ての感想を語った。また日野は「10年前にゲームを作ったときから、いつか映画にしたいなと思っていました。やっとこの日が来たと、僕も監督も非常に喜んでおります」と感慨深げな様子を見せ、百瀬監督は「『二ノ国』は普通の高校生から妖精やラスボス的なキャラクターまで幅が広くて、絵を描いていて面白いんです」と作り手ならではの本作の魅力を語った。

舞台挨拶終盤では「過去と未来、どちらの自分に会いたい?」という質問がキャストに投げかけられ、「A 過去の自分に会う」「B 未来の自分を知る」の2チームに分かれてトークを行う「究極の選択コーナーへ。当初Bを選んだのは宮野と山崎のみだったが、徐々に意見が変わっていきAチームは梶1人に。すると梶は「僕はこれ、人生で何度も考えたことがあるんです。でも、もし未来の自分が大成功していたら、今の自分は努力するだろうか? 仮に大失敗していたら、がんばることを諦めちゃうんじゃないか?」と熱弁。熱い意見に新田と山崎が寝返る一方で、「未来は変えられる可能性がある!」という宮野の反論に「それだな!」と津田も同調、さらに永野も巻き込んで謎のポーズを決めるBチームに、観客からは拍手が贈られた。議論が白熱する中、新田がハッとした様子で「ちょっと待って。俺衣装派手じゃない?」と唐突に口を挟み、永野が「みんな思ってたよ」とツッコミを入れたところで、「究極の選択コーナーは終了となった。

最後に山崎は「楽しんでもらいたい気持ちでいっぱいです。自分が二ノ国に行ったらどうするか?という心で観ていただけたら」と呼びかけ、日野は「本当にいい作品になりました。必ず楽しんで帰っていただけると思います」とイベントを締めくくった。「二ノ国」は8月23日ロードショー

劇場アニメ「二ノ国」

2019年8月23日(金) 全国ロードショー

スタッフ

原作:レベルファイブ
製作総指揮 / 原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
アニメーション制作:オー・エル・エム

キャスト

ユウ:山崎賢人
ハル:新田真剣佑
コトナ / アーシャ:永野芽郁
ヨキ:宮野真守
ガバラス:津田健次郎
サキ / ヴェルサ:坂本真綾
ダンパ:梶裕貴
バルトン:山寺宏一
フランダー王:伊武雅刀
不思議なお爺さんムロツヨシ

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2019 映画「二ノ国製作委員会

ポーズを決める永野芽郁(左)、津田健次郎(中央)、宮野真守(右)。