8月13日に、つんく♂サウンドプロデュース第4弾の表題曲を含むニューシングル『Be lonely together』を発売するアップアップガールズ(2)(カッコニキ)。その発売前、今月28日開催のツアー最終公演にて9人体制ラストパフォーマンスを行い、翌29日にメンバーの橋村理子さんがグループから卒業する。最後のライブを控えた橋村さんに今の思いを語ってもらうとともに、後輩メンバーたちの思いも聞いた、

デビュー前から、アイドルになることと同時に、洋服や衣装をデザインするデザイナーになるという、もう一つの夢も持っていたという橋村さん。アイドル活動と並行し大学でデザインを学んでいた彼女は、仕事を通してスタッフたちのプロフェッショナルの仕事と接する中で、デザインを本格的に勉強したいという思いが高まっていったという。

--今月15日に行われたアプガファミリー総出演のイベントアップアップガールズ(フェス)」も大盛況でしたね。

橋村理子「アプガ(フェス)では、(仮)姉さん(姉妹グループアップアップガールズ(仮))と一緒に大きなステージに立つのは最後だったのですが、たくさんお話しできたり、コラボステージをできたりして楽しかったです。特に関根梓さんとは、シャッフルユニットでも、mystaとのコラボ企画によるユニットteamprincess」でも一緒だったので、たくさん話せました」

--そして28日には橋村さんのラストステージが控えています。

橋村「私のラストライブということでもあるんですけど、新メンバーが入って9人体制初めてのツアーファイナルということで、その集大成となるようなライブをお見せできればと思います。ツアーの最初の頃は新メンバーも少しぎこちなく、パフォーマンスもまだまだだった部分もあったと思うんですけど、ツアーライブを重ねるごとに成長してきたところを観ていただきたいと思います。また今回のツアーの中で、この公演しか来られないという方もいらっしゃると思うので、そういう方に9人ラストの一番いい形をお見せしたいなと思います」

--ライブの構成はここまでのツアー公演のものを踏襲しつつ……。

橋村はい。でもアンコールはちょっと違う形でやらせてもらう予定です。9人体制の集大成と8人体制のスタートを見せたいなと思っています」

--今回橋村さんが卒業することになったのは?

橋村「今大学に通っているのですが、将来衣装デザイナーになりたいという夢を叶えるために、今回グループから卒業させていただきます。今回のライブでまた新しい衣装を作らせていただきました」

--たとえばアプガ(仮)の関根さんのように、歌手活動をしながら、自分たちの衣装製作を毎回担当させてもらうような選択肢もあったのではと思うのですが……。

橋村「そうですね。卒業にあたっては社長とも長い間いろいろ話し合いをしてきて、両立もできるんじゃないかという話も出たんですけど、もともと私は自分で集中してものを作るのが好きだったので、二足のわらじというよりも、どちらかに専念して一つのことを極めたいという思いのほうが強かったです」

--アイドルデザイナーというよりは、一から勉強して、自分の実力でどこまでできるかを試したい、と。

橋村アイドルになる前から洋服が好きで、デザインをしたいという思いが強かったんです。アイドルになったときは表舞台で歌うことに憧れていて、それを経験した上で、自分で衣装を作るときにスタイリストさんたちとお話しさせていただいたりする中で、そういう気持ちになりました」

--自分もアイドルでありながら、アイドル好き、ハロプロ好きを公言してきた橋村さんですが、同じくハロプロ好きの後輩・佐々木さんはアイドル談義をする先輩がいなくなると寂しいのかも。

佐々木ほのか「私が入ったときから、『あの曲いいよね』とかハロプロさんの話をさせてもらってたので寂しいです」

--卒業を聞いたときには?

佐々木「もうパニック状態でした。中沖(凜)さんが卒業するって報告されたときとはまたちょっと気持ちが違って、そのときは自分のことに必死で、先輩においていかれないように足をつかんでいる状態だったので、先輩の卒業についていろいろ思う余裕がまだなかったんでけど、今回橋村さんが卒業すると聞いてその場で号泣して、家に帰ってからも『この先どうなっちゃうんだろう』って思っていました。今までは4人の先輩方のいい面を吸収しようと思っていたところを、その先輩一人がいなくなると、『私は成長できるのか』と思ってしまいました。お客さんも減っちゃうかもしれないじゃないですか。でも、りっこーさん(橋村)は目標があって卒業するということで、頑張っていただきたいなと思ったのと、またデザイナーとして(2)の衣装も作っていただけたらいいなと思いました」

--もしそういう話があったら?

橋村「もうぜひやらせていただきたいです!」

--新メンバーの二人は橋村さんと一緒に活動できたのは……。

新倉愛海「4ヶ月くらいです。いつまでも変わらずに同じメンバーで……というのは難しいかもしれないんですけど、寂しいです。(2)をいっぱい支えてもらってきた先輩方に正直頼っていた部分があったので、自分ももっと頑張らなければと思いました。でも終わりというよりは、りっこーさんにとっても、新しい(2)にとってもいいスタートが切れるように頑張りたいなと思います」

森永新菜「一緒にいた期間は先輩メンバーに比べると短いですけど、りっこーさんと本当に話が合って……。趣味の話だったり化粧品の話だったり、話す機会もすごく多くて、だからこそ、初めて卒業を聞いたときに実感がわかないというか、一瞬、『え、何言ってるんだろ』と。でも家に帰って実感がわいてきて、それから毎日毎日考えますね。学校の授業中も、りっこーさん……ってふと考えたりします」

--もう、恋してるみたい(笑)

森永(笑)メンバー一人が卒業することでマイナスになったらダメなので、だからこそ自分にできることってなんだろうとか、もっと自分が成長するためにはどうしたらいいんだろうと考えました。確かにステージで歌ったり踊ったりするのは8人になってしまうんですけど、今までの(2)が作られてきたのは、中沖さんやりっこーさんの力も大きいので、本当に8人だけど8人じゃないという気持ち。りっこーさんが作った衣装を着て舞台に立ったら8人じゃなくて9人という思いにもなるし、『りっこーさんがいたグループがもっと大きなグループになったよ』と言えるように頑張りたいと思います」

新倉「今回のツアーは私たち新メンバーにとっても初めてのツアーで、メンバー一人一人を見せるというよりは、9人体制をしっかりと示すもの。新メンバーは最初ぎこちない部分もあったんですけど、9人体制でこのツアーを完走するという思いがあったので、9人で一番いいステージにできたらいいと思うし、ここまでの8公演で先輩方から学んだこともたくさんあるし、そういうところも確認しながら、最高のステージにできたらいいなと思います」

森永「最後まで9人の一体感を見せたいです! 私たち、本当に仲がいいんですよ。9人いたらみんなで人狼ゲーム始めちゃうとか、地方でのお仕事からの帰りの新幹線でもみんな疲れているはずなのに人狼ゲームしたりだとか(笑)。こんなに仲がいいグループってレアなんじゃないかなと思うんですよ。だからその空気をお客さんに伝えるというか、一体感を観てもらって、みんなに元気になってもらったり、(2)ってすごいいいグループだなと思ってもらえるようにがんばりたいと思います」

--その仲のよさって初期メンバー5人が作った空気感というのは大きいのかも。

橋村「私たち自身も(仮)姉さんの後輩として入ったので、ほのかとちーこ(中川千尋)が入ってきたときも、先輩になったという気持ちではなくて、(同じ立ち位置の)メンバーとして受け入れたという気持ちでした。それは、その後の3人が入ったときも同じ感覚で、パフォーマンス面では先輩後輩の関係性もなくはないんですけど、普段はもう家族みたいな感じです(笑)

--佐々木さんは昨年加入しましたが、最初からすんなりと溶け込んでいたような……。

佐々木「最初はすごく苦労しました。入った当時先輩方はぱっと見、オーラも違うし、パフォーマンス面でも月とスッポンじゃないですか。だからスッポンの私がどうやってついていくか、とりあえず足はつかもうと思いました」

--特にスキル面で苦労したと。

佐々木はい。あそこの一人浮いてるよね』とお客さんからも思われないように、先輩たちから邪魔と思われないようにがんばろうってずっと思ってたんですけど、でもこういう仲がいい関係があったからこそ、自分はどこまでできるかとか、自分が全然できていないところがわかったりだとか、最初の時期はすごく自分を知ることができた時期だったなと思うんです」

--さて8月13日にはニューシングル『Be lonely together』が発売されます。橋村さんはもうレコーディングなどには参加しなかったと思いますが、今までより一歩引いた形で見て聴いた新曲、どんな印象ですか?

橋村「私はつんく♂さんの曲が大好きなんですが、今までの3作もつんく♂さん要素が大きかったですけど、新曲はもうつんく♂さんのど真ん中のような曲! 自分が参加するのとしないのとは見方が違って、自分が参加した3曲では、ハロプロさんの歌唱を真似してみようとか、こういうふうに歌ってみようとかそういうパフォーマンスの見せ方を考えていたんですけど、今回はファン目線というか、『ここの誰々の声がいいな』とか思いながら、何回も聴いています。ダンスの動画もファン目線で何回も観ています(笑)

--最後に、28日のライブに向けて、これも言っておきたいということがあれば。

橋村「今回9人で初めて披露する曲があって、それは初期5人時代の曲なんですけど、私がこの曲を9人でやりたいなって思って歌わせていただきます。9人でやるのは最初で最後です」

--それは楽しみですね!

橋村「28日の本番まで、リハーサルも含めてみんなで一緒にいる時間を噛みしめながら頑張っていきたいと思いますし、2年ちょっとアプガ(2)として頑張ってきたことを全部出し切りたい! 最初のほうから応援してくださっている方には、『最初はへなちょこだったのにこんなにできるようになって……』『卒業していくなら見守りたいな』と思っていただきたいし、最近(2)を知っていただいた方には、これからの(2)に向けて私が残せるものをたくさん残して、『りっこーがいるステージを見るのは少なかったけど印象に残る子だったな』と思っていただければ嬉しいです。やり残すことがないように頑張ります!」

※後輩メンバー3人と吉川茉優さんが新曲への思いなどを語った「インタビュー2」へ続く

アップアップガールズ(2)ライブツアー2019 アオイハル アツイナツ」新宿ReNY公演は7月28日(日)開催。開演 一部=13時 二部=17時

アップアップガールズ(2)(あっぷあっぷがーるず・かっこにき)

2016年11月に募集開始した「アップアップガールズ(2)オーディション」で、約 750 名の中から選ばれた5名で2017年2月に結成。同年8 月、シングルSun!×3/二の足 Dancing』でデビュー2018年に中川千尋と佐々木ほのかが加入、そして今年3月に森永新菜、島崎友莉亜、新倉愛海の3人が加入し現在は9人体制で活動中。今月で橋村理子の卒業が決定している。

アップアップガールズ(2)