東京エリアで3店舗を運営するテスタジャパン(本社:東京都港区西麻布、代表取締役社長佐々木康)が東京新宿の「うどんダイニング するり」で提供している「うどん刺身」が食通の間で話題になっている。うどんを、パスタフィットチーネのように、規則正しく長方形に切った形。ワサビをつけてワインと合わせて楽しむという。

  「うどんダイニング するり」は2012年8月10日に開店。最高級小麦粉が創るしっかりとしたコシ、確かな弾、熟成庫でゆっくりと寝かせて仕上げた豊かな味ととした艶があるうどんの専門店だが、うどん好きな常連客のために“裏メニュー”として提供していたのが「うどん刺身」だった。「かけやざるより、うどんの味がわかる」とクチコミで評判が高まったため、今年1月からグランドメニューとして提供している。(編集担当:八木大洋