スポーツモデルとは限らない! 国産各メーカーもっともハイパワーな現行車9選

全メーカーのなかでのトップは600馬力を達成

 以前は自主規制によって280馬力がマックスとなっていた国産車の馬力だが、2004年6月30日にその自主規制が撤廃になってからは280馬力を超えるモデルが数多く誕生してきた。そこで今回は、国産各メーカーの現行車(乗用車のみ)でもっともハイパワーな車種をピックアップしてみた。

【レクサス】RC F(354kW/481馬力)

 レクサスで一番ハイパワーなのはRC Fだ。搭載される2UR-GSE型エンジンはLC500などに搭載されるものと同型式ながら、2019年5月に行われたマイナーチェンジで専用チューニングが施され出力が向上している。

ハイパワー車

 さらに“Performance package”ではカーボン製のパーツをふんだんに使用し、70kgもの軽量化を果たし、よりハイパフォーマンスモデルに仕上がっている。

ハイパワー車

【トヨタ】センチュリー(317kW/431馬力 ※システム最高出力)

 トヨタでもっともハイパワーな車両は先日デビューした新型スープラではなく、なんとショーファードリブンでもあるセンチュリーだ。

ハイパワー車

 5リッターV8の2UR-FSE型エンジンモータープラスしたハイブリッドシステムは、通常は圧倒的な静かさで存在感すら感じさせないが、一たびアクセルを踏み込めば大抵のクルマバックミラーの点にすることができるパワーを秘めているという点がショーファードリブンたる実力なのかもしれない。

ハイパワー車

【日産】GT-R NISMO(441kW/600馬力)

 日産のイメージリーダーでもあるGT-RNISMOバージョンが日産のラインアップでは最大のパワーを誇っている。この数値は日産だけではなく、国産車のなかでももっともハイパワーであり、日本が世界に誇るスポーツモデルということが言えるだろう。

ハイパワー車

 なお、間もなく2020モデルが登場となるが、エンジンの出力は据え置き。しかし、このパワーが物足りないと思う人はそう多くはないはずだ。

ハイパワー車

【ホンダ】NSX(427kW/581馬力 ※システム最高出力)

 もう一台の日本を代表するハイパフォーマンススポーツモデルと言えるのがNSXだ。ハイブリッドシステムにターボを組み合わせ、4輪を駆動するその構造はまさに電子制御のカタマリと言えるもの。

ハイパワー車

 価格もそれに見合った(?)2000万円オーバー超ド級のプライスとなっている。消費税分だけでフィットが買えてしまうと言えば、その価格がわかるだろう。

ハイパワー車

190馬力がトップというメーカーも!

【マツダ】MAZDA6 25T/CX-8 25T(169kW/230馬力)

 現在は大排気量エンジンを持たないマツダのなかでもっともハイパワーなのは2.5リッターターボのガソリンエンジンを搭載するMAZDA6とCX-8となる。

ハイパワー車

 マツダ得意のディーゼルエンジンパワーよりもトルクが豊かな設定となっているため、ガソリンターボモデルがもっともハイパワーという形になったが、実際に乗ってみたときの「パワー感」で言えばディーゼルエンジンのほうに分があるかもしれない。

ハイパワー車

【スバル】WRX STI(227kW/308馬力)

 スバルのもっともハイパワークルマはWRX STI308馬力となる。しかし、排気量では今回登場する車種のなかでもっとも小さい1994ccであり、リッター当たりの馬力を考えればGT-RNSXに匹敵するものなのである。

ハイパワー車

 車両重量も今回のなかでは最軽量であり、そのポテンシャルは非常に高いものと言わざるを得ないところだ。

ハイパワー車

【三菱】パジェロ FINAL EDITION(140kW/190馬力)

 すでにランサーエボリューションもなく、パジェロデビュー当初に存在していた3.8リッターガソリンエンジンも過去のものとなった今、もっともハイパワーなのは、間もなく販売が終了するパジェロ ファイナルエディションの3.2リッターディーゼルエンジンとなった。

ハイパワー車

 もしかするとアウトランダーPHEVが上回る可能性もあるが、システム出力を計測することが難しいようで公表されていないのである。

ハイパワー車

【ダイハツ】アルティス(155kW/211馬力)

 主力車種が軽自動車となるダイハツ軽自動車は未だに64馬力の自主規制値が存在するため、必然的に普通車がハイパワーモデルとなるが、ダイハツオリジナル普通車リッターカーであり、そうなるともっともハイパワーモデルトヨタからのOEMであるアルティスということになる。

ハイパワー車

 カムリにあるWSのようなスポーティグレードも存在せず、Gグレードのみのモノグレードとなる。

【スズキ】ランディ(110kW/150馬力)

 ダイハツと同じく軽自動車メインとなるスズキ普通車にもスイフトスポーツというスポーツモデルが存在するが、1.4リッターターボの出力は103kW/140馬力であり、僅差で日産からセレナOEM供給を受けて販売されるランディスズキでもっともハイパワーな車両となった。

ハイパワー車

 なお、ランディにはセレナにあるハイウェイスターやe-POWERに該当するグレードは用意されていない。

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

ハイパワー車

スポーツモデルとは限らない! 国産各メーカーもっともハイパワーな現行車9選