贔屓の野球チームの負けが込むと、衝動的な消費行動に走る癖がある。買い物の高揚感で落ち込んだ気持ちを晴らそうという一種の代償行為かも知れない。

 カープが昨年の日本シリーズソフトバンクに敗れた後、わが家には「寿がきや みそ煮込うどん5食入り×6袋」が届いた。長い冬をみそ煮込みうどん30食と共に過ごそうという気持ちだったのだろうか。また、今シーズン序盤にカープの負けが込んだ際には「プロ野球チップス24袋入り」の箱が届いた。選手カードを引き当てて、勝てない憂さを晴らそうとしたのだろうか。なにぶん衝動に駆られた行動なので、自分がやったこととはいえ、後から振り返れば「なぜこれを買ったのか……」という疑問が残る訳である。

 その日も、交流戦でなかなか勝てないカープのことを考えながらスーパーに立ち寄った。入り口付近で、ふと色鮮やかな紙パック飲料の一群が私の目に飛び込んできた。次の瞬間、私はその色とりどりの紙パックを買い物カゴに1つずつ入れていた。その紙パックとは「キッコーマン豆乳シリーズ」。

30種類並んだ豆乳、これはもう買うしかない

 このパッケージ、以前は紀文と書いてあった気がするけれども……。それもそのはずで、1983年にこの豆乳が発売された際の製造元は紀文フードケミファという会社であったが、その後キッコーマンとの資本業務提携・連結子会社化を経て2008年に完全子会社となり、現在ではパッケージから「紀文」の字が消えたのである(※注1)。社名が「キッコーマンソイフーズ」となったあたりから豆乳の味のバリエーションが増え始め、現在では40種類を超える味が販売されるようになった。

 とは言えスペースの都合上か、小売店で全ての種類を見かけるのは大変稀なことである。それが30種類もズラリと並んでいる。これはもう買うしかないと思った。200mlのパックを30種類、1つ1つレジに通す店員さんも大変ならば、単純計算で6kgを超える買い物袋をぶら下げて家に帰る私もまた大変だった。

飲み比べてみるべきではないのか

 帰宅して30種類の豆乳を目の前に考える。これをどうするか……? まずは色相で並べて写真を撮ってみた。しかしこれだけあるのだから、飲み比べてみるべきではないのか。とは言え、30種類を一気に飲むわけにもいかない。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲン)と化学構造が似ているため、更年期障害を軽減するなどの効果があるといわれる。しかし取りすぎはやはりよくないのではないか。

 内閣府食品安全委員会によれば、安全な一日摂取目安量の上限値は70~75mg(大豆イソフラボンアグリコン換算値)とのことである(※注2)。というわけで、1日に200mlパックを2本程度飲み進めることとした。断っておくが、私はこれまでスタンダードな調製豆乳しか飲んだことがないので、きっと公正な判断が下せるだろうと思うが、評価はあくまで個人の主観である(実はパッケージ違いの調製豆乳を2本買っていたため計29種類だったのであるが、後日別のスーパーで「北海道産大豆無調製豆乳」を代わりに購入し30種類とした)。

 さて何から飲み始めるかと成分表を眺めてみると、種類ごとに「大豆固形分」と「イソフラボン」の含有量が違う。実は豆乳は、大豆固形分8%以上のものを「豆乳」、6%以上のものを「調製豆乳」、4%以上のものを「豆乳飲料」(果汁入り豆乳飲料は2%以上)に分類される(※注3)。この基準で分類し、順に飲んでいくこととする。

「豆乳」「調製豆乳」グループから飲み比べ

 まず「豆乳」グループから。

1.おいしい無調製豆乳(大豆固形分8%・イソフラボン56㎎、以下項目同じ)
【豆乳らしさ】★★★★★【おいしさ】★★★
自分からおいしいという奴を私は信用しない。しかし飲み慣れた調製豆乳から甘さを抜いた味で、端的に言えばおいしかった。

2.北海道大豆無調製豆乳(9%・86㎎)
【豆乳らしさ】★★★★★【おいしさ】★★★
普通の豆乳はカナダ産の大豆が使われているそうだ。正直大豆の産地で味が変わるのだろうか……といぶかしく思ったが、明らかスッキリしている。そして豆の味がする。

 次に「調製豆乳」グループ

3.調製豆乳(7%・43㎎)
【豆乳らしさ】★★★★★【おいしさ】★★★★★
飲み慣れた基本の味。私にとっての基準はこの味である。

4.低糖質調製豆乳(6%・38mg)
【豆乳らしさ】★★★★【おいしさ】★★
アセスルファムK(甘味料)が添加されているからか、後味に微妙な甘さが残る。カロリー45%オフは魅力だが、この妙な甘さはあまり好きではない。

5.特濃調製豆乳(8%・30㎎)
【豆乳らしさ】★★★★★★【おいしさ】★★★★★
濃い。とにかく濃い。コップに開けたらドロリとしているだろうと想像できるほど濃い。

「豆乳飲料」果汁入りグループを飲み比べ

 続いては「豆乳飲料」果汁入りグループ。前述のように大豆固形分が2%以上と低いため、このグループは総じて豆乳感が薄い。豆乳初心者であれば、このグループから飲み始めることをおすすめする。

6.フルーツミックス(2%・13mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★★★
大阪で飲んだミックスジュースの味がする。おいしいが、これが豆乳であることの必然性を考える。

7.いちご(2%・13mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★★★
いちご果汁3%」をうたっているだけあっていちご味が強い。豆乳感全くなし。

8.マンゴー(2%・15mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★★★
ほぼマンゴージュース、やはり豆乳感はゼロ。

9.白桃(2%・13mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★★★
これはネクター。まぎれもなくネクター。豆乳ではない。

10.巨峰(2%・16mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★★
ぶどうジュースの味。しかし他の果物系に比べて振り切れていない。どこかにほのかに豆乳味が隠れている。

 果物味でありながら、大豆固形分の含有量が多いものもある。それが以下の2種。

11.メロン(4%・26mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★★
メロンのタネ周りの味がするので、気のせいか喉がイガイガし始めた。豆乳味も少しする。

12.バナナ(4%・32㎎)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★
1000mlパックも発売されているため人気商品なのだろう。一口飲むとバナナ香料の味がする。バナナ味のガムや歯磨き粉を連想させる味である。

コーヒー、紅茶など飲み物の仲間を飲み比べ

 次は「豆乳飲料」の中でも、飲み物の仲間でまとめてみる。

13.麦芽コーヒー(4%・28mg)
【豆乳らしさ】★★★【おいしさ】★★★
後味が豆乳だが、コーヒー牛乳の味がして普通においしい。これも500ml、1000mlパックが発売されている定番商品のようだ。

14.低糖質 麦芽コーヒー(4%・32mg)
【豆乳らしさ】★★★【おいしさ】★★
麦芽コーヒーコーヒー牛乳なら、これは麦茶コーヒーみたいな味がする。カロリーは低いが(一本あたり55kcal)、後味が低糖質調製豆乳と同じ、甘味料の人工的な味。

15.紅茶(4%・25mg)
【豆乳らしさ】★★★【おいしさ】★★★
一口飲むと紅茶の香りが立つ。その奥に少し豆の味がする。これも1000mlパックが発売されている人気商品のようだ。

16.ココア(4%・28mg)
【豆乳らしさ】★★★★【おいしさ】★★★
ここまでのフレーバー豆乳はフレーバーの味が先に来て豆乳が後にくる感じであったが、これは先に豆乳味が来て、後からほんのりココア風味が追いかける感じ。

17.抹茶 黒蜜(4%・28mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★★★★★
抹茶の濃い味がする。そして後味に黒蜜。要するに豆味がしない。

18.甘酒(4%・26mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★★
甘酒と言われて飲むなら納得できる。豆乳だと言われたら納得できない。

ナッツスパイスグループを飲み比べ

 次に「豆乳飲料」ナッツスパイスグループ

19.アーモンド(4%・27mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★
一口目から鼻腔を突き抜けるアーモンドの香り。最近アーモンドミルクが流行っているが、その流れなのだろうか。

20.ココナッツ(4%・20mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★
この味はココナッツなのか? 豆乳なのか? 一口目にガツンと大豆味が来た……と思ったが、これはココナッツ味なのだと思う。私はあまり好きではない。

21.マカダミアナッツ(4%・35mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★
マカダミアナッツ味。アーモンド味と似ている作り。

22.シナモン(4%・20mg)
【豆乳らしさ】★★★【おいしさ】★★★
シナモンを入れた豆乳、という印象。要するにカフェオレシナモンを入れたり、ミルクティーにシナモンを入れたりする延長線上に考えることができる味。

 そしていよいよ上級者向けスイーツモチーフにした「豆乳飲料」。

23.黒ごま きなこ(4%・38mg)
【豆乳らしさ】★★★★【おいしさ】★★★
豆乳プラス黒ごま味。あまり甘くない。きなこの味はあまりしない……と思ったが、考えてみればきなこは大豆の粉ではないか。豆乳に紛れるのも無理はない。

24.あずき(4%・28mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★★
あずきバーの味。発売元は「パックのまま凍らせてアイスにも」と勧めているが、これは確かに凍らせたら美味しいだろう。

25.よもぎ餅(4%・34mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★
一口目に草の味がする。後味にあんこ。よもぎを液体として飲むことがまずないように、豆乳として飲まなくても良い気がする味である。

26.爽香杏仁(4%・24mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★★
杏仁の味が一口目にガンとくるが、根底に豆乳の存在を感じさせる。

27.さくら(4%・32mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★★
桜餅の味。塩が効いている印象なのは、塩漬けの桜の葉をイメージしているのだろうか。

28.バニラアイス(4%・30mg)
【豆乳らしさ】★★★【おいしさ】★★
バニラ香料と豆乳。一見相性が良いようでいて、混ざり合わぬ味。

29.チョコミント(4%・20mg)
【豆乳らしさ】★★【おいしさ】★★★
豆乳分が弱めで、真っ当なチョコミント味がする。チョコミントが好きな人は好きな味。

30.ラムレーズン(4%・31mg)
【豆乳らしさ】★【おいしさ】★
一口飲んだ後にレーズンか? ラム香料か? 変な臭いが鼻から抜けて、私は苦手であった。

 30種類を飲み終わり、再びくだんスーパーに赴くと、今度は「豆乳よりどり4パック298円」という安売りを行っていた。売り場でしばし考えて、私が手にした4本。それは「特濃調製豆乳」「麦芽コーヒー」「黒ごま きなこ」「紅茶」。これが私のベスト4である。皆さんもそれぞれのお気に入りを見つけてみてはどうだろうか。

※注1:キッコーマンソイフーズ株式会社「沿革」
https://www.kikkoman-sf.jp/company/outline.html 

※注2:内閣府食品安全委員会「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A
http://www.fsc.go.jp/sonota/daizu_isoflavone.html#2 

※注3:日本豆乳協会「豆乳の作り方と商品の見分け方」
http://www.tounyu.jp/about/made.html

(オギリマ サホ)

©オギリマサホ