独自の製法で水を使わず鍋で温めるだけで絶品のラーメンうどんを楽しめる、キンレイの「お水がいらない」シリーズは冷凍食品をふだん使いする人に大人気だ。

その中でも記者が夏にぜひ食べてほしいと思うおススメは『チゲうどん』なのだが、そのまま食べるよりもさらにチゲうどんを楽しめる方法がある。

 

■納豆を入れて食べてみよう

その方法とは、ひきわり納豆を3パックブチ込み『納豆チゲうどん』にして食べる方法。

ひきわり納豆はなんでもいいが、なるべくグラム数が多いものがいいだろう。タレとからしは不要なので、ついていないものがあればそれでOK。

 

■作り方も簡単

作り方は簡単で、いつものお水がいらないシリーズとおなじように鍋でそのまま加熱するだけ。

最後に納豆をドカッと入れれば完成だ!

■韓国のチョングッチャン風に

気になるお味は、通常の旨味ある辛さを納豆がマイルドに、そして粘り気でより旨さを感じられるようになり、さらに美味!

韓国には『チョングッチャン』という、納豆に似た大豆の発酵食品を使ったチゲもあるが、それを日本人にも食べやすくしたような味わいである。

 

■おじやにしても美味

また、納豆を使っているのでうどんを食べたあと、白米を入れておじやにしてもこれまたウマい!

キンレイのお水がいらないシリーズスープストレートのためどの製品も美味しいのだが、チゲは辛みがあるので最後まで食べられない人にもおススメ。

この夏はキンレイのチゲうどんと納豆で、汗をかきつつ乗り切ってみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→値段は豊洲市場の6分の1!? 良心的すぎる『駅前酒場 綾瀬』のランチが絶品

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

キンレイ『お水がいらないチゲうどん』に納豆3パックをブチ込むと激ウマ