メソポタミア文明が誕生した巨大湿地帯に、豪傑たちが逃げ込んで暮らした“梁山泊”があった! 辺境作家・高野秀行氏は、ティグリス川とユーフラテス川の合流地点にあるこの湿地帯(アフワール)を次なる旅の目的地と定め、混沌としたイラクの地へと向かった。

 現在、「オール讀物」で連載中の「イラク水滸伝」では書き切れなかった「もう一つの物語」を写真と動画を交えて伝えていきたい。

◆ ◆ ◆

 イラクの湿地帯のうち、特にティグリス川とユーフラテス川にはさまれた中央湿地帯と、ユーフラテス川の南に広がる南部湿地帯(ハンマール湿地とも呼ばれる)は、5000年以上前の古代メソポタミア(シュメール)文明の伝統を今でも受け継いでいる。

 その最たるものが葦の家だ。

遺跡のレリーフには、現在と造りがほぼ同じ「葦の家」が

  湿地を移動しながら暮らす人々(湿地民)は今でも葦で作ったドーム状の家に住んでいる。

 ウルク遺跡で出土した「石灰岩製水桶」に描かれたレリーフ。右側が「葦の家」。現在とほとんど造りが同じである。

  イラクでは、裕福な人や部族長は「ムディーフ」と呼ばれるゲストハウスを所有し、そこが知人友人あるいは氏族(部族)の集会所となっている。湿地帯の町チバーイシュでは、そのムディーフも葦で作られている。中にはこのような豪華ムディーフもある。入口にサッシの扉がとりつけられているのは盗難を恐れて鍵をつけたかったから。

  中に入ると、結婚披露宴が行えるほどの広さとゴージャスさ。ファンや電灯、コンクリートと絨毯の床は現代式だが、それ以外は葦しか使用していない。

の家の作り方

イラスト:山田高司)

1. 家の両側に柱を立てる

2. 2本の柱をアーチ状につなぎ合わせ、他のアーチとも結ぶ

3. 編んだマットを柱にとりつけ、壁とする

浮島の「葦の家」はより簡素

 私たちが泊まっていた宿舎も食堂部分は葦の家だった。

  湿地帯の浮島にある葦の家。造りは基本的に同じだが、入口は葭簀(よしず)を立てかけただけで簡素。

急な増水のとき、彼らは葦の家をどうするのか

 水に沈んだ葦の家。湿地民は水の増減によって移動する。そのとき葦の家は分解して、次の場所に持っていくのがふつうだが、急な増水の場合はこのように放置することもある。葦の家は2、3日でつくることができるので、彼らはあまり気にしないという。

  葦の家は夏涼しいが、冬は風が筒抜けでひじょうに寒い。今ではほとんどの人が冬場にはブルーシートのようなもので家を覆い、風を防いでいる。

  湿地民の暮らしぶりは千差万別。中には湿地のど真ん中に住みながら、発電機で電気を起こし、テレビを見たりスマホを充電したりしている家庭もある。ただこんな家も季節に応じて他の場所に丸ごと移動する。

 筆者はいよいよシュメール文明を受け継ぐ、湿地帯に浮かぶ町、チバーイシュへ。アフワールの中心地である彼の地には、「新世紀梁山泊」が広がっていた。「イラク水滸伝」本編は『オール讀物』2019年8月号で連載中。

写真=高野秀行

(高野 秀行)

葦で作ったドーム状の家