2019年7月29日

北海道エアシステム(以下、HAC)は、現在の保有機材SAAB340B型機を2020年からATR42-600型機(以下、ATR型機)に順次更新することを発表しております(*)。記念すべき初号機(機番:JA11HC)には特別塗装デザインが施されており、2020年夏期ダイヤ3月29日~)より運航を開始します。
(*) 2018年7月18日付共同リリース北海道エアシステム、ATR42-600型機発注に関する覚書を締結」参照 URLhttps://press.jal.co.jp/ja/release/201807/004806.html

北海道では初導入となるATR型機は、高い快適性と環境性能(低燃費、低騒音)を兼ね備え、寒冷地での運航実績を持つ最新鋭ターボプロップ機です。HACは北海道内を中心に「道民の翼」としてこれまで培ってきた安全運航体制のもと、新機材でも快適な移動空間を提供してまいります。
初号機に施される特別塗装デザインは、HACとして初めてとなる機材更新へ向け、HAC社員それ ぞれの北海道への思いを託し、北海道出身のデザイナー鈴木 奈々瀬(すずき ななせ)氏(株式会社ライトパブリシティ所属)がふるさと北海道大自然を想いイメージしたデザインに決定しました。デザインコンセプトは、北海道の豊かな海と、美しい雪が舞い降る大地をイメージしています。機体左右で異なるデザインを採用しており、機体左側には6つの就航地を雪の結晶で表現し、ワンポイントキタキツネが隠れています。機体右側には、シャケコンブ、ウニなどの北海道の特産品が描かれています。
HACはこれからも、地域を支える航空ネットワークの担い手として、愛される航空会社を目指してまいります。

特別塗装機デザインイメージ 【概要】
1.受領・就航スケジュール(予定):
※関係当局の認可を前提としております。また、就航開始日は変更となる場合があります。

2. 初号機就航路線:
札幌(丘珠)=函館、釧路線を中心に、土日、連休などは観光需要にもお応えできるダイヤ 編成を
予定しております。

3.予約販売開始:
2019年9月10日(火) 9時30分

4.仕様・特徴:
・現行のSAAB340B型機と比べてひと回り大きくなった機体には、後方のドアよりご搭乗いただきます。
また、主翼は機体上部の窓の上にあり、どの席からも外の風景を広くお楽しみいただけます。
・客室内は、JAL国内線で運航されている「JAL SKY NEXT」仕様に準じた全席革張りシートカラー
ングを採用しています。
LED照明を採用し、ARMONIAデザイン(※)によって明るく快適な空間となっています。手荷物収納
棚は、客席上部の両サイドに設置されています。
(※)イタリア語で「ハーモニー(調和)」を意味し、イタリアデザイナー「ジウジアーロ」が設計した客
デザインゆとりある作りが特徴であり、シカゴ・アテネウムのグッドデザイン賞を受賞している。

5.諸元:
シートレイアウト
6.新機材導入に向けたスケジュール(予定):
  2019年
  7月29日 初号機デザイン発表
  9月 2020年度サマースケジュール販売開始
  11月 モデルプレーン機内販売開始、フランスにて初号機受領、鹿児島へ空輸
  2020年
  1~2月 丘珠空港到着、実機公開、各就航地での訓練フライト開始
  3月 初就航セレモニー
                                              以上


配信元企業:日本航空株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ