現在放映中のテレビドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)にカメラマン役で出演している俳優の宮沢氷魚が、映画初主演を務める『his』の公開が2020年1月24日に決定。主人公の恋人役に俳優の藤原季節を迎え、映画『愛がなんだ』の今泉力哉監督がメガホンをとる。

【写真】宮沢氷魚×藤原季節『his』場面写真

 恋愛映画の旗手と称される今泉監督が、初めて男性同士の恋愛という題材に取り組んだ本作。同性カップルが親権獲得や周りの人々への理解を求めて奮闘する姿を通して、現実社会で彼らと同じような立場の人々が直面している社会問題や法的問題に切り込む。今春には主人公2人の出会いが描かれたドラマ『his~恋するつもりなんてなかった~』(名古屋テレビ)が放映された。

 宮沢が演じるのは、周囲にゲイだと知られることを恐れ、東京からひとり田舎にやってきた主人公・井川迅。迅が恋焦がれる日比野渚役を藤原が担当し、ゲイであることを隠しながら、女性と結婚し家事に子育てにと励むイクメンを演じる。そのほか、渚の妻・玲奈役を松本若菜、迅に恋する美里役を松本穂香、迅と渚を優しく見守る近所の人々を鈴木慶一、根岸季衣、親権を争う裁判を担当する弁護士役を堀部圭亮、戸田恵子が務める。

 宮沢は「僕は光栄なことに、小さい頃から多国籍、多文化な環境で育ちました。同級生にはゲイ、バイセクシュアルの人もいて、LGBTQへの認識や理解は常識だと勝手に思っていましたが、日本ではまだまだそんなことはなく、何もできない自分にむずむずしていました。今回このお話が来て、素直に嬉しく、絶対に引き受けたいと思いました」と明かし、「本作は同性愛を綺麗に描写したものではなく、美しさ、醜さ、愚かさ、純情さ、など人間の生き様そのもの描いています。性別を超え、人を愛し、人に愛されるということはどういうことなのか。『his』にはその全てが詰まっています」と作品への想いを語っている。

 藤原は撮影を振り返り「撮影中は氷魚くんとほぼ24時間一緒に暮らしながら過ごしましたが、次第に二人とも役と心がシンクロしてしまい苦しみました。迅役が宮沢氷魚でなければあの苦しい撮影を乗り越えることは出来ませんでした」とコメント

 今泉監督は「私はLGBTQやまたそこからも漏れてしまうような人々の葛藤についてを主題にした映画をつくることは意識的に避けてきました。その方が逆に差別的ではないかと考えていたからです」とした上、「でもこのお話を脚本のアサダ(アツシ)さんからいただいて、自分にしかつくれないものもあるのかなと思い、引き受けました」と本作を手掛けた経緯を明かし、「宮沢氷魚と藤原季節という、芝居の技術やうまさの前に、人として誠実で魅力的なふたりとこの作品をつくれたことを嬉しく思います」と語っている。

 映画『his』は2020年1月24日より全国公開。

映画『his』場面写真(C)2020映画「his」製作委員会