大森南朋主演ドラマサイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第3話(8月1日[木]放送)で、大森演じる柚木貴志が解剖室を飛び出し、“刑事”さながらの大活躍を見せる。

【写真を見る】愚直で“ドS”、でも実は心優しいスーパー解剖医・柚木貴志を体現する大森南朋

■ 権力社会に立ち向かう“法医学サスペンス

本作は、権力に屈することなく真実と正義を追求する法医学者・柚木(大森)が、不都合な“事実”を隠蔽する権力社会に立ち向かう法医学サスペンス

謎が多く残る国民的歌手の死亡事件を縦軸に据えつつ、“1話完結スタイル”でさまざまな事件を巡る“真実と権力”の戦いを描いている。

■ 射殺事件の真実が、闇へと葬られてしまう…

第3話では、暴力団員の射殺事件が発生し、“権力側の不可解な圧力”によって“真実”が闇へと葬られる事態に転じてしまう。

そんな中、権力に屈することなく真実と正義を追求する、愚直でドSで…でも、実は心優しいスーパー解剖医・柚木が解剖室を飛び出し、刑事さながらの活躍を見せる。

法医学者としての卓越した能力はもちろん、第2話では助手の中園景(飯豊まりえ)を連れ去った犯人と格闘するなど、これまでも秘めた能力を発揮してきた柚木は、第3話では射殺事件現場にこっそり潜入。

血痕の位置から何本もの“赤い紐”を操って発砲地点を分析するなど、現場を徹底検証した結果、“ある矛盾のサイン”を嗅ぎ取る。

解剖室を飛び出して真実を手繰り寄せる柚木は、今回の事件で真相を捻じ曲げようとする“権力”を打ち負かすことができるのか。(ザテレビジョン

大森南朋が主演ドラマ「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」第3話で、刑事さながらの大活躍を見せる