終身雇用が事実上崩壊したこの時代、資産形成のスキル習得は避けられない。ならば、指針となるのは誰か。各ジャンルで成功を収めるニューリッチ・オールスターズを招集。ノウハウ&思考法を徹底解剖した!

株投資 ビジネス
※画像はイメージです

数年前はフリーライター。コギャル紹介業が原点

「会社設立から5年目の一昨年、上場企業に1億600万円で株式の70%を売却しました。企業買収についてお声がけいただくのは3社目でしたが、もっともシナジー効果が高い会社を選ぶことができたと思います」

 そう語る起業家の柳川圭子氏は、なんと数年前まで『週刊SPA!』のライターだった人物。高校生の頃からファッション誌で悩み相談のページを担当するなど、キャリアこそ長かったが、「しがないフリーライター」だったという。

「私の原点は、当時全盛期だったコギャルの派遣業。テレビや雑誌に彼女たちを紹介しているうちにマスコミ業界に顔なじみが増えて自然とライターになりましたが、だいぶ後になって文章より、人と人とを繋げることのほうが得意だと気がつきました」

柳川圭子
写真は女子高校生時代、コギャルの紹介バイトにあけくれていた柳川氏。このとき培った「人と人を繋ぐ」スキルが現在、医師の紹介業という形で結実したというから面白い

女性医師の悩みに気づき、閃いた

 転機は突然、訪れた。美人女性医師を毎週紹介する週刊誌連載の担当になり、彼女たちに毎週接するうちに、女性医師ならではの悩みに気づき、ビジネスアイデアが閃いたのだ。

「約10年で500人以上の医師を取材して、婚活や子育てと仕事の両立など、女医のニーズは難易度が高いと気がついたんです。ただ相談に乗るだけでなく、確実に悩みを解消するサービスを提供したい! と、転職支援をはじめとする医師専門のコンシェルジュを目指して34歳のとき起業しました」

柳川圭子
医師によりそった事業を展開した
 女性医師のみならず医師全般に対象を広げ、転職以外のサポートにも徐々に進出。開業、経営、継承などのビジネス面から、投資、結婚、教育といったプライベートの分野に至るまで、取材力と人脈を生かし、ついには億単位で売れる会社にまで育てあげた。最大の強みは?

メディア対応なども含め、それぞれの方に最適なブランディングまできめ細かくご提案できる点だと思います」

 医師との二人三脚で勝ち上がるニッチなコンサル。目のつけどころの勝利だ。

次の一手は「女性医師向けの婚活」

 世間的には勝ち組と思われる女性医師だが、実は婚活市場では高収入すぎると敬遠されがち。そこに目をつけた柳川氏は、積極的に女性医師向けの婚活パーティを開催してきた。

柳川圭子

パーティだけだとなかなか成婚まで持っていくのが難しい。そこで、さらに踏み込み結婚相談所を開設予定です。医師の人生に寄り添い、医師の頼れる存在になることで、自ずと売り上げはついてくると考えています」

柳川圭子
柳川圭子氏
【柳川圭子氏】
投資歴:7年/資産:1億円/投資対象:事業展開/スタイル:起業
青山学院大学卒。フリーライターを経て’12年、起業。医師を専門に年間1000件のペースで転職、アルバイト支援を行い、婚活から子供の教育までサポートする「医師のとも」代表取締役。2児の母

ニューリッチ・オールスターズの儲け方 ―

【週刊SPA!編集部】



写真は女子高校生時代、コギャルの紹介バイトにあけくれていた柳川氏。このとき培った「人と人を繋ぐ」スキルが現在、医師の紹介業という形で結実したというから面白い