アラフォーになると、メイクのたびに、肌やパーツのちょっとした劣化にも頭を抱えがち。メイク直後には「よし、完璧」と感じても、時間の経過とともにオバ見えを招いている……なんてことも起こりやすい年代です。時短美容家の並木まきが、年齢よりオバ見えするアラフォー女性のNGリップに迫ります。



写真はイメージです



◆1 縦ジワがやたらくっきり…
 口紅を塗って時間が経ったころに、唇のミゾに口紅がべったり入り込んでいる姿は、一発で老け見えしがちなNGメイク。塗った直後にはうるおっていても、外気やエアコンなどの影響で、気づかないうちに、縦ジワが目立っている場合もあります。特に、落ちにくさをうたっているティント系リップは、色落ちしない分、ミゾに入り込みやすいので要注意です。


◆2 ツヤ感を重視しすぎてギトギト…
 唇にツヤを出すメイクは、もはやブームを超えて定番となりつつある昨今。マット系のルージュを塗るときでも、ベースとなる唇に、ほどよいツヤは欠かせません。しかし、ツヤを意識するあまりにグロスバームなどを使ってギトギトリップになってしまえば、老け見えの引き金にも。ひと昔前のボリュームリップメイクを連想させ、アラフォー世代だと、時代遅れなメイクをしている印象も与えかねません。


◆3 ダスティすぎる深みカラー
 ここ最近は、くすんだ質感が入ったダスティ系のリップもリアルにトレンド。パキッとした発色の口紅に比べ、アラフォーでも使いやすい色みが揃っています。でも、あまりにもくすみが強すぎる色をアラフォーが使ってしまうと、顔色が沈んで見え、老け路線に転じてしまう場合も……。


アラフォーの唇は、これで脱・老け路線!
 すっぴんリップのままだと、どうしても顔色が悪く見えがちなアラフォー世代は、口紅によって自然な血色感を加えるのがマスト。ティント系リップを使う場合には、こまめな保湿でうるおいキープしましょう。また、ツヤ感を加えるときには、トゥーマッチにならないよう、軽めの質感のグロス類を選ぶと安心です。さらに、くすみカラーを塗るならば、顔色を暗くしないレベルにとどめておくのをお忘れなく。


 オフィスでも、デートでも、口紅ひとつで顔色もメイク全体の印象も大きく変わります。
 年齢よりも老けた印象を与えるNGリップは、この機会に封印しちゃいましょう。


シリーズ脱・老け見えメイク講座」―


<文/並木まき>


【並木まき】元市議会議員・時短美容家・ライター。働く女性や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。



写真はイメージです