マツコ・デラックスさん

当選の確率は低いと思われていた「NHKから国民を守る党」だが、参院選の結果は少なからず世間に衝撃を与えている。マツコ・デラックスさんが7月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、「N国」が正式に政党になったことについて、

「この目的ためだけに税金払われたら、受信料もそうだけどそっちのほうが迷惑」

などとコメントした。

同党は、「受信料を支払った人だけがNHKの放送を視聴できるスクランブル化」ひとつを公約として訴え、参院選の比例代表で1議席を獲得した。選挙期間中に立花孝志代表が、「NHKぶっこわす!」と叫んだ政見放送が大きな話題を呼び、動画サイト320万回も再生されている。(文:okei

「一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃただ気持ち悪い人たち」

意見を求められたマツコさんは、「まあ、これからじゃないですか」として、

「この人たちがホントにこれだけの目的ために国政に出て、それで税金払われたら、受診料もそうだけどそっちのほうが迷惑だし。一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃただ気持ち悪い人たちだから」

と釘を指すようにコメント

MCのふかわりょうさんが「票数が伸びた一因」を訊ねると、「さあ、なんだろう。冷やかしじゃない?」と回答し、

「もちろん受信料を払うことに真剣に疑問を持ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れてる人も相当数いるんだろうなーとは思う」

と推察した。

N国の政見放送は、NHK放送センターで放送しているにも関わらず、極端な笑顔で「さあNHKのみなさんもご一緒に。"NHKを、ぶっこわそー"」と唱和を求めるなど、立花氏の過激な言動が目につく放送で話題になっていた。

たまたま政見放送を見たという株式トレーダーの若林史江さんは、「本当に国民の不満に訴えるならあの政見放送は無かったよね」などと、冷やかしとも取れる政見放送を酷評した。

真面目に語ったら話題になったか?あの気持ち悪い政見放送で効果が出た

ただ、マツコさんは「じゃあ逆に、真面目に受信料問題について語ったとして、そしたらここまで話題になったかというと難しい」と指摘し、

「あの気持ち悪い政見放送で効果が出たっていう意味もある」

などと感想を述べた。

ふかわさんが「色んな感じ方があって、嫌悪感を抱かずに感情移入出来た人も少なくなかったという」と補足しようとすると、マツコさんたちは「いやーあれ、笑顔が……」と苦笑い。

「ちょっと宗教的なところがあるんだよね。『NHKぶっこわす教』みたいな。ちょっと気持ち悪い」と、立花代表はじめ候補者たちの不自然な笑顔について違和感を語り、

「でも結局こうやって楽しんで見ちゃっている側面はあるわけじゃないですか。だから、こうやって騒いじゃってる時点で、ある意味彼らの思う壺なのではないかなと」

とまとめた。

確かに、お堅い演説で政治にあまり興味がない層の関心を引くことは難しいだろう。ふざけた言動は良くも悪くも多くの人に強い印象を残した。政党要件を満たして正式に「政党」となったN国は、年間約320億円の政党交付金を得票率に応じて配分される。