人気俳優のロバートダウニー・Jrとジュード・ロウが共演する『シャーロック・ホームズシリーズ第3弾。先の2作のガイ・リッチー監督に代わり、映画『ロケットマン』のデクスターフレッチャー監督がメガホンを取るという。Varietyが報じた。

【写真】2作目『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(2011)フォトギャラリー

 米ワーナー・ブラザースヴィレッジ・ロードショウが共同製作する『シャーロック・ホームズ』第3弾。タイトルあらすじなどの詳細は不明。海外ドラマ『ナルコス』のクリスブランカトーが脚本を執筆する。

 第3弾は当初、2020年クリスマスの全米公開予定だったが、2作目の『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』から10年後となる2021年12月21日(現地時間)に変更になったことが今年3月に発表された。シャーロック役のロバートと共に、相棒のワトソンを演じる俳優のジュード・ロウの続投が決まっているが、アイリーンアドラー役の女優レイチェル・マクアダムスやメアリー役の女優ケリー・ライリーらの再出演については未定だ。

 フレッチャー監督の起用はスタジオ側から正式に発表があったわけではないが、ロバートフレッチャー監督は現地時間13日、ニューヨークで開催されたドキュメンタリー映画『David Crosby:Remember My Name(原題)』の試写会でツーショットを披露している。第3弾でタッグを組むのは確実と思われる。

『シャーロック・ホームズ』シリーズ第3弾でメガホンを取るというデクスター・フレッチャー監督(C)AFLO