トランプ大統領にクリントン元米大統領から英国王室まで、華麗な交友関係を誇っていた謎の大富豪が未成年の少女を組織的に買春していた疑いで逮捕された。「友人」らは潮が引くように去っていったが、トランプ政権の高官が辞任するなど、逆に疑惑は燎原の火のごとく広がる勢いを見せている。

 未成年の少女に対して金を払って「マッサージ」と称して性的な行為をさせていた疑いで7月6日、米連邦捜査局(FBI)などに逮捕されたのはジェフリー・エプスタイン容疑者(66)。遅くとも2002年以降、14歳17歳の少女数十人以上をマッサージと称して自宅や別荘に招き入れ、数百ドル支払って性行為などをしていた疑いがある。

高校教師から大富豪

 エプスタイン容疑者は、一介の高校教師から大富豪に成り上がった立志伝中の人物として米国では知られるが、その詳細は謎に包まれている。

 犯罪が明らかになる前の2002年にその半生を追った米雑誌「ニューヨークマガジン」によれば、エプスタイン容疑者は米国で高校の数学教師として働いていた20代のころ、金融業界で働く生徒の親の一人に見いだされる。この親を通じてトレーダーに転職して頭角を現し、投資銀行の上層部に登用されて間もなく独立。以来、顧客を資産10億ドル以上に絞り、資産管理から税金対策までを手がけるビジネスで大成功したという。

 仕事以外の面では、社交界の大立て者の女性との交際で名を鳴らす一方、その資産を惜しみなく学術研究に注いだことでも知られるが、メディアには露出を避けてきた。

「一緒にいると楽しい奴だよ」

 ニューヨークマガジンにそう答えたのは、当時は一介のビジネスマンだったトランプだ。「俺みたいに美しい女性が好きだともいわれているけどね。ほとんどは、かなり若めのようだけど」と続けたが、よもやその「若め」が未成年を意味するとは……。

 だが、捜査によれば、この報道の頃から犯行は始まっていたことになる。

“乱交島”と呼ばれる「リトルセントジェームズ島」

《(未成年の少女である)被害者は半裸か全裸で、同じく全裸のエプスタイン容疑者をマッサージした。すると、エプスタイン容疑者はエスカレートして陰部を直接、間接にまさぐった。こうしたときには通常、エプスタイン容疑者は自慰行為をしながら、被害者にも体を触らせ、さらに性玩具や手で被害者の陰部も触っていた》

 この犯行の描写は起訴状によるものだ。場所はエプスタイン容疑者のフロリダ州の別荘だが、別荘はほかにもあった。カリブ海に浮かぶ島「リトルセントジェームズ島」。エメラルドグリーンの海に囲まれた島には、衛星写真でもはっきりと大邸宅が視認できる。ブルームバーグの報道によると、数々のセレブ達も訪れたとされるこの島は、いま地元民には「乱交島」「小児性愛島」と呼ばれている始末という。

 実はエプスタイン容疑者の疑惑が話題になったのは今回だけではない。その事実を丹念に追った地元紙「マイアミ・ヘラルド」は、14年前、別の被害者の証言を元に地元警察が捜査を始めていたことを報じている。だが、2008年、起訴されたのは買春を誘った罪だけ。エプスタイン容疑者が塀の中で過ごしたのはわずか13カ月。捜査の過程で、残りの人生を刑務所で過ごすに十分な複数の犯罪が浮上していたというのに。

 なぜか。マイアミ・ヘラルドは糾弾する。「正義の『倒錯』」があったと。

ビル・クリントンもやり玉に

 一連の報道があったのは昨年末から。その後、捜査当局が改めてエプスタイン容疑者を逮捕したわけだが、報道の核心は10年以上前の捜査の不作為の追及にある。焦点は、当時フロリダ州マイアミの連邦地方検事をつとめ、エプスタイン容疑者側と交渉し、数十あった起訴事実を一桁に絞る合意を導いたアレクサンダー・アコスタ。その後の17年、トランプ政権の労働長官に収まった。

「こういう事件は複雑なんだ。特に子供が絡むとね」。そんな記者団への言い訳で世間もトランプ大統領も納得するはずもなく、アコスタは12日に辞任。だが、メディアの注目は他にも転じている。

 やり玉に挙がった一人はビル・クリントン元米大統領だ。

「クリントン大統領は何も知りません。ジェフリー・エプスタインが数年前にフロリダで罪を認めたひどい犯罪についても、最近ニューヨークで告発された同様の犯罪についても」

 クリントンの事務所7月8日にこんな声明を発表し、2002年2003年にエプスタイン容疑者と慈善活動の一環で4回旅行をともにしたことを認めたが、話題はさらに拡散を続ける。エプスタイン容疑者の交友関係にある人物の連絡先を控えた「黒い手帳」がその震源の一つだ。2004~2005年にかけての半年、エプスタイン容疑者の下で働いた元執事が、任務を離れた後も保管し続け、米国の裁判所に提出されていたのだ。

「黒い手帳」には何が書かれていたか

 当時の捜査報告書によると、元執事は運転手、伝令、接客も担当。担当の延長で少女への車の提供、少女への薔薇の贈呈、「マッサージ」後に散乱したバイブレーターの片付けもしていた。捜査官は、元執事について宣誓供述書でこう説明する。

「(元執事は)捜査対象(エプスタイン容疑者ら)が自分を消したり傷つけたりすることを恐れており、(手帳の)情報は自分の保険だと主張した」

 オンラインニュースサイト「ゴーカー」が公開したこの手帳のリストは膨大だ。

 トランプ大統領ハリウッド俳優のアレック・ボールドウィン、金融界の大立者のデイヴィッドロックフェラー、イスラエルのエフード・バラク元首相、大富豪ジョージ・ソロスの甥などの名前がズラリ。「マッサージ」の項にはマッサージ嬢とみられる連絡先もある。その意味するところは憶測の域を出ないが、この元執事は数年前に病死した。

「王子と性交渉をした」?

 一番の窮地に立っているのは、黒い手帳の住所欄に「バッキンガム宮殿」と明示されていたイギリスヨーク公、アンドルー王子かもしれない。チャールズ皇太子の弟だ。

 本人は公式に否定しているが、マイアミ・ヘラルドなどによると、エプスタイン容疑者に王子を紹介されたとされる元少女が別件訴訟で「エプスタイン容疑者の性奴隷にされ、王子と性交渉をした」などと主張したとされる2000点もの文書が存在するからだ。

 元少女の主張自体は「根拠が薄い」などとして裁判所に退けられて封印されたはずだったが、図らずも今回の捜査に先立つ7月3日、資料公開を求める弁護士らの控訴審で米裁判所が「被害者の利益がプライバシーに優先する」として公開を認めた。

  次から次へと膨らむばかりの疑惑。前回の捜査の際は友人関係について口をつぐみ、捜査のねじ曲げにも成功したエプスタイン容疑者だが、捜査機関が本腰を入れ、長期の刑が現実味を帯びてきたいま、その口を閉ざす意味は残っているのか。果たしてエプスタイン容疑者自身がパンドラの箱を開けるのか、それとも……。固唾を飲んで見守っているのは、長年被害に苦しんだ元少女も、他にまだいるかもしれない加害者も同じだ。

(末家 覚三)

7月8日ジェフ・バーマン検事の会見で名指しされるジェフリー・エプスタイン ©共同通信社