日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉 泰彦)は、2019年7月31日中規模ハイグレーオフィスビル「BIZCORE(ビズコア)」シリーズの第3弾となる『BIZCORE築地』(以下、本物件)を竣工し、満床稼働でのスタートを切ることとなりますのでお知らせいたします。
 昨今の好調なオフィスマーケットの中、本物件については多数の引き合いがあり、その結果、J-POWER電源開発株式会社グループ株式会社JPビジネスサービス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村 至)による1階~8階、約1,460坪の入居が決定いたしました。
 「BIZCOREシリーズの開発については、既に稼働中の2棟『BIZCORE神保町』『BIZCORE赤坂見附』と今回竣工する本物件以降、渋谷、神田等での開発計画を進めており、7月31日時点で計10棟(竣工済み3棟、着工済み1棟、計画中6棟)となります。


≪日鉄興和不動産が提供するBIZCORE
  「BIZCORE」は、企業活動(BIZ=Business)に資する本質(Core)を追求したオフィスを提供したい、という私たちの事業理念を表したブランド名称です。
 日鉄興和不動産が長年培ってきたオフィスビルの実績、知見を結集し、新時代を担う企業の成長、さらには「社員のチカラ」が最大限に発揮できるオフィス空間を提供いたします

1.『BIZCORE築地』の特徴
マルチアクセスで利便性の高い立地

 〇東京メトロ「築地」駅をはじめ5駅6路線の利用が可能なマルチアクセスで交通利便性の高い立地です。
 〇築地エリアは築地市場移転後の再開発が注目されており、エリアが有するポテンシャルを活かした街づくりによって更なる発展と利便性の向上が期待されています。

■多様な働き方に応えるオフィスプランニング
 〇各階貸室は、天井高2,800mm、約200坪の整形無柱空間によってフレキシブルなプランニングを可能にします。
 〇南面一面のガラスカーテンウォールによって、明るく開放的な執務空間を実現しました。
 〇貸室の一部には床積載荷重1,000kg/平方メートルヘビーデューティーゾーンを配し、多様な働き方をサポートします。

■様々なビジネスシーンを彷彿とさせる、上質で洗練された共用空間
 〇1階エントランスホールは大切なお客様をお迎えする上質な空間となるよう、花崗岩の壁で品格を表現しました。
 〇基準階のエレベーターホールは、落ち着いた色調の壁によって空間に広がりを持たせながら、2色使いの床でアクセントを加えています。

■ワーカーのための充実したリフレッシュ空間
〇屋上庭園は、アシンメトリーに配置した緑に囲まれながら、ゆったりとくつろぐことができる空間としました。
トイレは最も身近なリフレッシュ空間として、木目調とクロスシートを組み合わせ柔らかな雰囲気を演出しました。

■BCPサポート
〇建物は、建築基準法において必要とされる強度の1.25倍以上の耐力を確保しており、貸室天井にはブレースを設置し落下防止を図っています。
〇災害時、本線からの電力供給が寸断された場合、ビル内非常用電源により最大36時間15VA/平方メートル を専有部内に供給します。
○ビル内に設けた入居者専用の災害用備蓄品倉庫には、ビル側であらかじめ在館人数(※1)の計3日分の水・食料・簡易トイレ等の備品を完備しています。 ※1:当社が想定した在館人数で用意

セキュリティ
メインエントランスから各フロアの室内に至るまで多層のセキュリティを設け、高度な情報を取り扱う企業を意識した万全のセキュリティシステムを装備しています。
○エントランスホールの入口には無人受付システムを設置。来訪者をオフィスフロア内で画像と音声で確認できるため安心です。

■環境
〇Low-E膜をコーティングした断熱性能と日射熱遮蔽性能を向上させたペアガラスを採用し、冷暖房負荷を軽減します。
〇室内の照明器具は設定した照度(750lx)に自動調光され、省エネ・省コスト化を実現します。
パントリー・トイレ等の共用部に人感センサーを設置。無駄な点灯を防止します。
〇専用のシステムにより、エネルギー使用量や原油換算値の実績をいつでも簡単に確認できます。


2.『BIZCORE築地』 物件概要

3.「BIZCORE」 シリーズ開発スケジュール(予定)
BIZCORE 神保町        竣工:2017年11月30日
BIZCORE 赤坂見附 竣工:2019年3月29日
BIZCORE 築地 竣工:2019年7月31日
BIZCORE 渋谷 竣工:2020年2月
(仮称)BIZCORE 神田須田町計画 着工:2020年夏  竣工:2021年
(仮称)BIZCORE 東神田計画 着工:2021年春  竣工:2022年

配信元企業:日鉄興和不動産株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ