マツコ・デラックス

タレントマツコ・デラックスが、29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)に出演。妊婦にノンアルコールを提供したウェイトレスについて苦言を呈した。

 

■妊婦に無断でノンアルを提供

番組では、アメリカウェイトレスが妊娠14周目の客からカクテルの注文を受けたものの、「妊婦にアルコールまずい」と考えて独断でノンアルコールカクテルを提供した事例を紹介。会計後のレシートでノンアルコールであることに気づいた妊婦は激怒し、苦情を訴えたという。

ネット上で賛否が分かれたこの件について出産経験のある株式トレーダー・若林史江氏は、「妊婦は健全であるべき」といった考えが窮屈だったことがあるとし、妊婦の自己管理に任せるべきではないかと主張する。

 

■「その精神が怖い」と苦言

これを受け、マツコは「そもそもさ、そんな権利がウェイトレスにある? 注文された物を勝手に変えるって」と切り出すと、「自分のことを何様だと思ってるんだっていうその精神が怖いよね」と苦言を呈する。

「妊娠中のアルコールは控えたほうが…」と注意する程度でとどめておくべきとし、「私は良いことをしている」「私は絶対に間違ってない」と信念や正義感で行動する人が増えていると語る。「なんでそんなに自分に自信があるんだろう?」と疑問のようだった。

 

■正義感はただの押しつけ?

ウェイトレスからすれば、その妊婦が心配だったのだろう。しかし、妊婦からすれば「私の判断で決める。余計なお世話」と思っていたのかもしれない。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,361名に「正義感」についてどう思うか調査したところ、およそ3割が「押し付けだと思うことがある」と回答している。

その後、MCのふかわりょうから「ラーメンを頼んだとして、店主が勝手に気を使って『脂抜き、少なめにしておきました』って感じだったらどうですか?」と問われたマツコ。「脂食いに来てんだこっちは!」とキレることを明かし、スタジオを笑わせていた。

・合わせて読みたい→妊娠中の妻に夫が言った言葉にイラッ 「今どきそんな昭和脳が…」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年3月23日2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

マツコ、妊婦に無断でノンアルコールを提供した店員に怒り 「精神が怖い」