MacBook ProなどUSB-Cデバイスを愛用している人の必需品がUSB-Cドックだろう。USB-C端末の普及に伴い、さまざまなメーカーが商品化しているが、出先で使用することが多い人にオススメなのがこのほど発売されたTwelveSouthの「StayGo」だ。

短いケーブルが本体に収納されていて、いつでも使える。また、長いケーブルも付属し、こちらはデスクトップPCを利用するときなどに便利だ。

・拡張性は十分

USB-Cドック本体にケーブルが固定されているタイプだと、持ち運びするうちにケーブルの付け根を傷めてしまうことがある。また、バッグの中で他のものと絡んでしまうというのもよくあることだ。

一方StayGoは長さ15センチのトラベル用ケーブルが本体に収納されていて、必要なときに取り出して差し込むようになっている。持ち運びがシンプルな上、ケーブルも保護できる。

搭載するポートは一通りそろっていて、USB Type-CUSB-A3つ、HDMI、ギガビットEthernet、そしてマイクロSDカードSDカードスロットだ。

・シーンで使い分け

また、StayGoには約90センチケーブルが付いてくるのも気が利いている。これは、デスクトップPCなどでの利用を想定したもので、会社や自宅では90センチケーブル、出先ではトラベル用ケーブルというふうに状況に応じて使い分けることができる。

価格は99.99ドル(約1万1000円)とややお高めだが、利便性を優先したい人は検討する価値がありそうだ。

TwelveSouth

短いケーブル内蔵のUSB-Cドック「StayGo」は出張や旅行に便利!