文・取材:イズミロボ・ササ

人気キャラフィギュアが大集結!
 2019年7月28日、国内最大規模のフィギュアイベントワンダーフェスティバル2019 夏”が、幕張メッセにて開催された。その模様を、主要ブースをピックアップしてのフォトリポートという形でお届けしよう。

ワンフェス2019[夏]情報まとめ。人気キャラクターたちの新作フィギュアが多数発表!
https://www.famitsu.com/news/201907/28180440.html


【画像361点】「ワンフェス2019[夏]展示フィギュアまとめ。ハイクオリティーなフィギュアを362枚の写真でフォトリポート!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

アクアマリン
 『Fateシリーズセイバーや、劇場版ソードアート・オンライン』のアスナなど、おなじみの人気キャラクターがズラリ。懐かしいところでは、『サクラ大戦』の真宮寺さくらの完成品フィギュアが展示され、注目を集めていた。



アゾンインターナショナル
 人気の『えっくす☆きゅーと』シリーズほか、多彩なタイトル美少女フィギュアアピールゲーム関連では、『ラブライブ!サンシャイン』の黒澤ダイヤなどを展示。人気コスプレイヤーによる『アサルトリリィキャラの撮影会も開催されていた。




アニプレックス
 強くプッシュされていたのは『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』で、牧之原翔子や桜島麻衣ウェディングver.などを展示。ほかにも『冴えない彼女の育てかた♭』など、人気タイトルヒロインフィギュアが多数並んでいた。



あみあみ
 大きくアピールされていたのは『アイドルマスターシリーズで、佐久間まゆの“フィールイハートVer.”や、田中琴葉の“花たちの祝福ver.”を展示。また『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』の“湊友希那 海外限定パールver.”も公開され、数量限定の逆輸入販売ということで人気を集めていた。



アイドルマスター シンデレラガールズ佐久間まゆフィギュアに! 担当声優・牧野由依さんがその魅力を深掘り!!
https://www.famitsu.com/news/201806/29160057.html


KADOKAWA
 “KD colle”(KADOKAWA コレクション)というブランドで、『冴えない彼女の育てかた』や『この素晴らしい世界に祝福を!』といった人気作のヒロインを多数展示。レムの浮世絵や『マクロスFヒロインの等身大フィギュア撮影コーナーには、多くのファンが列をなしていた。


海洋堂
 3Dプリンタをフル活用して出力した“デジタルガレージキット”を先行限定販売したほか、琉球銀行とのコラボキット“りゅうぎんロボファミリー”など、バラエティー豊かな商品を展示。原形公開コーナーも目を引いていた。



キューズQ
 イベント限定商品として、『魔法少女シリーズヒロイン・ミサ姉、『東方プロジェクト』の古明地さとりこいし、『艦これ』の敵艦“北方棲姫”を用意。ほかにも多くの美少女ガレージキットが先行販売されていた。



壽屋
 ツイッターで『ロックマンX』展示ケースを撮影・投稿すれば特製クリアファイルがもらえるサービスを実施していた壽屋ブース。ブース面積も大きめで、バラエティーに富んだフィギュアが展示されていた。フィギュアのほか、モデリングサポートグッズも充実していたのが印象的だった。



セガ・インタラクティブ
 『Re:ゼロから始める異世界生活』の“ラム”と“レム”のスクール水着姿のフィギュアを、クレーンゲーム用のプライズアイテムとして提供。そのほか、新デザイン初音ミクなど、今後登場予定の新作プライズが多数お披露目されていた。



タカラトミー
 映画『バンブルビー』のBlu-rayDVDリリースを記念した『トランスフォーマーコーナーをはじめ、『ダイアクロン』のキャラクターを多数展示。発表されたばかりのハスブロ社グローバルクラウドファンディグ企画“ユニクロン”も公開されていた。



東京フィギュア
 “ストロンガー”ブランドキズナアイを筆頭に、アニメゲームの人気キャラクターフィギュアを多数展示。美少女系のほか、動物変化など、ユニークオリジナルフィギュアも多かった。



ニトロプラス
 設立20周年を記念して、発表したコンテンツの数々を映像と展示で振り返っていたニトロプラス。『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』コーナーでは布袋劇人形を、『刀剣乱舞-ONLINE-コーナーでは実物の刀剣を展示。また特設エリアでは、レーティング18のフィギュアチェックすることができた。



BANDAI SPIRITS
 “一番くじ”対象の賞品をメインとして、バンプレストブランドの、クレーンゲーム用のプライズアイテムなども豊富に展示。なかでも大きくアピールされていたのは『マクロスF』のキャラクターで、多彩なカラーバリエーションが紹介されていた。


ピーエムオフィスエー
 長野県・諏訪を本社とする同社は、PLUMレーベルで多数のフィギュアを展示。定番の美少女キャラは当然として、鉄道系のフィギュアに力を入れているのが、いかにも地方メーカーっぽい印象だ。ゲーム関連では、『R-TYPE』の機体などをフィギュアで再現。


ライム1スタジオ
 アメコミや映画キャラメインとする同スタジオの作品は、サイズが大型なのが特徴だ。等身大サイズフィギュアが並ぶブースは迫力十分。ゲーム関連では、『ブラッドボーン』、『ストリートファイター』、『デビル メイ クライ』などが展示されていた。



フリュー
 高品質ブランド“F:NEXフェネクス)”を打ち出すフリューでは、2月に開催された冬のイベント同様に、『Re:ゼロから始める異世界生活』のヒロインの1/1 胸像フィギュアや、初音ミクの等身大フィギュアで来場者にアピール。通常サイズフィギュアも、人気作をメインに充実していた。



ボーク
 『ファイブスター物語』の復刻シリーズ作品のほか、“ブロッカーズFIORE”や“キャラグミン”シリーズの新作をアピール。期間限定商品として、『ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!』のカチューシャノンナの水着ver.が紹介されていた。



ホビージャパン
 “AMAKUNI”ブランドメインフィギュアが大量展示されていたが、なかでもステージイベントを含めて強くプッシュされていたのが、“ジェネシックガオガイガー”。フレームミュージックガール初音ミク戦闘機や戦車のダイキャストモデルなどのコーナーも注目を集めていた。



マイルストン
 同ブースで注目を集めていたのが、内臓が見える異色のフィギュア“美人体模型”。ほかにもボックスから変形する動物フィギュアや、学校の教室風景など、美少女キャラにこだわらないアイテムも多く、ユニークなブース展開がなされていた。



メガハウス
 特撮ヒーローからアニメキャラまで、幅広いラインナップを誇る同ブース。今回は『ワンピースシリーズが15周年ということで、特設コーナーが大々的に展開されていた。人気の“ジャンプGALS”では、『NARUTO』や『ドラゴンボール』のヒロインが集結。ゲーム関連では、『ポケットモンスター』の商品が目立っていた。


メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト・ベネ
 メディコスといえば『ジョジョの奇妙な冒険』がメインだが、今回は加えて美少女キャラや、『北斗の拳シリーズ腕時計アイテムなども展示されていた。スタンドフィギュアでは、細かいパーツセリフセットとなったマニアックなキットも販売。



ユニオンクリエイティブ
 著名イラストレーターキャラを立体化したオリジナルフィギュアを多数展示したほか、人気ヒロインもしっかりフォロー。ゲーム関連では、『ダンガンロンパシリーズなど。ほかには海洋堂ブランドの、『エヴァンゲリオンフィギュアも展示されていた。


WHLFY(WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!)
 グッドスマイルカンパニーマックスファクトリーの企画進行中の新作フィギュアを多数展示。今回も初音ミクシリーズ、『chitocerium(チトセリウム)』など、注目タイトルが勢ぞろい。とくに初音ミクMemorial Dress Ver.の撮影コーナーは、長蛇の列ができる人気ぶりだった。