偉大なるレジェンドDNAを受け継いだ子供の中には、同じくサッカー選手として活躍する選手たちがいる。

 そこで今回は親子ともにフットボーラーの経歴を持つ選手たちを紹介する。


カスパー・シュマイケル

マンチェスターユナイテッドで活躍したデンマーク代表GKピーター・シュマイケルの息子カスパー・シュマイケル

父はユナイテッド時代、年間最優秀ゴールキーパーを2度も受賞。1998-1999シーズンではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を含めた3冠達成に大きく貢献した。

また、息子のカスパーは現在レスター・シティの守護神として活躍。日本代表のFW岡崎慎司らとともに奇跡のプレミアリーグ優勝にも貢献した。


アンガス・ガン

現在サウサンプトンに所属するGKアンガス・ガン。父親はノリッジ・シティのGKだったブライアン・ガンだ。

父はノリッジの年間MVP選手に2回選出された経験もある。

一方、息子のアンガスは父が所属していたノリッジのユースから、マンチェスター・シティのユースに移籍。

その後、シティのトップチームで出場することはできず、出場機会を求めノリッジへレンタル復帰した。すると公式戦51試合に出場。昨年夏にはサウサンプトンへと移籍した。

なお、昨シーズンサウサンプトンで公式戦12試合に出場。今年で23歳になったアンガス。これからキャリアに注目したい。


ジャスティンクライファート

アヤックスバルセロナレジェンドパトリッククライファートの息子ジャスティンクライファート。

父はアヤックス時代にCLを優勝に貢献し、EURO2000では得点王にも輝き、オランダ代表歴代3位の得点数を記録した。

息子のジャスティンは、各年代のオランダ代表で活躍。父と同じくアヤックスでプロデビューを果たした。2018年夏にはローマへ移籍。CLのビクトリア・プルゼニ戦ではゴールを決め、ローマにおけるCL最年少得点者となった。


ティモシー・ウェア

今夏、パリ・サンジェルマンからリールに移籍したティモシー・ウェア。父親は“リベリアの怪人”と呼ばれミランなどで活躍したジョージ・ウェアだ。

父は、素晴らしいドリブルとスピードの持ち主で1995年バロンドール賞を受賞。アフリカ人で初めて受賞した選手となった。なお現在は、リベリアの大統領を務めている。

一方、息子のティモシーは現在19歳。昨シーズンは冬にセルティックへレンタル移籍するも、リーグ戦11試合で3ゴールに留まっっている。

来季はCLへの出場が決まっているリールでの活躍に注目が集まる。


ジョバンニ・シメオネ

現在、フィオレンティーナに所属しているジョバンニ・シメオネ。父親はアトレティコ・マドリード指揮官ディエゴ・シメオネ監督だ。

父は現役時代、セビージャアトレティコ・マドリードインテルラツィオと渡り歩き、2002年ワールドカップ・日韓大会でもアルゼンチン代表として出場した。その現役時代にはコパ・デル・レイ1回、セリエA1回、コッパ・イタリアを1回制覇している。また監督としてもアトレティコを率いて、リーガ1回、コパ・デル・レイ1回、ヨーロッパリーグ2回、UEFAスーパーカップを1回制している。

今月で24歳になったジョバンニは、2016年夏にジェノアへ移籍すると、9月25日ペスカーラ戦でセリエAゴールを記録。このシーズンリーグ戦で12ゴールを記録した。また2015年に行われた南米ユース選手権では、9ゴールを決め得点王を獲得。フィオレンティーナに移籍してからもゴールを決め続けている。


フェデリコ・キエーザ

パルマ黄金期の中心選手として活躍したエリンコ・キエーザの息子フェデリコ・キエーザ。

父は公式戦511試合に出場し193ゴールマークするなど、セリエA黄金期を支えるファンタジスタのひとりとして活躍。

息子のフェデリコイタリアの期待の星。 ユースの時から高い技術と突破力で有名になり、現在ユべントスも彼の獲得を考えていると報じられている。


ヤニス・ハジ

“東欧のマラドーナ”といわれたゲオルゲ・ハジの息子ヤニス・ハジ。

父親はバルセロナガラタサライプレーし、中でもガラタサライ時代には司令塔として活躍。177試合に出場し、70ゴール62アシストを記録した。

息子のヤニスは父が設立したユースアカデミーで育てられ、現在ベルギーのヘンクでプレーしている。また、2015年では英紙『ガーディアン』で1998年まれの才能のあるサッカー選手50人の中の1人として選出された。


エンツォ・ジダン&ルカ・ジダン

ユベントスレアル・マドリードで活躍したジネティーヌ・ジダンの息子のエンツォ・ジダンとルカ・ジダン

父親は1998年2000年2003年FIFA最優秀選手賞に輝くなどクラブと代表で目覚ましい活躍を残した。また、現役最後の試合となった2006年FIFAワールドカップ決勝ではイタリア代表DFマルコ・マテラッツィへの頭突きで退場し、世界中で話題になった。

また、監督としてレアル・マドリードUEFAチャンピオンズリーグ3連覇に導くなど、監督になってもその実力を示している。

そんなジダンの息子たちだが、エンツォは2017年にマドリードトップチームデビューを果たしたが、その年の夏にアラべスに完全移籍。しかし出場機会に恵まれず、2018年冬にスイス1部のローザンヌに加入。さらに昨年夏にはリーガ2部昇格を決めていたラージョ・マハダオンダにレンタル移籍するなど所属先を転々している。なお、今夏ポルトガル1部のアベスに移籍することが決まっている。

一方、ルカ・ジダンは今夏スペイン2部のラシン・サンタンデールに1年間のレンタル移籍で加入することが決まった。