いよいよ夏本番!そんな7月28日に放送された「林先生の初耳学」(TBS系)で、においの原因になる“ベタベタ汗”の改善方法が紹介され話題を呼んでいる。

【写真を見る】「汗をまったくかかないのが悩み」という山本舞香。美しすぎる肌が眩しい!!

汗のにおいの原因になるのは、塩分が多く含まれた“ベタベタ汗”。蒸発しにくく雑菌が繁殖しやすいため、サラサラ汗よりも嫌なにおいの原因になりやすいという。

実は、そんなベタベタ汗の原因は“老化”。知識豊富な林修をしてもその理由を答えることができず、この知識は初耳学に認定された。

■ ベタベタ汗の原因は“汗腺の老化”

ベタベタ汗になる最大の原因は、肥満でも疲労でも飲酒でもなく、汗を出す汗腺の働きが老化によって衰えてしまうことなのだという。汗腺の働きが衰えることで塩分の再吸収が進まず、塩分がそのまま体外に出ていってしまう。その結果、汗の中の塩分濃度が上がり、汗の粘度も上がって雑菌が繁殖し、においのある“ベタベタ汗”になりやすい。

番組では、10代から50代の汗を計測して塩分濃度を比較。数値が低いほど塩分濃度が低く“サラサラ汗”といえるのだが、それぞれの年代の平均値は10代が1866、20代2350、30代が2580、40代が3600、50代が5230(いずれも単位はppm)。年代が上がるにつれ塩分濃度が上がり“ベタベタ汗”になっていることがわかる。

だが、実は現代では若い世代でも汗腺の老化が進んでいる。クーラーの効いた部屋で汗をかかずに長く過ごすことで汗腺が衰え、ベタベタ汗になりやすい。

■ 「毎日30分汗をかく」で汗腺復活!

しかし、衰えた汗腺はなんと復活可能!汗腺の能力は“汗をかけばかくほどよくなる”もので、毎日20~30分程度汗をかき続ければ7~10日で汗腺の機能は改善。ベタベタだった汗がよりサラサラになっていくのだという。

汗に関する意外な事実に、スタジオでは林が「なるほど!」と納得の表情。SNS視聴者の「暑くなってきたから今日の初耳学すごくタメになった!」「たしかに学生時代の汗は水みたいにサラサラだった」「毎日汗かけばサラサラになってくって情報ありがとうございます!」といった声でにぎわった。

スタジオでは、ゲスト陣の汗に関するお悩みも飛び出した。中島健人が「僕すごく汗をかくんです。コンサートでも入念に髪をセットするんですけど、汗っかきすぎて2曲目でエンディングみたいな髪型になってる」と悩みを打ち明け、一方で「まったく汗をかかないのが悩み」という山本舞香は「アクションシーンで汗をかかないから『必死さが出ない』って言われて、脂みたいなものを足される」と驚きのお悩みを告白し、スタジオを沸かせていた。

次回の「林先生の初耳学」は8月4日に放送する。山本寛斎が特別講師として登場した<アンミカ先生のパリコレ学2>後編を送るほか、林が予備校講師として絶対に間違えられない小テストに挑戦する。(ザテレビジョン

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢