株式会社ヤマハミュージックジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:押木正人)は、日本ホテル株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:里見雅行)が、「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」(東京都港区海岸1丁目)の高層棟内で2020年4月の開業を予定しているホテル「mesm Tokyo, Autograph Collection (メズム東京、オートグラフ コレクション、以下「mesm Tokyo」)」へ、音響機器を納入することが決まりましたのでお知らせします。

ホテルロビーイメージ

「mesm Tokyo」は、“TOKYO WAVES”をコンセプトに、絶えず変化する東京の“今”に根ざしたサービスコンテンツを展開することによりゲストの五感を魅了する、次世代に向けたラグジュアリーなホテルです。五感を魅了する体験のひとつとして、ゲストの聴覚を心地よく刺激する “FGMフォアグラウンドミュージック、以下「FGM」)”を、ロビーおよびバー&ラウンジにて提供します。空間の背景としてさりげなく流れるBGMバックグラウンドミュージック)とは異なり、立体感のある高音質の音楽を、本格的な音響機材で実現する新しい音楽体験です。 東京の“今”を体現するmesmオリジナルの選曲により、訪れたゲストの聴覚を魅了するFGMを提供するほか、アートイベントライブミュージックといった、訪れるゲストの感性を刺激する多彩なアクティビティーをロビーラウンジにて定期的に開催する予定です。

今回、ヤマハミュージックジャパンは本ホテルコンセプトに共感し、音響機器の選定において協力した結果、スピーカーシステム「VXLシリーズ」「VXSシリーズ」「VXCシリーズ」およびパワースピーカー「DXR15mkII」などが採用され、納入が決定しました。


<本ホテルでの主な導入機器>
スピーカーシステム「VXLシリーズ
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/speakers/vxl/index.html
スリムなデザインと高品位で明瞭度の高い拡声・再生を実現したラインアレイスピーカー。幅わずか54mmのスリムなデザインがあらゆる空間の意匠に溶け込み、スピーチはもちろん音楽再生にも最適な高品位なサウンドを実現。
スピーカーシステム「VXSシリーズFモデル
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/speakers/vxs/index.jsp
コンパクトな筐体と全面に滑らかな曲面をもつ優雅なフォルムを備え、広いエリアでも均一で高品位な音質となるようチューニングを施したサーフェスマウントスピーカー。特にBGM再生において格別に心地よい音を再現します。
スピーカーシステム「VXCシリーズ
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/speakers/vxc/index.jsp
心地よい音楽再生と明瞭なアナウンス拡声を実現。施工スペースや必要音圧レベルに応じて選択可能な3つの口径サイズラインアップ。ロー/ハイインピーダンス接続の両方に対応。
パワースピーカー「DXR15mkII」
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/speakers/dxr/index.html
パワフルなClass-Dアンプとハイパワーウーファーをヤマハの最先端技術により組み合わせ、クラス最高の最大出力音圧レベルと再生周波数帯域を実現した、15インチ2wayパワースピーカー



<メズム東京、オートグラフ コレクションについて>
「mesm Tokyo, Autograph Collection (メズム東京、オートグラフ コレクション)」は、JR東日本グループの日本ホテル株式会社が新たに展開するオリジナルブランドです。JR東日本グループが手掛ける竹芝エリアのまちづくり計画「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」内に、2020年4月に開業する、全265部屋を持つ、東京の“今”に根ざし、ゲストの五感を魅了するサービスコンテンツを展開する次世代に向けたラグジュアリーなホテルです。



ヤマハ プロオーディオ 製品情報サイト
https://jp.yamaha.com/products/proaudio/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

配信元企業:ヤマハ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ