日産自動車は、特別仕様車「日産リーフ XVセレクション」を2019年7月25日に発売した。

「日産リーフ」は、ゼロ・エミッションプラスし、電気自動車ならではのスムースでパワフルな加速と低重心を生かした軽快なハンドリングや、安心なドライブサポートする様々な運転支援技術を搭載。

安全性と利便性をアップ

特別仕様車は、「日産リーフ」の40kWh「X」グレードをベースに、利用者から好評だという運転支援技術「プロパイロット」や「インテリジェント アラウンドビューモニター」などの先進安全技術と、17インチアルミホイールを標準装備しながら、リーズナブルな価格を実現した。

「プロパイロット」は、高速道路で単一車線での運転支援技術。渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンアクセルブレーキステアリングの操作をシステムサポートすることで、ドライバーの疲労やストレスを減らしてくれるという。また、「インテリジェント アラウンドビューモニター」は、クルマを上空から見下ろしているかのような映像をディスプレー画面で表示し、ひと目で周囲の状況を把握することで安全性と利便性をアップさせた。

価格は3243240円(税込)~472万9320円(同)。<J-CASTトレンド>

好評の運転支援技術を搭載した特別仕様車