森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:伊達 美和子)は、東京都港区虎ノ門・神谷町駅至近にて開発を推進している「東京ワールドゲート」(街区名称)の核となる、「神谷町トラストタワー」のオフィス区画について、新たに、JT、WeWork (アルファベット順) の入居が決定し、既に入居が決定している、アメリカン・エキスプレス伊藤忠商事株式会社株式会社エイチ・アイ・エス五十音順)と合わせ、2020年3月の竣工に向けてほぼ満室となりましたので、お知らせいたします。
「東京ワールドゲート」は、国際的なビジネス・交流拠点としての整備が進む虎ノ門・神谷町エリアにおいて、世界と日本のゲート機能を担うことを目指す大型都市開発です。核となる「神谷町トラストタワー」には、オフィスを中心に、ホテル、地域の外国人の生活をサポートする生活コンシェルジュ機能、多言語ワンストップ医療機能、産業育成機能、交流を促進するラウンジ、憩いと潤いを提供する緑地空間など、ビジネス・交流を加速する多彩な機能を備えています。
オフィスフロアにおいては、当社のオフィス事業ビジョン「Creative First」に基づき、ワンフロア約1,160坪の無柱の大規模フロアプレートを備え、スケルトン貸し(計6フロア)や、テナント貸室内部階段の設置対応(全館:各フロア6か所)など、企業のニーズにフレキシブルに応えるオフィス環境の提供を実現しています。

このたび入居が決定したJTは、従業員の意識・行動変革を加速させ、一層のイノベーション創出、生産性向上を図ることで更なる飛躍を目指すグローバル企業であり、ワーカーのコミュニケーションの促進や社内外ネットワークの強化に繋がるワークプレイスを構築できる点が評価されました。
また、WeWorkは、城山トラストタワーに続き、当社施設内で2拠点目のコミュニティワークスペースの展開であり、当社が神谷町エリアで推進中の「Co-Creation(コ・クリエイション)」をコンセプトとした共創・共栄の持続可能な街づくりに共感いただき、「神谷町God Valley協議会」にもご参加いただいています。
このように、同一ビル内で、大企業の入居に加え、成長性の高い個人やスタートアップなどが集い、多彩な交流を生むワークスペースを提供することが、当施設および当エリアの更なるオープンイノベーションの促進に繋がるとともに、オフィス事業ビジョン「Creative First」を体現するものだと考えています。

森トラストグループは、今後とも「東京ワールドゲート」をはじめ、虎ノ門・神谷町エリアを「グローバル&クリエイティブなエリア」へと発展させるべく、多種多様な企業・団体を呼び込むことで、創造性と活気にあふれる街づくりを目指してまいります。

東京ワールドゲート

配信元企業:森トラスト株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ