2019年7月31日(水)、東京・江東区ガンダムベース東京イベントスペースにて、『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』最新情報や、ガンダムシリーズの新たなるメディア展開を発表をする「ガンダムシリーズメディア発表会」がおこなわれました。
サンライズ代表取締役社長 浅沼誠氏による挨拶で幕を開けた本発表会では、「ガンダム公式YouTubeチャンネルガンダムチャンネル』」開設がアナウンスされ、これまでのガンダムシリーズ作品や最新作『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』、C3AFA TOKYO 2019内で開催されるガンダムゲームeスポーツ大会「GGGP(ガンダムゲームグランプリ)2019」などが、ガンダムチャンネルで配信される旨が発表されました。

※「ガンダムチャンネル」配信の詳細については、関連記事をご覧ください。

>>ガンダム公式YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」開設!アニメ最新作『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』配信決定!
また、配信が開始されたばかりのスマホ向けアプリガンダムブレイカーモバイル』に、『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』に登場する「アースリィガンダム」「マーズフォーガンダム」が参戦することも決定。こちらのニュースガンダムファンにはうれしいサプライズとなりました。
発表会後半には、ゲストとして声優の古谷徹さん、タレントの十味さんが登壇してスペシャルトークを披露。ガンダムチャンネルの番組に出演予定という十味さんは、『機動戦士ガンダム劇場版三部作を見終えたばかりとのことで、「初心者なので視聴者のみなさんとガンダムについて一緒に勉強していきたい。今、Zガンダムを途中まで見ているのですが、番組がはじまるまでにあまり勉強しすぎないようにと(一緒に登壇した小形プロデューサーに)続きを観るのを止められています」と語り、会場の笑いを誘っていました。
さらに、配信開始にあわせて発売される新作ガンプラや、関連グッズも公開されていました。特にガンプラは初公開となる試作が一挙に展示。BANDAI SPIRITS 安永氏が「作ろうガンプラから遊ぼうガンプラへ」と語るように、“組み換え遊び”の幅がより広がる「コアドッキングカスタム」を掲げた「HG 1/144 アースリィガンダム」は注目の的でした。

今年2019年は40周年のアニバーサリーイヤーとあり、続々と新たなる施策が発表されるガンダムシリーズ。来年には横浜で「動く実物大ガンダム」の公開も予定されています。今後とも、ガンダムシリーズのさらなる展開に注目しましょう!
関連情報

ガンダムチャンネル

『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』公式サイト

「機動戦士ガンダム 40th プロジェクト」公式サイト

公式ガンダム情報ポータルサイト「GUNDAM.INFO」

関連記事

ガンダム公式YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」開設!アニメ最新作『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』配信決定!

ガンプラ初の新機構「コアドッキングカスタム」搭載の「HGBD:R アースリィガンダム」登場!アニメ最新作『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』の機体が続々キット化!

 
作ろうガンプラから遊ぼうガンプラへ——『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』新作ガンプラも一挙展示された「ガンダムシリーズ新メディア発表会」の模様を詳細レポート!