石原さとみが29日、東京ドームで開催された『サントリー ドリームマッチ 201』の始球式に登場。"ノールック投法"で投げた球は、落ちることなく古田敦也のミットに収まり、会場を沸かせた。

サントリー ドリームマッチ』は"夢や感動を伝えたい"をコンセプトに、かつての名選手らが再びチームを組んで戦う、一夜限りの"夢の球宴"。24回目を迎えた今回は、高橋由伸桧山進次郎ランディ・バース桑田真澄立浪和義井川慶など、往年の選手らが出場した。

始球式前に乾杯! 『ザ・プレミアム・モルツ』を飲んでおいしそうな表情をみせる石原
始球式前に乾杯! 『ザ・プレミアム・モルツ』を飲んでおいしそうな表情をみせる石原

石原が、今大会で始球式を務めるのは6年連続6度目。これまでマサカリ投法トルネード投法サブマリン投法などさまざまな投球でチャレンジしている。司会を務めた徳光和夫も「石原さんはいろんなピッチャーの投球を研究して再現してくれる。ご覧になって楽しみにしてください。ちなみにスイッチピッチャーです、左右いけますl」とアピール

「やりたい投法があるってことを毎年思います。今年も筋肉痛になりながら頑張っていますので、いいスタートが切れるように頑張りたいと思います」

と観客の期待に応えるように、意気込みを明かした。

細い足でも軸がぶれることなく投球
細い足でも軸がぶれることなく投球

最初は観客に大きく手を振るなど、終始笑顔だった石原だが、マウンドにあがると真剣な顔つきに。呼吸を整え投げたボールは大きな弧を描いて、キャッチャーを務めた古田の元へ。

ノーバン成功でうれしそうに笑う石原
ノーバン成功でうれしそうに笑う石原

投げる際に打者を見ない"ノールック投法"だっため、石原自身はその瞬間を見られなかったが、ノーバウンドで届いたことがわかると満面の笑み。古田と握手を交わすと、すぐに今回の"ノールック投法"を教わった岡島秀樹へ駆け寄ってハグをするほど大はしゃぎ。そして、古田の自撮りによる記念撮影でその喜びを分かち合った。

その後も弾ける笑顔のまま、観客席へボールを投げるなど、興奮冷めやらぬ様子でグランドを後にした。

自撮りをする3人。石原が古田にスマホの操作を教える一幕も
自撮りをする3人。石原が古田にスマホの操作を教える一幕も

取材・文/鯨井隆正 撮影/五十嵐和博

見事なノールック投法で投げた石原さとみ