一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)東京支部(支部長:舟橋竹彦)は8月11日(日・祝)、イオンモールむさし村山で開催される「スーパーフォーミュラヴァーチャルシリーズ 第2回西東京大会」にブースを出展します。今回のブースでは「子ども安全免許証」の発行などを実施し、大会の来場者および同伴者、イオンモール来店者へ交通安全を啓発します。
スーパーフォーミュラヴァーチャルシリーズとは
スーパーフォーミュラヴァーチャルシリーズ」は、JAFの認定シリーズとして株式会社日本レースプロモーションが本年度から開催しているデジタルモータースポーツイベントです。参加者はイベント会場にて「プレイステーション4」(PS4(R))用ソフトウェアグランツーリスモSPORT」(※)に搭載されたスーパーフォーミュラの新型車両「SF19」を用いて競技に参加し、上位を目指します。

シリーズは全4回を予定しており、西東京大会は第2回の開催です。第1回~第3回までの上位者は、スーパーフォーミュラ最終戦の決勝日に鈴鹿サーキット特設会場で開催される「鈴鹿グランド大会」に出場することができます。

※「プレイステーション」「グランツーリスモ」および「PS4」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの商標または登録商標です。

■JAFブース出展概要
JAF東京支部のブースでは、大会の来場者および同伴者、イオンモールむさし村山の来店者を対象に交通安全啓発を目的として「子ども安全免許証」を無料発行します。「子ども安全免許証」は本物の運転免許証に似たデザインカードで、名前・誕生日を入力し顔写真を撮影、最後に交通安全クイズに回答すると発行されます。

子ども安全免許証イメージ
子ども安全免許証作成中の様子

【日時】
8月11日(日・祝)11時15時
※「スーパーフォーミュラヴァーチャルシリーズ 第2回西東京大会」のスケジュールについては、スーパーフォーミュラ公式ホームページをご確認ください。

【場所】
イオンモールむさし村山(東京都武蔵村山市榎1-1-3)

【出展内容】
子ども安全免許証発行 ほか

【協力】
イオンモールむさし村山

配信元企業:一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ