詳細画像はこちら

もくじ

人気の理由 ヘッドライト
優雅なボディ レースで活躍した性能
蘇ったグリジオ・ヴィノーヴォ
クラシケ認定付き

人気の理由 ヘッドライト

稀少な1958年フェラーリ250GT LWBカリフォルニアスパイダーが、8月のモントレー・カーウィークで行われるオークションに出品される。自動車オークション史上でも上位に入る高値が付くことは間違いないだろう。

シャシー・ナンバ1055 GTは、わずか50台しか生産されなかったロングホイールベースカリフォルニアスパイダーで11番目に製造された個体だ(カリフォルニアスパイダーは、他にショートホイールベース仕様が56台製造)。その予想落札価格は驚きの1100万〜1300万ドル(約12億〜14億円)とされている。

ただし、この個体はそれだけの値に相当する特別なクルマだ。シャシー、エンジン、ギアボックス、サスペンション、ボディワークといった各コンポーネントが、すべてオリジナルマッチング・ナンバー車で、人気の高いアクリルカバー付きヘッドライトを装備する。

詳細画像はこちら

徹底的なレストアによる完璧な状態に仕上げられており、しかも当時のレースで見事な戦績を収めたヒストリーまで付いている。

このカリフォルニアスパイダーは、モントレー・カーウィーク期間中の8月16・17日(現地時間)に開催されるグッディング&カンパニーによるペブルビーチ・オークションに出品される予定だ。

優雅なボディ レースで活躍した性能

カリフォルニアスパイダーは、最も美しいフェラーリと広く認められ、常にそれに相応しい高額で取引されてきた。実際、2014年にはこれとよく似た個体がRMサザビーズのオークションで880万ドルという落札価格を記録している。

カロッツェリア・スカリエッティ製の見事なボディを持つカリフォルニアスパイダーは、その名前が示唆するように、当時の好景気に沸く米国市場に向けて作られた。

米国の2大フェラーリディーラーであるルイジ・キネッティとジョン・フォン・ノイマンは、同国の若くて裕福な顧客向けに、250GTベルリネッタのオープントップバージョンをマラネッロに提案した。

詳細画像はこちら

カリフォルニアスパイダーは単なる見せびらかし用のポニーではない。優雅な外観の下に秘めた実力を、サーキットでこそ発揮できる本物のサラブレッドだ。なんと言ってもそのベースとなっているのは、フェラーリの最も優れたレースカーの1台である250GTツール・ド・フランスなのだから。

ボンネットの下に搭載されている3.0ℓV12エンジンは、最高出力240psを7000rpmで発生(公称値)。スティールとアルミニウムを組み合わせた軽量なボディにより、最高速度は252km/hに達すると謳われていた。

1950年代後半から60年代前半に掛けて多くのレースで成功を収め、1959年ル・マン24時間レースでは、キネッティのNARTノース・アメリカン・レーシングチーム)から参戦したカリフォルニアスパイダーが総合5位に入賞したことさえある。

蘇ったグリジオ・ヴィノーヴォ

今回のオークションに出品される1055 GTはそこまでの戦績を残したわけではないが、それでも同時代のレースでは十分に立派な成績を収めた。1962年1月に米国フロリダ州で行われたオセオラ・グランプリでは、レース初出場でクラス優勝、総合でも2位でフィニッシュした。

詳細画像はこちら

1959年ルイジ・キネッティ・モーターズから新車として販売された1055 GTは、テキサス州に住む弁護士が最初のオーナーとなった。フェラーリの研究者が調べたこのクルマの歴史に関する書類を見ると、雑誌「フェラーリ・マーケット・レター」を出版したジェラルド・ロウシュや、コレクターアンソニー・ワン、ハンズ・チューリンといった著名人も、歴代オーナーに名前を連ねている。

近年には、現在のオーナーである米国人コレクターの意思によって金額に糸目を付けない完璧なレストアが施され、当時の純正カラーだったグリジオ・ヴィノーヴォ(ソリッドグレー)の外装と、ブラウンのレザー・インテリアという組み合わせに仕上げられている。作業を手掛けたのは、ヴィンテージフェラーリ専門レストアラーとして有名な米国ウィスコンシン州のモーション・プロダクツだ。

クラシケ認定付き

ヴィンテージフェラーリの世界で、250GTカリフォルニアスパイダーが格別の存在であることは、多くの人が同意するところでしょう」と、グッディング&カンパニーの創設者デビッド・グッディングは語る。

詳細画像はこちら

「それは典型的なオープンフェラーリです。中でもこの個体には、人気が高いアクリルカバー付きヘッドライトや、フェラーリ・クラシケによる認定書、多くの受賞歴と、個性的な素晴らしいカラースキームが備わっています」

グッディング&カンパニーのペプルビーチ・オークションには、他にも多くの特別なクルマが出品される予定だ。中には、ニキ・ラウダがF1世界チャンピオンに輝いた1975年シーズンドライブしたフェラーリ312Tや、1958年フェラーリ250GTツール・ド・フランス1953年アルファ・ロメオ6C3000CMスーパーフローIVなどが含まれる。


オークションの記事
12億円予想 フェラーリ250GT LWBカリフォルニア・スパイダー、オークションに
日本車が多数 1990年代の人気車、英のオークションに 10台の予想落札額
新型ベントレー・フライングスパー限定車 エルトン・ジョン・エイズ財団に寄贈 8465万円で落札
ランボルギーニ・ミウラ 落札額、1億超えか 新車からの整備は2か所 「奇跡の個体」

フェラーリの記事
12億円予想 フェラーリ250GT LWBカリフォルニア・スパイダー、オークションに
フェラーリ幹部 「新セグメントに進出し、成長を図る」 年内発表か
フェラーリF1期待の新星 シャルル・ルクレール 才能に疑いなし 勝利は今夜?
フェラーリのワンオフ・モデル、5年待ち オーダー受付は最上級の顧客のみ

12億円予想 フェラーリ250GT LWBカリフォルニア・スパイダー、オークションに