パーマの種類とダメージについて
パーマの種類とダメージについて

ファッションに合わせてヘアスタイルの雰囲気も変えたい!という人にオススメなのがパーマです!

しかし、美容室によってパーマの名前が違ったり、様々な種類があってどれがいいのか分からない、パーマをかけたいけど、失敗したことがあるから迷っているなど…お悩みの方も多いのではないでしょうか。

実はパーマというのはクリープパーマや、コスメパーマなど色々な名前がありますが、大きく分けると2つしかありません。

それが、「コールドパーマ」と「ホットパーマ」です。

今回は、このようなパーマの種類とパーマによる髪のダメージについて紹介します。

コールドパーマについて

コールドパーマとは、いわゆる普通のパーマのことです。

美容室でパーマと書いたメニューがあれば、基本こちらだと思ってください。

スポイトのようなもので薬液をつけてかけるパーマで、最もダメージを抑えられるものです。

コールドパーマの注意点としては、基本はデジタルパーマをかけている髪にはかけられないことです。

コールドパーマに分類されるパーマとして、下記が挙げられます。

コスメパーマ

コスメパーマとは、化粧品登録されている薬液でかけるため、比較的ダメージを抑えられるものです。
今では、コールドパーマはほとんどこの薬剤を使っているお店が多いです。

クリープパーマ

クリープパーマとは、普通のパーマの最中に乾かしたり、湿熱を加えるなどの作業でパーマのかかりをよくする作業を組み込んだものです。

ホットパーマについて

ホットパーマとは、名前の通り熱を加えて行います。
ホットパーマに分類されるパーマとして、下記が挙げられます。

デジタルパーマ

デジタルパーマは、巻いた後に電気で熱を加えるものです。巻いた後にコードを繋げて温めます。普通のパーマより時間がかかるため料金も高くなります。

縮毛矯正

ちなみに縮毛矯正もデジタルパーマと同じ理論で、アイロンによる熱でクセをのばします。
お手入れがとても楽なのがいい所ですが、普通のパーマよりダメージを受けますので注意が必要です。

エアウェーブ

エアウェーブとはデジタルパーマと似たもので、デジタルパーマが電気での熱に対し、エアウェーブは温風をもちいたものになります。
デジタルパーマに比べればダメージは抑えられますが、モチは劣ります。

パーマによるダメージについて

パーマや縮毛矯正をかけると、やはりダメージが気になりますよね。
髪を傷ませずにかけることは不可能です。

そこで、少しでも髪を傷ませないようにパーマや縮毛矯正をかけるためには、現状の髪のダメージレベルに合った薬剤を選定することが大切です。

パーマや縮毛矯正の1剤に必要な化学薬品は、還元剤とアルカリ剤があり、それぞれ特徴があります。

還元剤について

1.チオグリコール酸・・・シスチン結合を切断するスピードが速く、立体感のあるウエーブが出やすい薬剤。パーマがかかりにくい髪質に適しています。

2.システイン・・・シスチン結合を切断するスピードが遅く、ゆるやかなウエーブが出やすいです。パーマがかかりやすい髪質や、ダメージレベルが高い髪質にもかけられるソフトな薬剤です。

アルカリ剤について

そして、アルカリ剤はアンモニア水、モノエタノールアミン、炭酸水素アンモニウムなどがあり、毛髪を膨潤させ、還元剤の働きを高めます。

毛髪を見極めて、それぞれ配合されている薬剤を選定するのが美容師の役割です。

酸化剤について

1剤で切断されたシスチン結合を再結合するために、酸化剤を使います。酸化剤は2種類ありますが1剤に合うものが自ずと決まっているので、1剤と2剤はペアで同じ種類を使います。

1.臭素酸ナトリウム・・・酸化力が弱いため、ある程度の放置時間が必要で、しっとりとした柔らかい質感が得られます。

2.過酸化水素・・・酸化力が強いため、放置時間が短く設定でき、軽い質感が得られます。

また、パーマや縮毛矯正をかけるには、薬剤を浸透させる時間が必要なのですが、必要以上の時間を置いてしまうことをオーバータイムと呼び、ダメージに繋がります。

かかりにくい髪質には、還元力の強い薬剤を選ぶのですが、還元スピードが速いため、オーバータイムを起こしやすいという注意点があります。

髪に優しいパーマとパーマ後のケアについて

パーマをするとなぜ髪が傷むのか

パーマをかけると、頭皮がヒリヒリしたり痒くなったことはありませんか?
その原因として、パーマをかける時に使用するパーマ液が影響している可能性があります。

パーマ液の中には強い化学成分が入っており、この成分が髪の毛ダメージを与えることがあります。
何度もパーマをかけることで髪の毛が弱まり、頭皮に栄養が行き届かなくなります。

また、パーマ液が頭皮につくことで髪の毛だけでなく頭皮も傷つけてしまい、痒みや湿疹が発生します。
それを放置したままでいると、頭皮環境をさらに悪化させることにもつながります。

比較的髪が傷みにくいパーマの種類

パーマは薬剤によって髪の毛の形を変えるものですので、髪へのダメージは防ぎきれません。
しかし、パーマの種類によっては髪の毛へのダメージが少ないものもあります。

パーマの種類によって異なりますが、髪の毛へのダメージが少ないといわれているのが「水パーマ」です。

水パーマとは蒸気の力を利用して行うパーマのことで、従来のパーマに比べて薬剤の使用量を少なくすることができ、さらに短時間でパーマをかけることができるので、髪の毛への負担を軽減することができます。

パーマ後のケアについて

パーマ後は頭皮が過敏な状態になっているので、あまり頭皮を刺激しないよう注意しながらケアを行う必要があります。

パーマ後は頭皮が乾燥しやすく傷つきやすいので、シャンプーの際には強くこすらず優しく洗うようにしましょう。

また、パーマ後は皮脂が奪われやすくなっていますので、洗浄力の強いシャンプーで洗うと必要以上に皮脂を洗い流してしまいます。
パーマ後は、刺激の少ないアミノ酸シャンプーで洗うことをおすすめします。

パーマには様々な種類があります。それぞれパーマのかかり具合や髪へのダメージが異なっているのでご自身に合ったパーマを見つけて試してみてください。

縮毛矯正とストレートパーマの違い