webサイト「ザテレビジョン」では、8月1日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】公式Instagramには高橋&中村がともに右手を胸に当てたポーズで写った2ショットがアップされ「#慎二やべぇ#ゴンもやべぇ#凪守りてぇ〜」と盛り上がった「凪のお暇」が1位に

1位「凪のお暇」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)6316pt

主人公・凪(黒木華)をめぐる2人の男性、元カレの慎二(高橋一生)と、凪の隣人・ゴン(中村倫也)。どちら派かで視聴者が盛り上がっている本作。

8月2日(金)放送の第3話を前に、公式Twitterでは本を読む高橋の後ろ姿のオフショット、公式Instagramには高橋&中村がともに右手を胸に当てたポーズで写った2ショットアップされた。

それぞれの投稿には「#慎二やべぇ#ゴンもやべぇ#凪守りてぇ〜」と、おなじみのハッシュタグが付けられていたが、「きっと明日は龍子もやべぇと叫ぶはず」ともつづられていた。

市川実日子が演じる龍子は、凪がハローワークで出会った女性。第3話では、凪の近所に引っ越してきた龍子が凪に内緒で婚活パーティに申し込む。予告では、ゴンが凪の口元に触れながら「凪ちゃんって、本当かわいい…」とつぶやくシーンや、慎二が凪の手を取り歩き出すシーンも。

放送を待ちわびる視聴者からは、「明日のやべぇも楽しみ」といった声が上がった。

2位「ルパンの娘」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)3956pt

8月1日に第4話を放送。和馬(瀬戸康史)と元警視総監の孫娘・エミリ(岸井ゆきの)の見合いを目撃した円城寺(大貫勇輔)に連れられ、華(深田恭子)は2人のデート現場へ。円城寺が仕掛けた盗聴器で会話を聞いていた華。実は和馬は結婚を断っていたが、断片的な会話から誤解してしまう。

そんな時、華の父・尊(渡部篤郎)らは、国際ロマンス詐欺師を新たなターゲットにする。被害者の1人が働いている図書館で出会った智子(山崎静代)と知った華は、自分も詐欺師のもとに出向く。

華が制裁を下し、男を縛り上げて立ち去ろうとした時、和馬がやって来る。「見つけたぞ!Lの一族」という言葉に固まった華。その横顔を見た和馬は「華…」とつぶやいた。

ドラマ中盤にして華の正体が知られたかという展開に驚きが広まった。

3位「なつぞら」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)3441pt

8月1日に第106話が放送された。坂場(中川大志)の思い描くイメージの要求が高すぎて、長編映画の制作がなかなか進まない。なつ(広瀬すず)は、仲(井浦新)から「参考になれば」と託されたキャラクターの絵が入った袋を坂場に渡す。

それを見た坂場は、仲に対して抱いていた思いが誤りだったことに気づき、仲に力を貸してほしいと頼む。

仲の思いが通じたことに、視聴者もホッと一安心。また、公式SNSでは、仲が描いたキャラクターの絵を、本作のアニメーション時代考証を担当している小田部羊一さんが描いたものと明かした。

小田部さんは「アルプスの少女ハイジ」など数々の有名なキャラクターデザインを手がけたことで知られ、アニメファンからは「感動」「激アツ」といったコメントが寄せられた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン

8月2日の「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門は、高橋一生と中村倫也演じるダメ男子が話題の「凪のお暇」がランクイン