東京大学中退という異色な経歴を持ちながら、明晰な頭脳を生かしマルチに活躍するラッパー・ダースレイダー(42歳)。

darth

 この連載では、2010年脳梗塞で左眼の視力を失い、一度は余命5年を宣告された彼が、現代日本で起きている政治や社会の問題に斬り込む。今回のテーマは「若者の政治離れ」だ。2019年7月に行われた参議院選挙では、投票率が戦後2番目の低さとなる48.8%であった。

 特に若年層での低さが目立ち、18歳と19歳を合わせると投票率は31.33%。全体の投票率を大きく下回る結果となっている。

若者は「政治で何かが変わる体験」をしていない

――なぜ、若者の投票率は低いのか?

ダースレイダー:30代中盤くらいまでの人たちって、政治によって何かが変わるという体験をしていないんですよ。政治というものに関わることで自分らの生活環境が変わったり、親の生活環境が変わったりだとか、そういったドラスティックな変化をそもそも体験していないし、記憶もしてないから、急に参加しろっていわれても、「何になんの?」って、実感としてわからない。ギリギリ民主党政権を経験していたとしても、不慣れな政権運営だったり、東日本大震災もあったから、そもそも政治うんぬんっていう経験ではなかった。

 年金の話だって若年層の人にとってみたら「何年先の話だよ」っていう。リアリティはまったく感じられないよね。

 よほど関心をもって歴史とかを勉強していた人であれば別だけど、現在の若者の労働環境とかを考えると、忙しくて自分の生活のパーセンテージを幾分も割く余裕がない。で、基本的には今がギリギリだから、これで変わって悪くなったりしたらエラい困るし。っていう、体験してないものに対する恐れがあるんだと思う。

 変化してよくなるってことが想像できないから、多くの人が現政権という“現状維持”のほうに投票しているし。「投票しない」という選択をしているということ自体が意思表示だという意見もある。単純に「現状維持でいいです、この議論には不参加です」という意思表示をしていると。

 でも、それって「選挙のこと考えている前提でしょ?」「現状を知ってる前提でしょ?」って。そこ整えてないで、急にムチでバーン叩かれて、お前投票行けって言われても、まあきついでしょう。

メディアが「現状」を報道できていない

メディア
※画像はイメージです(以下、同じ)
ダースレイダー:ただ、「投票しない」という意思表示をした結果、現状維持になるのかってところまで考えたら「あれ、今の政権に任せたら現状維持できないんじゃね?」と気づく。それで初めて、政治参加できる。

 でも、そこに至るまでには、まずはメディアが「現状って何?」ってところをちゃんと報道しなきゃいけない。現状を維持するためには何が必要かっていうことも情報として提供しなくてはいけない。

 日本は選挙が公示されてからそれらの話題が逆に減るっていう国です。すべての候補を中立に報道しなければいけないっていう謎の日本のルールがあって、それをやろうとすると全候補者を扱うのは無理だから、結局何も扱わないっていう逆転の方向に行っている。

 せめて7月4日に公示があってから連日選挙の話をするっていう意識で報道が動かないと。それで視聴者が「選挙の話ばっかりでイヤだな~」って思っても、勝手に耳に入ってくる状況が当たり前にしとかないと、まあ難しいと思いますね。

 アメリカ的な考え方ですけど、メディア全体としてバランスが取れていればよくて。ひとつの局、ひとつの番組の中でバランスを取ろうとするから難しくなるわけで。50分の番組内で全部をバランスよく取り上げるって無理なんで、もう思考停止しちゃってる。報道の決まりはもう考えずに、各番組ごとにどんどん選挙を盛り上げていくということでいいと思う。

現状が改ざんされている“現状”

ダースレイダー:さらには「現状が何か」っていうのを知るために必要なデータが実は書き換えられてたり、公文書が破棄されていたりっていう、現状を認識させないための、あの手この手のことがすでに行われているわけ。それも報道がちゃんとされていないから、知らない人が多い。

 なんで、厚労省の勤労統計のデータが改ざんされているのが問題なのかっていうと、現状維持を選択する人の“現状”をそもそも曲げられていることだから。現状維持を本当に選択したいなら、選挙に行くという選択肢が出てくるはずなんだけど、みんなそこまで至ってないんだと思う。

 僕は両親に子供のころいつも選挙に連れて行かれていて、両親が投票する姿をみて、帰り道とかに「どこに入れたの?」みたいなことを聞いたら、「自分で決められるようになったら、参加できるようになるんだよ」みたいな話をしてくれて……。それが僕の記憶の資源として埋め込まれているんです。

選挙という“記憶の資源”

選挙

ダースレイダー:これが大人になって、選挙がトリガーとなって「そういえば連れて行ってもらったな」みたいな。そんときは意味はわからなかったけど、「あのときに両親がやっていたのはこういうことなんだ」と記憶が蘇る。これが教育ということだと思う。

 何で行かないんだって怒ってる大人の人たちいますけどね。今の20代、30代の親世代の40代、50代がかつてそういう記憶を子供に埋め込んでたかというと、サボってたんじゃないの?って思う。

 これはそのツケが回ってきた結果だと思うし、この先、基本的には投票にいくという原風景を埋め込まれていない人たちがどんどん有権者になっていくんだよね。

 しばらくはしょうがないんですけど、今からでも気づいた人は、自分の子供を投票所に連れて行ってみたりしたらいいと思います。

政治にクールな人たちの存在

――糸井重里さんがTwitterで下記のような発信をして「無責任」などと批判を浴びていました。70代くらいの人で、糸井さんのように政治にややクールな態度をとる人も多いように思います。



=====
投票用紙に、『好きではないけど』とか「今回限りと思ってほしい」とか、「応援してるけど、無策過ぎ」とか書く欄があったら、なんの足しにもならなくても、もうちょっと行った気になれる。ヨックモックを買って帰る。(※糸井重里公式Twitterより)
=====

ダースレイダー:糸井さん世代の1960年代、70年代の体験をしている人にとっては、「熱く政治を語る」という前提があってのニヒルな態度。80年代に入ったタイミングで「熱いのって格好悪いよね」って言ってるのと、今言うのとでは全然前提が違うわけで。

 かつてはカウンターだったのが、今は違うということに気づいていなくて、現状をあんまり考えずに喋っているんだろうなと。

選挙に行かない若者へ

darth

――選挙に行かない10代、20代に何かメッセージは?

ダースレイダー選挙っていうのは、みんなが参加すれば政治が変わるけど、みんなが参加しなければ変わらないっていう“ゲーム”。投票率ってこの社会に参加している人のパーセンテージでもあるわけだから。

 社会の中で生きていて、自分がそこに意見を出さないってことは、全部“やってもらってる”んですよ。「こういうふうにすればいいから」「このお金払えばいいから」って言われたまま生活していくっていう状況が、自分の生き方としていいのかっていうのはどっちみち考えるタイミングがくると思う。

 ヒップホップは自分の居場所を確認する考え方。自分はどこから出てきて、いまどこにいて、どこに向かってるのかっていう。自分というものを確定するためには自分がいる環境、社会、仲間っていうものをわかんないと自分が何者なのかもわかんないわけで。

「いま歩いてる道路ってどうやってできてんだ?」
「乗ってる電車ってどういうルールで動いてんの?」
「なんで消費税払ってんだ」

 みたいな、決められたことを「本当にそうなのか? ちょっとまって、自分で決めるよ」って疑う発想がエネルギーになってるのがヒップホップなんだよね。だから、ヒップホップを好きな人で選挙に行かないっていうのはちょっと意味がわからない

 結局、「自分で決める」以外の要素って選挙にはない。自分で決めないんだったら全然行かなくていいんですよ。その結果、若者の投票率が低いってことは「自分で決めない人がたくさんいる層なんですね」ってだけ。今回も、ある種48%の人しか、この社会を自分が生きる場所として考える人がいなかったんだなってことでしかないから。

 で、自分はどっち側にいたいの?って。自分で考える人? それとも人に任せてぶうぶう文句だけいう人? 選ぼうってことですね。

<構成/鴨居理子 撮影/山口康仁>

【ダースレイダー】

1977年パリで⽣まれ、幼少期をロンドンで過ごす。東京⼤学に⼊学するも、ラップ活動に傾倒し中退。2010年6⽉に脳梗塞で倒れ合併症で左⽬を失明するも、現在は司会や執筆と様々な活動を続けている。