かわいい少女が魔法のパワーで人助けしたり、自分の夢や恋を叶えようとしたり――1966年の『魔法使いサリー』から始まった、いわゆる“魔法少女モノ”は今なおアニメ・漫画で代表的なジャンルのひとつだ。今年だけでも、社会現象を巻き起こした『魔法少女まどか☆マギカ』の劇場アニメが公開予定、そして3月には人気シリーズ魔法少女リリカルなのは』の劇場アニメ3作目、新顔として『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』のアニメ製作が立て続けに発表された。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

魔女っ子アニメなんて小学生の女子が見るものでしょ……と思っているアナタ、現代の魔法少女モノはむしろ男子向けなのでありますぞ! ということで今回は注目の魔法少女アニメを3つ、予備知識ゼロの人にむけて紹介させていただきたい。記者の主観や若干のネタバレが入ってしまう点はあらかじめご了承を。

衝撃展開でド肝を抜いた『魔法少女まどか☆マギカ』

【みどころ】
視聴者を絶望に叩き落とすダークな物語展開
魔法少女アニメテンプレを逆手に取ったさまざまな作劇ギミック
・腹黒マスコットキャラ、キュウべぇの清々しい外道っぷり

2011年に深夜アニメとしてTV放送され、全12話の短さながら熱狂的なファンを獲得して一大ムーブメントとなった。ブルーレイの初週売り上げはTVアニメ歴代ナンバーワン記録を更新。その後もゲームコミカライズ、ノベライズ、さまざまな企業とのタイアップ企画など人気は継続。劇場アニメ公開が前後編で予定されている。メディアへの露出も多く、非オタク層でもタイトルくらいなら知っている人は多いのではないだろうか。

放送当初はストーリー根幹に関わる情報がうまく隠蔽され、一見するとテンプレ通りの魔法少女モノだった。平凡な中学生まどかが謎の転校生や「キュウべぇ」と名乗る小動物に出会い、この世界には悪い魔女と戦う“魔法少女”がいることを知る。キュウべぇが自分に向けて「僕と契約して魔法少女になってよ!」と勧誘してくる中で、まどかは他の魔法少女たちと関わりながら、どんな決断をするのか……?

こうした初期ストーリーなわけだが、『まどか☆マギカ』はあらゆる点でそのテンプレを打ち破っていく。まず第1話で主人公ヒロイン)は魔法少女に変身するのが定番パターンだが、本作のまどかはなかなか契約も変身もしない。代わりに彼女は先輩や同級生魔法少女になり、その力で何を願い、どういう結末に至るのかを見届ける役割を果たしていく。最終的なネタバレは避けるが、視聴者は「いつになったら魔法少女になるんだよ? もう終盤だぞ」とやきもきしながら見守ったものだ。

そもそも、まどかがすぐ魔法少女とならなかったのも、この世界観で“魔法少女になる”ということ自体に途方もないデメリットが隠されていたからだ。願い事が1つ叶えられるのを条件に契約すると、彼女らには過酷すぎる運命が待ち受けている。とりわけ中盤以降のダークすぎる展開は、鬱アニメで鍛えられたオタクたちさえもドン引きさせた。古くからの「魔法少女は自分にも他人にも希望をもたらす存在」というテンプレが、ここでも見事にひっくり返されている。

そしてテンプレ打破の最高峰は、くりくりした目がかわいらしいマスコット(っぽい)キャラ・キュウべぇの存在だろう。普通の魔法少女にも使い魔として鳥や猫などが付いているが、一見そんな感じのキャラである。が、実はこいつがとんでもない食わせ者。「魔法少女になってよ!」と勧誘してくるくせに、その契約の大きすぎるリスクを一切説明しなかったのもコイツだ。マスコットキャラヒロインを魔法の世界に誘い、よき理解者でアドバイザーである……という先入観をもっていた視聴者は、次々に明かされていくキュウべぇの外道っぷりに驚かされることになる。

こうした従来型の魔法少女アニメに対するアンチテーゼのようなものが作中いたるところに散りばめられているが、決して奇をてらっただけのギミックではない。「魔法少女」や「キュウべぇ」という呼び名の理由も含めて、最終的にはストーリーが見事に一点へ収束する。ストーリーや設定の練り込み、作画クオリティ、音楽、戦闘シーンの演出……すべてが高レベルで、さすが『エヴァンゲリオン』以来の社会現象を起こしたとも言われる作品だけにスキがない。魔法少女というカテゴリで食わず嫌いしていた人にこそ、ぜひ見てほしい逸品だ。

圧倒的なバトル描写!『魔法少女リリカルなのは

圧倒的なバトル描写の『魔法少女リリカルなのは』

【みどころ】
・美麗なビジュアルと徹底した視聴者サービスシーン
・大火力を持った魔法少女たちによる壮絶&痛快バトル
マニアックな武装、戦術、組織描写

TVアニメとしての『魔法少女リリカルなのはシリーズは『まどか☆マギカ』よりずっと歴史が古く、2004年に第1期がスタートしてから第3期までに全52話が放送されている。アニメから漫画に移行した第4期『魔法戦記リリカルなのはForce』も連載中。そしてTVシリーズベースにした劇場アニメ2作も好評。ついに3作目の製作が発表され、まだまだ人気は健在だ。

ストーリーの基本は、まさしく魔法少女モノの正しい定番パターン。平凡な小学生・なのはが異世界からやってきたフェレットに出会い、それを追ってきたモンスターとも遭遇。言葉を話すフェレット(実は異世界の少年が化けた姿)の導きで魔法少女となったなのはは、モンスター発生の原因を断つために魔法の力で戦っていく。

こんな『リリカルなのは』が魔法少女テンプレから大きく逸脱している点は、とんでもない超火力が飛びかう戦闘シーンの激しさからだ。この作品はいくつもの異世界があり、魔法少女に限らず大人の魔導師もたくさんいるような設定。そんな中で、なのはは我々(視聴者)の時空が生んだ天才魔法少女。愛用の魔法杖「レイジングハート」で華麗に変身して、ありあまる魔力を注ぎ込んだ砲撃でライバルたちを次々に撃沈する。戦った相手の多くは後に味方となるなど、ド派手な戦闘シーンも含めて全体のノリは少年ジャンプ的だ。

序盤こそ苦戦は多かったが、シリーズが2期・3期と進むにつれてなのはの戦闘力も急上昇。もはや常識的な魔法少女レベルを超え、ドラゴンボールとかガンダムとかそんなレベルの戦闘を繰り広げるようになった。そのため本作のジャンル魔法少女ではなく“魔砲少女”とも呼ばれ、またガンダムの戦闘メカ(MS=モビルスーツ)に引っ掛けて、魔法少女をMSと略するなど大火力に由来するネタで親しまれてきた。なのはの異名も公式では「エースオブエース」、ファンの間では「管理局の白い魔王」など、かわいい外見に似合わず戦闘力を強調したネーミングが多い。

なのはのライバルや仲間も、それぞれ美女・美少女でありながら凄腕の魔法使い揃い。砲撃メインのなのはに対し、魔力を秘めた大剣・ハンマー・弓などで戦う個性的なスタイルバトルを盛り上げる。また、これも魔法少女モノの定番だが、日常の服装から戦闘用にコスチュームチェンジするシーンは光に包まれて脱衣するのが基本。全体として着替え入浴シーンなど男性視聴者向けのサービスが豊富で“萌え”と“燃え”の両方が存分に楽しめる。

膨大な情報量がすごいプリズマ☆イリヤ

膨大な情報量に支えられた『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』

【みどころ】
・人気シリーズのスピンアウト漫画が待望のアニメ化
・戦いあり、友情あり、ドタバタあり、シリアスありの正統派(?)魔法少女コメディ
・膨大な『Fate』世界の情報量をコンパクトに凝縮

2013年夏からアニメ放送が発表された魔法少女モノのニューフェイス。世界観やキャラクターベースになるのは10年以上も人気を誇るビジュアルノベルゲームFate/stay night』で、そういう意味では非常に歴史あるコンテンツの一部と言えるかもしれない。コミックスは全2巻でひとまず完結し、現在は『プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』→『プリズマ☆イリヤ ドライ!!』と3シリーズ目の連載に突入している。

初期のストーリーはこれまた定番というか鉄板。日本の学校に通う平凡な小学生の(こればっかりだな)イリヤスフィールが、いきなり魔術師の戦いに遭遇。ひょんなきっかけから魔法のステッキで変身することになり、町で発生する異変と戦っていく。

先に紹介した2作品よりシリアス展開は控えめで、ギャグコメディのドタバタ要素が多め。また、あざとさ満点の読者サービスシーンは『リリカルなのは』さえも上回っている。その一方で戦闘シーン描写にも手抜きはなく、『Fateシリーズの設定をうまく生かした描写がなされている。

スピンアウト元の『Fate/stay night』は、魔術が人知れず存在する現代で、どんな願いも叶えるという“聖杯”をめぐり、魔術師たちが魔力と策謀を尽くして戦うストーリー。特徴的なのが、ヘラクレスアーサー王といった伝説の英雄を使い魔(英霊=サーヴァント)として召喚し、その力を借りながら戦っていくという聖杯争奪戦のルール。いわば『ジョジョ』のスタンドが、もっと具体的な自我をもったようなものと考えればいい。

スピンアウトとなる『プリズマ☆イリヤ』では、このサーヴァントシステムカードバトル方式にアレンジカードから必要に応じて英霊たちの能力を引き出したり、ときには魔術師自身に憑依させて“英霊そのもの”として戦うことも可能。魔術・肉弾戦・切り札となる英霊カードをあわせた見応えあるバトルが展開される。ゆるゆるな日常シーンと派手な戦闘シーンとのギャップがたまらなく楽しい。

スピンアウト作品の常として長所であり短所でもあるのが、原典となる『Fate/stay night』の設定を多量に使っている点。もともと『Fate』は原作者・奈須きのこ氏が膨大な量の設定を作りこんでおり、『プリズマ☆イリヤ』もその設定を引き継いでいる。だからこそ短いエピソードだけでもギュッと凝縮された展開が楽しめるわけだが、原典のゲームを知らない読者にとって親切とはいいがたい。アニメ版でそのあたりをどうアレンジするか、制作者の手腕に期待したい。

3作品の共通点は“成人向けゲーム”?

時代にあわせて進化を続ける“魔法少女”コンテンツ

最後に、『まどか☆マギカ』『リリカルなのは』『プリズマ☆イリヤ』の3タイトルに共通するポイントを考えてみたい。まずストーリーの序盤で「平凡な日常を送っていた少女が魔法という“非日常”に出会う」のはどれも変わらない。その定番を踏まえたうえで、ダークな物語に、ドハデな戦闘に、深い世界観に、それぞれ独自の強みへ特化していっている。魔法少女ジャンルが誕生して40年以上、バトル要素を取り入れた『美少女戦士セーラームーン』から数えても20年を超える歴史がある。もはやかわいい魔法少女が戦うこと自体は当たり前、そこからどう差別化するかが求められているのだろう。

また、3作品ともヒロインが作中で特定の男性キャラ相思相愛の仲になる展開はない。むしろ少女が少女に対して“友達以上”の感情をもつような、百合(女性同士の恋愛)テイストな含みが目立つようになった。百合専門のコミック誌が刊行されたり、『ゆるゆり』をはじめ百合アニメが人気となっている昨今、男性ファンを獲得するためにはこういう要素を取り入れることが大事なのかもしれない。

ちなみに意外な共通点としては、3作品とも成人向けゲーム、いわゆる18禁の“アダルトゲーム”に深く関係している。『リリカルなのは』は当初、アダルトゲームとらいあんぐるハート3』の後日談シナリオとして誕生した。現在のアニメ版とは基本的に別物だが、ヒロイン・なのはを含め世界観や固有名詞はほぼ変わっていない。いまや一般向けに広く展開されている『Fateシリーズも、1作目と続編(ファンディスク)はWindows専用のアダルトゲームだった。そして『まどか☆マギカ』は全年齢向けのTV版がオリジナルだが、脚本を務めた虚淵玄氏はアダルトゲームシナリオライター出身。現在彼が所属している株式会社ニトロプラスアダルトゲーム業界では有名ブランドだ。

パソコン普及期からゲーム業界を支えてきたアダルトゲームだが、近年は急激に冷え込んできている。ここ10年ほどで市場が半分以下に縮小したという話もあるほどだ。そんな中でも才能あるクリエイターは現れ、おもしろいコンテンツは育っていく。そういった才能が狭いアダルトゲームというジャンルを飛び出し、美少女が活躍する一般向けタイトルで大いに人気となっているのは興味深い。

時代の流れを取り入れつつ、まだまだ進化の終わりが見えない“魔法少女ジャンル。ちょっとでも興味を持った人は、ひとまず先入観を捨てて楽しんでみてほしい。

こちらのレポートもどうぞ!
原作改変、残虐描写カット…業界人が語るTVアニメ"自主規制"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12377 ]
長時間労働→低収入→人材不足の悪循環から脱却なるか?有名アニメ制作会社集結のPJ「アニメミライ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12761 ]
【舞台】河村隆一Kis-My-Ft2が傑作スペースオペラを熱演! 舞台版「銀河英雄伝説ゲネプロレポート [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13292 ]
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!這いよれ!ニャル子さんWアフレコ開始! 第2期の注目ポイントキャストに直撃 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12610 ]
アニサマ】「Animelo Summer Live 2013」はついに3Days!発表会で聞いた「コラボできるなら誰と?」 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/13210 ]