美髪の大敵、夏の紫外線から髪を守るために対策しておきたいことと、アフターケアについて
美髪の大敵、夏の紫外線から髪を守るために対策しておきたいことと、アフターケアについて

日本は四季があり、どの季節も髪やお肌のお悩みを抱えている方が多くいます。

その中でも、関心が最も高くなるのは「夏」で、実際に夏は紫外線が強いため、1年で1番髪や頭皮が傷みやすくなる季節なのです。

そこで今回は、夏が本格的に始まる前に、夏にすべきヘアケアについてご説明します!

まず初めに、夏の髪や頭皮トラブルについてご紹介させていただきます。

地肌のベタつき・ニオイ

地肌のベタつきの原因は、紫外線により皮脂が酸化され過酸化脂質が発生してしまうことによるもので、これによりベタつきや匂いが出てきてしまい、更には毛穴を詰まらせて炎症・薄毛にもつながります。

そこでベタつきを抑えるのに最も効果的なのは、洗浄力が強すぎない、肌に優しいシャンプーを選ぶことです。

ベタつきはしぶとい脂汚れのような気がすると思いますが、洗浄力が強いシャンプーを使うと必要な皮脂まで奪い取ってしまい、夏でも炎症を起こして、乾燥性のフケが現れることがあるので注意が必要です。

シャンプーの後には頭皮用の保湿トリートメントをしたり、頭皮用の化粧水をドライヤーの前につけたりすることもオススメです。

トップがペタンコになる

紫外線により、地肌の弾力を担う真皮のコラーゲン繊維が破壊され、地肌の弾力を失うことで髪が立ち上がりにくく、倒れながら生えやすくなってしまいます。

それに気付かずに、横に倒れながらの生えグセがついたまま放置してしまうと、毛根自体の形が変わってしまい、生えグセが治りにくくなってしまいます。

そこで髪が根元から立ち上がりやすくするために、肌に必要な成分の、グルコサミンなどの栄養や保湿成分が多く含まれているシャンプーを使うと、地肌の弾力が戻り、立ち上がりがふんわりしやすくなります。

汗も原因のひとつなので、1日にかいた汗を夜のうちに洗い流すのも重要なポイントです。

紫外線でお肌も髪もダメージに

紫外線により地肌に活性酸素が溜まることで、新しく生えてくる髪もみずみずしさが失われ、まとまらない髪になってしまいます。

紫外線を浴びてしまうと、頭皮も髪も熱く感じて、手触りもパサパサ、ゴワゴワするように感じると思います。

実際に日焼けすることで、頭皮も硬くなり、髪の色も内側よりも表面が明るくなりやすくなります。

そこで、活性酸素を除去できるシャンプーヘッドスパがオススメで、ビタミンB6などの栄養が入ったトリートメントで保湿すると頭皮も髪質もやわらかくなります。

夏のケアには、肌に優しいシャンプーと、保湿成分のたっぷり入ったトリートメントと、サロンでのヘッドスパがオススメです。

みなさんも信頼できるサロンで是非、相談してみてください。

ところで、いくらダメージが気になるといっても、夏にはやっぱり海やプールに行きたいですよね。

なるべくダメージを少なくするための方法、知りたくないですか?

そこで次に、海やプールに入る前にやったほうがいい対策についてご説明します!

海やプールに入ったあと、髪がキシんでしまった…という経験はありませんか。

お風呂と同じように髪が濡れるという条件は一緒なのに、なぜ海やプールだとこれほどまでに髪がキシんでしまうのでしょうか。

原因は「含まれている成分」にあったのです。

海やプールで髪がキシむ(傷む)原因

海には塩分が、プールには塩素がそれぞれ含まれており、これらの成分が髪をキシませる原因になっているのです。

海水に浸かった髪をそのまま放置すると乾いて、小さな塩となり、髪全体にくっつきます。

髪に塩がついた状態なので手触りはザラザラ、海水の弱アルカリ性の影響で髪のキューティクルは剥がれやすくなり、せっかくのツヤ髪も台無しになってしまいます。

プールにも海水と同じ弱アルカリ性である「塩素」が含まれているので、浸かっている間に髪にドンドンダメージが蓄積していきます。

もの凄く薄めた漂白剤に長時間髪を浸けているようなイメージです。傷むのも想像がつきます。

また、この塩素は紫外線のダメージを大きくする作用もあるので、真夏の屋外プールなどは要注意なのです!

海やプールに入る前に「髪」にやっておくべきこと

髪用の日焼け止めを使う!

お肌と同じく、髪も紫外線のダメージを受けます。体の日焼け止めは万全でも髪まで意識していないという方は多いのではないでしょうか。

髪用の日焼け止めはドラッグストアで手軽に購入できるので、一度試してみてください。スプレータイプローションタイプなど様々な種類があるのもポイントです。

スプレータイプは使いやすいのでオススメです。

アウトバストリートメントも日焼け止めと似たような効果があります。

屋外の際は、泳ぐ以外の時間は「帽子」なども被るようにしましょう。

髪をまとめる!必要以上に濡らさない!

女性は髪が長い事が多いので、海やプールに入る際はきちんとまとめておくようにしましょう。

髪をまとめるだけでも海水や塩素、紫外線のダメージを受けにくくなります(あたる面積が小さくなるので)。

また、濡れる時間が長いほど髪へのダメージは大きくなるので、必要以上に濡らさないのもポイントです。

海やプールに入った後はきちんとアフターケアするようにしましょう。

その日のうちにお風呂でしっかりとシャンプーする、トリートメントでいつもより丁寧にヘアケアするのは鉄則です。

事前のケアとアフターケアで海水・塩素から髪をしっかりと守りましょう!

いくら気を付けていたとしても、夏の強い日差しを完全に避けることは難しいですよね。

最後に、紫外線による影響と、日差しを浴びてしまったときのアフターケアについてご説明します。

夏の強い紫外線は、美しいお肌の大敵ですし、髪にも大きなダメージを与えてしまいます。

お肌は、紫外線を浴びると何かしらの悲鳴を上げるのでケアすることを忘れずらいですし、うっかり浴びてしまうと赤くなることやヒリヒリ痛みが出ることがあるので気が付きやすく、ダメージを受けても早めに対処できます。

ところが髪は、自分では気が付かないうちに紫外線を浴びてしまっているので、大きなダメージを受けやすいのです。

紫外線ダメージを受けた髪の状態をチェックしてみませんか

すでに夏の間紫外線を浴びてしまった髪は、髪の表面だけでなく内部までダメージを与えていきます。

髪の内部のメラニン色素が分解されてしまうことで、焼けていくようなイメージで黒髪は赤茶色に変色し、ツヤも失われていきます。

髪のタンパク質ダメージを受けると、少しずつ症状に現れてきます。

少しずつの変化なので、自分ではすぐに気が付かない原因となってしまうのです。

そしてキューティクルが痛んではがれてしまうと、髪がパサパサしてくるので、実年齢よりも老けて見られがちになります。

さらに劣化が進むとパサつきだけでは終わらずに髪質がゴワゴワとしてまとまらなくなり、枝毛や切れ毛が増えてしまいます。

ダメージを受けた髪を優しくケアして健康な髪にしていきましょう

表面のキューティクルを整えるだけでは髪の内部までケアできませんので、内側からケアしていきましょう。

まずは毎日のシャンプー・リンスをダメージケアしていく種類に変えていきます。

ひどい傷みを整えるためには、ケミカル成分が配合されている物を選びましょう。

そしてトリートメントは、ぜひ洗い流さないタイプの物を選んでください。

もちろん傷んだ髪専用の効果の高いトリートメントが望ましいです。

そして、優しい正しい方法で髪のケアをしましょう。

シャンプー前にはブラッシングをして汚れをとって、髪の絡まりをほぐしておき、少しでも髪によけいな負担をかけないように気をつけましょう。

トリートメントは長めに放置したり、蒸しタオルで温めたりすると効果が高まりますよ。

ドライヤーは、熱からのダメージを避けるように、短時間で効率よくかけましょう。

気をつけるべきことを守りながら、スペシャルケアをして健康な髪を取りもどしていきましょう。

髪も日焼けするんです!急いで!紫外線対策を!