生活クラブ生協連合会(本社:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、食物繊維や葉酸を豊富に含む「ヨーグルトと食べるドライフルーツ」を2019年8月より開始いたします。
健康や美容への効果が期待されるドライフルーツは、生のフルーツに比べ味や栄養成分、食物繊維が凝縮され、場所や時間を選ばずいつでもどこでも食べられることから、食事のアレンジおやつとして消費が高まっています。特に、フルーツ自体の糖分が自然の甘味料として味や風味を増すことからヨーグルトの相性も良く、トッピングとして、生フルーツジャムはちみつに並んで多く利用されています。


ヨーグルトと食べるドライフルーツ」は、ヨーグルトと合わせやすいドライフルーツ4種(マンゴークランベリーレーズンパイナップル)をバランス良くミックスした“オン・ザ・ヨーグルト”におススメの消費材です。各ドライフルーツは海外の有機認定を受けており、漂白剤や酸味料、保存料などの添加物は使用していません。

ヨーグルトと食べるドライフルーツ」を半日ヨーグルトに漬け込むと、ドライフルーツが柔らかく戻り、ヨーグルトに自然な甘みが溶け出して、簡単にフルーツヨーグルトができます。加えるドライフルーツの量で甘さを調節できるので、お子様にも食べやすくなります。

さらに、紅茶やワインに入れたり、シリアルグラノーラのトッピングや、そのままおやつにもおすすめです。

 ※一部地域では取り扱いがない場合があります

<おすすめの召し上がり方>
・半日ヨーグルトに漬け込むと、ドライフルーツプルプルの生のように柔らかく戻り、
 ヨーグルトに自然な甘みが溶け出して、簡単に贅沢フルーツヨーグルトができます。
 加えるドライフルーツの量で甘さを調節できます。
・漬け込まずに、ヨーグルトに直接トッピングして召し上がっていただくこともおすすめです。
ヨーグルトだけでなく、紅茶やワインに入れたり、シリアルグラノーラのトッピングにも最適です。


■生活クラブについて
生活クラブは生協の中のひとつです。 今から約50年前、 「まとめ買いして安く分け合おう」と、 200人あまりのお母さんたちが集まって牛乳の共同購入を始めたことからスタートしました。 今日の生活クラブでも、 既存の商品を購入するのではなく、 自分達の生活に必要な品物を、 自分たちが開発過程にかかわりながら生産者とともに、 納得いくものをつくるという、 徹底したものづくりの姿勢でとりくんでいます。

生活することは、 消費することです。 ”なにを””どのように”
消費するか、 という選択は、 そのまま、 「どんな未来にしたいか」
「次の世代へ何を手渡したいか」へとつながっていきます。

[FEC自給圏]
私たちは、 自然と共生し、 食べ物(Food)、 エネルギーEnergy)、 福祉(Care)をできるかぎり自給・循環させる「サステイナブル(持続可能)な生き方」を選びます。 いま生きるいのちと次世代の
いのちを、 おなじように大切に考えて、 すべての活動を行います。


URLhttps://seikatsuclub.coop/
生活クラブ申し込みURLhttps://welcome-seikatsuclub.coop/


■生活クラブの受賞歴
<世界的評価>
1989年 「THE RIGHT LIVELIHOOD AWARD(ライトライブリフッド)名誉賞」受賞
    (※“もう一つのノーベル賞”とも呼ばれる)
1995年 国連設立50周年記念「国連の友」による「われら人間:50のコミュニティ賞」受賞

<国内>
1999年 開発した超軽量牛乳びんグッドデザイン
2006年 グリーンピースジャパンの「トゥルフード特別賞」
2007年 Rびんの活動(びん再使用ネットワーク)が環境大臣賞
2009年 「Food Action Nippon アウォード2009」優秀賞受賞
2010年 フードアクションニッポンワード 2010製造・流通・システム部門 入賞
    (国産消費材の供給で145億キロカロリーの自給を高めたことによる)
2013年 オリコン顧客満足度ランキング食材宅配サービス部門 首都圏・近畿で、 総合1位
2013年 フードアクションニッポンワード2013入賞「食べるチカラ”キャンペーン
2014年 フードアクションニッポンワード2014入賞「生活クラブの健康な食デザイン『ビオサポ』」
     による食料自給率向上への寄与
2014年 オリコン顧客満足度ランキング 食材宅配サービス部門 首都圏で総合1位
2015年 オリコン顧客満足度ランキング食材宅配サービス部門 首都圏・近畿で、 総合1位
2015年 <本選びの会>が第8回日本女子大学家政学部賞
2018年 生協法制定70周年 厚生労働大臣表彰
2018年 環境省グッドライフアワード 優秀賞(NPO・任意団体部門)

配信元企業:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ