香港市民は5日、「逃亡犯条例」改正案の完全撤回などを求めて、大規模なストライキを始めた。同日午前4時現在、航空会社の社員ら約3000人が「病気休暇」のため、約170の便が欠航となった。若者らは幹線道路の封鎖や地下鉄の運行妨害を試みた。

ストライキの計画者はインタネットで、市民全員にストライキへの参加を呼びかけた。香港政府に対するデモが6月に大規模化して以降では初めてだ。

香港メディアの報道によると、5日朝各航空会社の客室乗務員、地上職員や航空整備士が相次いで「病気休暇」を取った。航空や航空安全を管理する香港の政府機関、民航処( Civil Aviation Department、CAD)に所属する航空交通管制員も活動に参加したという。

キャセイパシフィック航空は少なくとも2000人の社員が、香港航空は510人以上、地上職員を中心とする怡中航空が320人、香港国際空港の整備士200人がそれぞれストに参加した。

民航処によれば、4日にすでに12人の航空交通管制員が「病気」のため休んだ。5日にさらに増えるとした。

香港の教育界、金融界、流通業界、公務員なども5日のストライキ活動に加わるとみられる。学生らも授業のボイコットを計画しているという。

市民は3日、九龍地域の旺角(モンコック)の繁華街で、4日新界地区の西貢区将軍澳でそれぞれ大規模な集会と抗議デモを開催した。

この2日間、警察当局は九龍地域の旺角と尖沙咀(チムサーチョイ)、銅鑼灣にある主要幹線道路の波斯富街などで、抗議活動を行っている市民に催涙弾などを使って強制排除をした。

2日には、公務員約4万人と医療業界関係者約1万人がそれぞれ集会を行った。

(翻訳編集・張哲)

8月4日香港市民約15万人が新界西貢区将軍澳で行われた大規模な抗議デモに参加した(Getty Images)