インタセクトの加盟店阪急阪神百貨店が中国国外で初めて「ウィーチャットペイスマート旗艦百貨店」に認定されました。同日より 阪急うめだ本店化粧品売場にて、ウィーチャットを使い事前予約をすると店頭で商品をすぐに受け取ることができる「化粧品予約受取サービス」を新たにスタートしました。


エイチ・ツー・オーリテイリンググループ株式会社阪急阪神百貨店(本社・大阪市)は、7月16日、「ウィーチャットペイスマート旗艦百貨店」として中国国外で初めて認定されたことを記念した共同記者会見を開催いたしました。
インタセクト・コミュニケーション株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:譚 玉峰、以下インタセクト)は、中国でSNS No.1シェアアプリWeChat Pay」を展開する、騰訊控股有限公司(テンセントホールディングス、本社・ 中国広東省 深圳市)と共同で阪神阪急百貨店へ様々なサービスの開発や導入を行ってきました。

インタセクトは、2016年から現在の月間アクティブユーザーが8億人を超える「WeChat Pay ウィーチャットペイ」のサービスを開始しました。サービス開始後2018年には、帰国後の「旅アト」でもWeChat内で量販店の商品が購入できる越境ECサービス、来日前の「旅マエ」にWeChat内でテーマパークのチケットが購入できるチケット販売サービスWeChatミニプログラムを開発してきました。阪急阪神百貨店へは、2017年よりWeChat Payの提供を開始し、さらに2018年には、ウィーチャット内で店員を介さずに注文を済ますことができる「レストランQRコードオーダー」、2019年 には、AI人工知能を活用した「店内案内」、海外VIP顧客クラブの会員カードの「電子会員化」 などのWeChatミニプログラムの開発を行い提供しております。

そしてこの度、同日より 阪急うめだ本店化粧品売場にて、ウィーチャットを使い事前予約をすると店頭で商品をすぐに受け取ることができる「化粧品予約受取サービス」を新たにスタートしました。

テンセント社とエイチツーオーグループより発表されたウィーチャットの貴重な事例として多くの参加者の方々から関心を向けられた記者会見となりました。

今後ともインタセクトは、訪日外国人の利便性向上のため決済サービスを軸にWeChatミニプログラムや決済を活用した分析、CRMの活用に取り組んでまいります。

【化粧品予約受取サービス
サービス概要 :ウィーチャットを使って化粧品を事前予約することで、予約した商品を阪急うめだ本店の店頭ですぐに受け取ることができます。複数のブランド購入時も1箇所で商品を受け取ることができるのでスムーズにお買い物をしていただけます。
スタート日 :2019年7月16日(火)
商品受取場所 :阪急うめだ本店2階化粧品エクスプレスカウンター
対象ブランド数:約15ブランド(順次拡大予定)


■インタセクト・コミュニケーション株式会社
商号   : インタセクト・コミュニケーション株式会社
代表者  : 代表取締役社長 譚玉峰
所在地  : 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目1番地 B・Mビル4F
設立   : 2000年11月
事業内容 : 海外広告・インバウンド広告事業、中国モバイル決済サービスアフィリエイト運用代行など中国向けインバウンド支援事業としてスマートフォン決済サービスWeChat Pay」「Alipay」の導入サポートからその先の集客支援、電子契約や業務プロセス改善等のワークスタイル改革、ヘルスケIoT関連の研究開発、オフショア開発、アフィリエイト運用代行、日本・海外SNS投稿監視「ソーシャルトロール」など、最先端のテクノロジーを武器として、国内外で幅広い事業を展開しております。
資本金  : 9,856万円
URL   : https://www.intasect.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
インタセクト・コミュニケーション株式会社
営業統括コンサルティング本部 小倉 葉子
電話:03-3233-3524(営業時間:平日 9:0018:00
メールintapay@intasect.co.jp
Webhttps://www.intasect.com/wechatpay/Web問い合わせフォーム:https://www.intasect.com/contact/

配信元企業:インタセクト・コミュニケーション株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ