新宿・歌舞伎町の「新宿TOKYU MILANO」(新宿ミラノ座)跡地で、劇場や映画館ホテルなどが入る高さ約225mの複合施設が着工。空港バスの乗降場整備に加え、新宿駅東口と大久保エリアを結ぶ道路のリニューアルも進めます。

地下にライブホールも

東急電鉄東急レクリエーション2019年8月5日(月)、新宿・歌舞伎町の「新宿TOKYU MILANO」(新宿ミラノ座)跡地に計画している映画館や劇場、ホテルなどが入る高層複合施設の事業概要説明会を開催。同施設の新築工事に着手すると発表しました。

2014(平成26)年12月に閉鎖した複合施設「新宿TOKYU MILANO」の跡地開発が本格始動を迎えます。新たに建設される施設は高さ約225mで、地上48階・地下5階、延床面積は約8万8000平方メートルです。地下1階から地下4階まではライブホール、地上1階から7階まではラウンジや店舗など、8階から11階までは約850席を有する劇場、12階から15階までは約8スクリーンを擁する映画館、17階から47階まではホテルが入ります。2022年度に開業する計画です。

ライブホールや劇場は東急レクリエーションソニー・ミュージックエンタテインメント東急電鉄が出資するTSTエンタテイメント、映画館東急レクリエーションホテル東急ホテルズが、それぞれ運営を行います。

大久保方面との回遊性向上を目指す

地上1階には成田・羽田両空港と直通するバス乗降場を整備。バス2台が停車可能で、2階には待合室としても利用できるラウンジを設けます。

建築設計は、建物外装デザイナーとして永山祐子さんを招き、久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体とともに進められます。東側のシネシティ広場に面して屋外ビジョンステージを設置し“屋外劇場的都市空間”が形成されます。

なお、北側の大久保方面との回遊性向上を目指し、関係機関とまちづくりも推進。建設地に面する西武新宿駅前通りをリニューアルするとともに、職安通りとの交差点を側道との丁字路から、本線の中央分離帯を撤去した十字路に改良します。これにより、バスルートを確保します。

東急電鉄の開発事業部 都内開発グループ課長の田島邦晃さんは「新築工事は、東急電鉄の創業100周年にあわせたプロジェクトでもあり、オリンピック後も念頭に置いています。ニューヨークなどの世界的な観光都市と競争するうえで、東京として強くなる必要があり、繁華街のなかに観光拠点をつくりたいです。人が集い、循環する場を提供していければ」と話します。

大久保方面(北西側)からの眺望イメージ((C)東急電鉄・東急レクリエーション 画像:東急電鉄)。