数字の8と10の語呂合わせから、8月10日は『ハットの日』と呼ばれています。

10日のハットの日に向けて、「何かやりたい」と名乗りをあげたのは、カー用品を扱う『イエローハット』。公式Twitterアカウントを通して、ピザなどのファーストフードチェーン『ピザハット』に声をかけました。

ピザハットは、イエローハットからの提案をこころよく引き受けます。

社名の『ハット』つながりで、2社は面白い企画を考えることに。イエローハットはノリノリで、2社のコラボを記念したロゴマークを作成します。

帽子をモチーフにした、とても仲よさげなロゴマークが誕生!

イエローハットの勢いは、さらに増していくばかりです。記念日の制定を行っている日本記念日協会に問い合わせ、『記念日登録申請書』をゲットします。

ところが、イエローハットの盛り上がりをよそに、ピザハットからは衝撃の事実が告げられます!

ピザハットの反応に、イエローハットは動揺!そのワケは…


ピザハットが、とてもいいにくそうに告げた事実がこちら。

なんと、ピザハットの『ハット』は小屋で帽子じゃなかった…!

この展開には、イエローハットも動揺を隠しきれません。

ピザハットの公式ウェブサイトによると、1号店をオープンさせた際に、建物の形が山小屋に似ていたことから『ピザハット』と命名。ロゴマークも、小屋のイラストを使用しているのだそうです。

ネット上では、2社のやり取りに吹き出す人が続出しました。

・いや、帽子じゃないんかい!小屋かい!

イエローハットには申し訳ないけど、オチに笑ってしまった。

・あんなに意気揚々とコラボマークまで作っていたのに…。

イエローハットさん、くじけないで!

もともとは帽子つながりだと思い込み、ハットの日に企画を考えていたイエローハット。「帽子と小屋で…?」と困惑しつつも、社内で検討することにしたようです。

2社は無事に10日の日を迎えることができるのでしょうか…今後の展開に注目です!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Pizza_Hut_Japan@yellowhat_ltdピザハット
※ 写真はイメージ