ワイドナショー」(フジテレビ系)に、現役女子高校生コメンテーター“ワイドナ高校生”として出演している正本レイラ日本人の父とアゼルバイジャン人の母を持つというハーフタレントで、2018年には、かつて玉城ティナ稲村亜美、“ゆうこす”こと菅本裕子などを輩出したオーディションプロジェクト「ミスiD」にて「太陽のフォトジェニック賞」を受賞。ことし10月には出演映画「血を吸う粘土~派生」の公開も予定している。そんな正本にインタビューを実施。18歳の彼女の素顔に迫る。

【写真を見る】咀嚼音にハマる正本レイラ

――プロフィールには“アゼルバイジャン×日本×ロシア×ウクライナハーフ”とありますが、具体的にはどういう生まれですか?

お父さん日本人で、母方のおじいちゃんアゼルバイジャン人、おばあちゃんがロシアウクライナハーフなんです。生まれも育ちも日本ですが、アゼルバイジャンに親戚が住んでいるので遊びに行くことはあります。アゼルバイジャンの人たちはみんな陽気で、やっぱり日本とは文化も全然違いますね。高層ビルもたくさん建っていて、映画「アラジン」みたいな、すごくすてきな国です。

――ロシア語も話せるみたいですね

普段、お母さんとはロシア語で会話しています。お母さん日本語も英語もしゃべれるんですが、周りにロシア語をしゃべれる人が他にいないので、小さいころから基本的にお母さんとはロシア語で話すようにしてます。

――芸能界に入ったきっかけを教えてください

中学生のころからBIGBANGさんが好きで、もっと近くで見たいと考えたときに、自分も芸能界に入ればいいんだ!と思ったんです(笑)。そこからいろんな事務所オーディションを受けたんですが、当時、結構太っていて…。自分では太っているとは思っていなかったんですが、グループ審査のとき周りの子がみんな細くて、これはやせなきゃ…と思いダイエットを決意しました。中学2年の夏に、東京ガールズコレクションとavexが主催するオーディションがあって、私は3次審査で落ちてしまったんですが、その後にお電話をいただいて所属することができました。きっかけはミーハーだったかもしれませんが、たくさんのレッスンを受けて、お仕事をさせていただく中で、やりがいを感じるようになっていきました。

――「ワイドナショー」に初めて出演したときはいかがでしたか?

ちゃんとテレビに出させていただくお仕事は、「ワイドナショー」が初めてだったんです。自分は緊張しないタイプだと思ってたんですが、松本(人志)さんや東野(幸治)さんをはじめ、いつもテレビで見ていた方と一緒にお仕事するのは、顔の筋肉が動かなくなるほど緊張しました。実際の映像を見返したら、表情が固まってました(笑)

――松本さん、東野さんの印象はいかがでしたか?

お二人とも優しいですし、すごくよくしていただいています。東野さんは「アゼルバイジャンってどういう国なの?」とか、いろいろと話し掛けてくださいます。松本さんスタジオに入ってきたときに空気が変わるくらいオーラがあるんです! でも収録中には話をちゃんと聞いてくださいますし、私がコメントで失敗しちゃったときも拾って立て直してくださって。お二人がいらっしゃるだけですごく安心します。

――情報番組に出演することで、ニュースの見方も変わりましたか?

ニュースもそうですが、バラエティー番組を見ていても、出演者の方々の発言を聞いて、自分だったらどう言うかなと考えるようになりました。「ワイドナショー」でも、自分のコメントが良ければ使っていただけるし、良くない場合はカットされてしまって、オンエアでは1回か2回しかしゃべらないこともあったので。今後バラエティー番組に出ることがあったらやっぱりコメントを使っていただきたいので、普段から頭を使ってテレビを見ています。

――8月からはYouTuberとしての活動もスタートさせるそうですね

そうなんです! 「レイラチャンネル」を開設しました。私の友達も、今はテレビよりYouTubeを見ている子が多いので、反響が気になります。コメントを簡単に書けるからこそ、傷つくこともいっぱいあると思うんですけど、それをちゃんと乗り越えないといけないなと思っています。

――どんなことを配信していく予定ですか?

ASMR(咀嚼音)が好きなので、まずはASMRから。ASMRをネタにした動画は、私の周りの友達も見ています。自分もそれにチャレンジして、たくさん動画を上げていきたいです。夜寝る前とかちょっと時間があるときとかに見てもらえたらうれしいですね。

あと、洋服が好きなので、同世代がまねできるようなコーデ紹介もしていければと思います。例えば、“プチプラ”(プチプライス)なブランドの中でもバッグとか靴をちょっといいものにするというのが、最近高校生の間ではやっているので、私もいつかそういうコーデを載せていけたらいいなと思っています。

――好きなYouTuberはいらっしゃいますか?

けみおさんです。けみおさんは大好きなレディー・ガガさんと会うという夢をかなえて、洋服もおしゃれで、男性でも女性でも着られるようなファッションもすてき。たくさんのブランドの展示会に参加して、いろんなところを飛び回って自分のやりたいことをやれているのがかっこよくて憧れます。

――今、高校生の友達の間ではやっていることを教えてください

やっぱりタピオカですね! タピオカを超えるものは当分ないんじゃないですかね(笑)タピオカはもう飲み物じゃなくて食べ物だとも言われてますし…いろんな味になって、もっと進化していくと思います。

――仕事と学業の両立は大変じゃないですか?

テスト前は少し大変です。でも、好きな芸能活動をさせてもらえている分、言い訳はできないので、ちゃんと勉強もしています。映画の撮影のときは2週間くらい朝から夜まで撮影があり、早退や欠席が続いてすごく大変だったんですけど、完成した映画を見て、自分の名前が出てきたときに鳥肌が立つほどうれしくて。映像関係のお仕事ももっとやっていきたいと思いました。

――最後に、今後の目標を教えてください

人と話すことが好きなので、もっともっといろんなバラエティー番組に出る機会を増やしていきたいです。たくさんの国に行って、いろんな文化に触れるようなレポートもしたいですし、食レポにも興味があります。

あとは、自分が事務所に入るきっかけとなったのがTGCなので、やっぱり東京ガールズコレクションで正本レイラという一人のタレントとしてランウェイを歩きたいです。いろんな方々に私のことを知ってもらって、その夢をかなえられたらなと思います。(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)

YouTuberデビューを果たした正本レイラ