35℃越えの日こそ冷たいそば! 山手線一周「冷がけ麺の旅」大崎~代々木編 から続く

「冷がけそばの夏」の到来である。夏場はそば屋の売り上げが落ちる。暑くて、アツアツのつゆのそばはあまり出ない。そこで、大衆そば屋では、冷がけそばを夏の定番にしようとあの手この手の作戦に出るわけである。

 山手線西側(新宿駅駒込駅)で冷がけそばの旅を続けることにしよう。(「#1 大崎駅~代々木駅編」も公開中

(1)新宿駅西口「箱根そば」 8月限定の伝説「豆腐一丁そば」

 2019年も8月がやってきた。「箱根そば」では毎年恒例、8月限定で「豆腐一丁そば」(470円)を発売する(「箱根そば本陣」では未発売)。発売初日の8月5日、午前、早速、「箱根そば 新宿西口店」の暖簾をくぐった(8月1日に初訪も5日発売と知り5日に再訪)。

 すでに実食のお客さんもちらほら。「豆腐一丁そばを食べずして夏を越せない」と言われている程、定番かつ伝説のメニューである。

 着丼したその姿をご覧ください。まさに豆腐一丁にショウガ、ネギ、おかか、そしてたぬきがのって登場する。その食べ方はさまざま。

「箱そば先生」こと、(株)小田急レストランシステムの箱根そば事業部部長の清水一洋さんは「氷山の一角を崩すようにして、豆腐と薬味をあえて食べ、そばをすする」そうだ。上品な食べ方だ。まあ、それぞれの豆腐一丁そばの食べ方でよいと思うが、箱そばファンにとっては記憶に残る夏の風物詩であることには違いない。

 麺は生麺の茹で上げ、冷たいつゆはしっかりしたタイプで、居酒屋の「たぬき豆腐」を食べているような雰囲気である。今年はあと何回食べることができるだろうか。

(2)新大久保駅10分 激安320円「冷やし天ぷらそば」

 暖簾会系の「長寿庵」ではない、立ち食い大衆そば系で「長寿庵」を名乗る店が大久保駅近くにある。山手線新大久保駅からだと歩いて10分程度。ここは、ソバット団の本橋隆司さんもイチオシのディープなお店である。蒲田の「みよし庵」と並ぶ、激安そば店である。玉ねぎを大きめに切って揚げたかき揚げ天がのる「天ぷらそば」は300円。そして、その「冷やし天ぷらそば」は320円である。麺は茹で麺だがコシがありやや黒めの麺。つゆはしっかりとした濃い目の冷たいつゆである。かき揚げ天は揚げたてでアツアツ。冷たいつゆとよく合ってなかなかよい。しかし、本当にこの値段で大丈夫なのだろうか、と心配になるくらい安いのだ。隣の「牛すじカレー小さなカレー家」も安くて人気。どちらに入店するか、いつも悩む。

(3)高田馬場駅 寿司屋で立ち食いそば屋の「冷やし天ぷらそば」

 冷がけそばの旅はまだまだ続く。高田馬場駅前の信号を渡った正面に、「幸寿司」という看板が目に入る。昼時、お店に近づくとなんとそこは立ち食いそば屋。「吉田屋そば店」という名前の店である。

 紫色のヘアが印象的な女将さんに挨拶して、早速、「冷やし天ぷらそば」(440円)を注文した。聞くと創業は昭和53年頃とか、「幸寿司」は弟さんが夕方から営業しているそうで、いわゆる二毛作の先駆けみたいな存在だという。

冷やし天ぷらそば」は、注文して、1分もしないで着丼した。麺は茹で麺だが、コシがしっかりして量も多い。つゆも程よい濃さで、天ぷらをほぐして食べて行くとなかなかよい。

 大盛りも無料というから、学生さんにも優しい店である。

 余談だが、女将さんのご主人も大衆そば屋を経営していて、その店も二毛作という事実。人類70億人でたぶん唯一の夫婦と勝手に想像しているのだが、どうだろう。

(4)目白駅 めかぶと温玉が相性抜群の「冷やしそば」

 さて、次は目白駅だ。学習院などの学生のおしゃれな街。冷やしそばなんてあるのかと思うのだが、駅前にある「生そば 車」にはちゃんとメニューに載っている。

「車」は駅前ビルの裏手にある階段を降りかけた左手にある。興和物産(株)の直営店で、昭和44年創業というから、この辺りでは古参店である。今は休止中だが、たい焼きの店として認知されていたようだ。

「車」では生麺を使用している。つまり、冷やし系のメニューはコシもあり、なかなかうまい。夏季限定で冷やしメニューを充実させている。どれも400円台。そこで、店長お勧め「冷めかぶ温玉そば」(480円)を注文してみた。注文後、麺を茹でる。外の景色を眺めながらしばし待ち、完成である。

 めかぶと温玉、きゅうりがのっている。つゆはそれほど濃くなく、出汁が利いたタイプで全部飲んでしまいそうなほどである。麺はシャキッと冷えたコシのあるつややかな麺である。めかぶと温玉の相性は抜群だ。今年の夏はこれで決まりだ。

(5)池袋駅東口 夏っぽさ全開「揚茄子そぼろ冷やしそば」

 さて、冷がけそばの旅も佳境に。旅開始4日後にして池袋に到着した。池袋界隈は西口では「大黒そば」、東口では「六花そば」がなくなり、古参店は「君塚」くらいになってしまった。

 そんな中、東口で人気になっている店が、「生そば 玉川」である。SFPホールディングス(株)が経営するそば店で、2013年末に創業した24時間営業の店である。「肉つけそば」が人気のようだが、冷やしメニューも豊富。夜のつまみメニューやお酒もたくさんそろっていて、全世代対応型のそば店という雰囲気である。

 冷がけの旅なので、「揚茄子そぼろ冷やしそば」(490円)を注文した。素揚げを扱うお店は少ないのでこれはいいアイデアである。「鴨茄子そば」(680円)なども人気のようだ。

 注文後、茄子を素揚げし、麺を茹でる。しばらくして番号が呼ばれて取りに行くシステムだ。

 麺は角が立ったしっかりしたタイプでコシも強くなかなかうまい。揚げられた茄子はとろとろの状態になって、相当うまい。そして、そぼろが味噌味で冷たいそばと抜群に合っている。冷たいつゆも濃すぎないタイプ。これはなかなかの完成度である。今年の夏は「揚茄子そぼろ冷やしそば」も味わいたメニューである。

(6)巣鴨駅 定番「富士そば」の人気メニュー冷やしほうれん草そば」

 さあ、冷がけそばの旅ももうすぐ終わる。お年寄りの街、巣鴨駅にやってきた。巣鴨駅界隈は、なんと立ち食いそば屋は「富士そば」しかない。大塚もほぼ同じ。「ゆで太郎」は中央区千代田区、城南に多いが、この辺りではあまり見かけない。「小諸そば」も中央区千代田区に多い。

 さて、「富士そば 巣鴨駅前店」では、「冷やしほうれん草そば」(400円)を注文してみた。ほうれん草を置いてある立ち食いそば屋は意外と少ない。「よもだそば」位しか思い浮かばない。

 店内はすごく広いので驚いた。大変きれいだ。すべてカウンター席かテーブル席である。

 チケットを渡して待つこと2、3分。赤い器に、ほうれん草みどりが映える。ほうれん草はしっとりしていてなかなかよい。かつお節わかめがのって意外と盛りだくさん。つゆは濃すぎないタイプで、麺は生麺の茹で置きだろうか、コシもあってなかなかよい。なんといってもこのヘルシー感がたまらない。

(7)駒込駅 ラストは大衆そばの決定版「冷やしゲソ天そば」

 正味5日間をついやした冷がけそばの旅(山手線西側)もようやくラストだ。駒込駅西口で、大衆系のそば屋といえば「一〇そば」である。

 最近は、とり天、豚天などの若者食いつき系の天ぷらメニューが人気だが、やはりコンプリートは「冷やしゲソ天そば」(360円)でしめることにしよう。店近くの本郷通りにも「冷やし+30円」の看板が出ているほど、この夏は冷やししなのだろう。

 冷やしのつゆはあっさりとして出汁の利いたタイプ。麺は茹で麺だがしっかりした麺である。ゲソ天は冷たいとやや硬いのだが、まあ十分つゆにひたして食べれば問題ない。

 各大衆そば店は、2019年の夏を「冷がけそば」で勝負しているようにも思えてきた。中でも「豆腐一丁そば」はやはり存在感があると実感した。

 暑気払いにお好みの「冷がけそば」を探すのもいいかもしれない。(「#1大崎駅~代々木駅編」も公開中。なお、大塚駅周辺では、「富士そば」が定番ですが、巣鴨駅コーナーでまとめて記載しています)

写真=坂崎仁紀

INFORMATION

新宿駅
箱根そば 新宿西口店
東京都新宿区西新宿1-15-10 西新宿ビル1F

営業時間 月~金7:30~22:00
土日祝 11:00~18:00
https://www.odakyu-restaurant.jp/shop/hakonesoba/hakonesoba/

新大久保駅
長寿庵
東京都新宿区百人町1-24-8
営業時間 月~金7:3018:00(7月~9月は16時閉店)
日祝9:0018:00
定休日 土曜

高田馬場駅
吉田屋そば店
東京都新宿区高田馬場2-19-6
営業時間 月~土6:30~13:30
定休日  日祝

目白駅
生そば 車
東京都豊島区目白3-3-1
営業時間 月~金6:30~21:00
土6:30~17:00
定休日 日祝

池袋駅
生そば 玉川 池袋東口店
東京都豊島区東池袋1-3-3
営業時間 24時間営業
https://sfpdining.jp/brand/tamagawa/

巣鴨駅
富士そば 巣鴨駅前店
東京都豊島区巣鴨2-1-1
営業時間 24時間営業
https://fujisoba.co.jp/

駒込駅
一〇そば
東京都豊島区駒込3-3-14
営業時間 平日・祝5:30~22:30
土5:30~20:00
日5:30~18:00
http://www.ichimarusoba.com/

(坂崎 仁紀)

後編は新宿駅からスタート