8月12日(月)、WOWOWライブにて放送される「SUMMER SONIC YEARS 2000-2018」。このほど、同番組内で放送されるライブ映像のラインナップが発表された。

【写真を見る】2000年の第1回に出演したジェームス・ブラウンは、マナーの悪いファンをステージから一喝!

ことしで20回目を迎える都市型音楽フェス「SUMMER SONIC」。8月16日(金)~18日(日)に開催される「SUMMER SONIC 2019」では、B'zRED HOT CHILI PEPPERS、THE CHAINSMORKERSヘッドライナーに、国内外から豪華アーティストが集結。チケットが全券種完売となるなど、大きな話題を集めている。

そんなことしの開催を前に、過去19回のハイライト映像を一気見するプログラムを放送。今や超大物となったアーティストの若かりし頃や、今ではもう見ることの叶わないアーティストまで、見応え十分の内容となっている。

また、番組では「SUMMER SONIC」の主催者であるクリエイティブマンプロダクション・清水直樹氏にインタビューを敢行。サマソニを立ち上げた理由や運営の苦労、10周年2009年に“世界のフェスの先駆けとなった”と思った訳など、サマソニ20年の歴史を語り尽くす。

それでは、今回OAされるアーティストラインナップと共に、“サマソニ”の歴史を振り返ってみよう。前編となる今回は、初年度となった2000年から、10周年2009年までを紹介する。

■ 第1回(2000年):THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION、JAMES BROWNGREEN DAY

記念すべき第1回は、山梨・富士急ハイランドコニファーフォレストと大阪・WTCオープンエアスタジアムの両会場にて開催。ラインナップが両会場を行き来する、いわゆる「巡回型」フェスのスタイルを日本に初めて本格的に導入し、日本のフェスにとって歴史的な一歩となった。

そんな第1回のヘッドライナーを務めたのが、THE JON SPENCER BLUES EXPLOSIONとGREEN DAYの2組。ほかにもウィーザー、311、フレーミング・リップスなど、USオルタナ勢が脇を固めるラインナップに。

一方で、MUSECOLDPLAYSIGUR ROS、AT THE DRIVE INなど、2000年代以降の音楽シーンを席巻するバンドたちが新人として出演。後に「サマソニに出た新人バンドは出世する」と言われる一因となった。

そんな中、大きな話題となったのがジェームス・ブラウンライブ中、客席から物を投げ込まれたことに憤慨したJBは、その場で演奏を止め、通訳を介して「次やったら帰るぞ!」と説教する一幕も。日本におけるフェスのマナーを語る上でも重要な場面となった。

■ 第2回(2001年):BECKSLIPKNOTMARILYN MANSON

第2回は、東京会場が千葉マリンスタジアム幕張メッセに、大阪会場がWTCオープンエアスタジアム・インテックス大阪にそれぞれ変更。「都市型フェス」としての礎がここで築かれることに。

この年のヘッドライナーBECKマリリン・マンソン。野外ステージの「STAGE1」にはRANCID、SLIPKNOTINCUBUSらラウド系のアーティストが、屋内ステージの「STAGE2」にはAIR、tahiti80、Mercury Revマシュー・スウィートら多彩なジャンルが名を連ね、ステージごとの色合いも顕著となっていった。

■ 第3回(2002年):WEEZERTHE OFFSPRING

第3のステージFactory Stage(大阪はNew Stage)」の登場により、3ステージ制となったこの年、最も大きな話題を集めたのがGUNS'N'ROSES。「本当に来るのか?」という不安が当初から囁かれていた中、約50分遅れでスタートしたライブはさまざまな意味で伝説として語り継がれることに。

そんなガンズと共にヘッドライナーを務めたオフスプリングライブでは、フロアに巨大なサークルモッシュが出現するなど凄まじい盛り上がりとなった。

また、サマソニ名物の「レジェンド」路線の始まりとも言えるこの年、IN DOOR STAGE初日の最後を飾ったSUEDEは、活動中止直前での出演。2日目のトリを務めたMORRISSEYは、現時点でこれが最初で最後の夏フェス出演となっている。

■ 第4回(2003年):BLURRADIOHEAD

サマソニファンの間で「歴代ベスト1のサマソニ」との声が最も多いのがこの年。チケットが完全ソールドアウトとなったこの年のヘッドライナーは、ブラーレディオヘッドという90年代UKを代表する両バンド

中でもレディオヘッドは、当時ライブで演奏されることの無かった代表曲「Creep」を披露したことから、音楽メディアなどでも大きな話題に。現場で目撃した観客たちの中には、後々何かとマウンティングの材料とする人もいたとか(笑)

一方、ブラーはこれが活動休止前の最後の来日となり、こちらも記念すべきライブに。また、ボーカルイアン・アストベリーを迎え復活したTHE DOORSや、CHEAP TRICKDEVOといったレジェンド組も貫禄の演奏を見せつけた。

■ 第5回(2004年):GREEN DAYBEASTIE BOYS

東京会場では第5のステージBEACH STAGE」が誕生し、より多彩なジャンルアーティストが集結したこの年、ヘッドライナーを務めたのはグリーン・デイとビースティ・ボーイズ。

これまでほとんどヒップホップアクトが出演してこなかったサマソニにおいて、ビースティの出演はフェスに新たな潮流を産み、NASN.E.R.D.、JURASSIC 5といった面々がMARINE STAGEに集結。RHYMESTERスチャダラパーという日本ヒップホップ界の重鎮たちも参戦し、フロアを大いに沸かせた。

一方、第1回でヘッドライナーを務めたグリーン・デイは、フェスの5周年を祝うかのようなパフォーマンスを展開。すっかり恒例となったレジェンド勢も、MC5(D,K,T)やTHE DAMNEDら海外勢だけでなく、細野晴臣高橋幸宏というYMOの2人によるSKETCH SHOWも登場。円熟の演奏で若い観客を唸らせた。

■ 第6回(2005年):NINE INCH NAILSOASIS

ナインインチ・ネイルズとオアシスという、米英の対象的なビッグネームヘッドライナーを務めたこの年。ステージも東京会場は6つとなり、いよいよサマソニ名物、見たいアーティストがバッティングする「裏被り」も深刻度を増していく。

ナインインチ・ネイルズは、かつてのインダストリアルサウンドからラフなバンドサウンドへの転換を圧倒的な音圧で示し、オアシスは王道のギターロックで観客を喜ばせつつ、「Don't Look Back In Anger」での大合唱を引き出してみせた。

そんな中で大きな話題となったのがTHE LA'Sオアシスファンを公言するなど伝説のバンドとして知られていた彼らが、この年実に14年ぶりとなる来日。名曲「There She Goes」で大合唱が起きるなど、祝祭的なムードでフロアは感動に包まれた。

また、折からのリバイバルでDURAN DURAN、ECHO AND THE BUNNYMEN、RODDY FRAME80年代に一斉を風靡した面々も多数参戦。一方でTHE ARCADE FIRE、TV ON THE RADIOM.I.A.といった、その後大物となるアーティストたちの初来日も印象深い年となった。

■ 第7回(2006年):METALLICALINKIN PARKDAFT PUNK

METALLICALINKIN PARKヘッドライナーを務めたこの年、MARINE STAGEメタル/ラウド系バンド一色に。METALLICAライブ中盤から彼らの代表作と言えるアルバムメタルマスター』を曲順通りに演奏し、詰めかけたファンを歓喜させた。

そんなメタリカの裏では、DAFT PUNKがMOUNTAIN STAGEを入場規制に。“2体のロボット”がステージ上から淡々とビートを刻む中、ステージは巨大なダンスフロアへと変貌。アンセムOne More Time」が流れると、ステージの外で音を聞いていた観客が何とか中に入ろうとするなど、終始異様な大盛りあがりとなった。

ほかにもTHE FLAMING LIPSやMASSIVE ATTACKTOOLなど、各ステージのトリがバラエティーに富んでいた中、その後サマソニの常連となるARCTIC MONKEYSが初出演したのもこの年だった。

■ 第8回(2007年):BLACK EYED PEASARCTIC MONKEYS

前年初出演したばかりのアークティック・モンキーズが、この年史上最速&最年少でヘッドライナーに大抜てき。当時の彼らの持ち曲ほとんどを披露するような、初期の集大成的ライブとなった。

そんなアークティック・モンキーズと共にこの年ヘッドライナーを務めたのが、ポップアクトブラック・アイド・ピーズ。ここでの成功が、ロック色の強かったサマソニメインアクトの顔ぶれを大きく変えていくことに。

一方で、MOTORHEADらラウドロック系のMOUNTAIN STAGE、DINOSAUR Jr.からPET SHOP BOYSまでを揃え、サマソニの屋台骨を担ったSONIC STAGE、DJ SHADOW & CUT CHEMISTらダンスアクトによるDANCE STAGEyanokamiSEAN LENNONら海の似合うアーティストが集まったBEACH STAGEと、ステージごとの色合いが如実に出た年でもあった。

■ 第9回(2008年):THE VERVE、COLDPLAY

この年のヘッドライナーは、 奇跡の再結成を経てこれが初来日となったヴァーヴと、第1回以来の参戦となるコールドプレイヴァーヴは名盤と名高い『Urban Hymns』からの楽曲を惜しげもなく披露し、終盤にはアンセム「Bittersweet Symphony」でスタジアムを一体に。長年待ちわびたファンには涙モノのパフォーマンスとなった。

コールドプレイは、後に彼らの代名詞的な曲となった当時の新曲「Viva La Vida」や、SMAP世界に一つだけの花」のカバーなども披露。ライブ終盤には、彼らの前に出演したアリシア・キーズがゲストとして登場し、クリスマーティンデュエットするなど、こちらも感動的なステージとなった。

また、ヘッドライナー以外にもUK勢が大挙として出演したこの年。中でも、SEX PISTOLSの復活は驚きと共に受け入れられ、「Anarchy In The UK」では大合唱と共にモッシュとポゴが巻き起こった。そんなピストルズの裏では、PAUL WELLERがTHE JAM時代の名曲を披露し、PRODIGYがスタジアムをダンスフロアに変えるなど、どこを選んでもハズレようのない事態に。

一方で、VAMPIRE WEEKENDやMGMTなど、後に多くのフェスでヘッドライナーを飾った面々が新人として登場。あのサカナクションがこの年、OPENING ACTとして初出演していたというのも、今となっては驚きだ。

■ 第10回(2009年):MY CHEMICAL ROMANCELINKIN PARKLADY GAGABEYONCE

ついに10周年を迎え、史上初の3日間開催に踏み切ったこの年。ヘッドライナーを務めたのはマイ・ケミカル・ロマンスリンキン・パーク、そしてビヨンセ

サマソニゆかりの深い他の2組とは異なり、ポップアイコンであるビヨンセヘッドライナーに名を連ねたことに当初は驚きの声が強かったものの、冒頭の「Crazy in Love」から圧巻のパフォーマンスで観客を熱狂させた。

また、この年大きな話題となったのが26年ぶりに来日を果たしたTHE SPECIALS。ボーカルテリーホールオリジナルメンバーが再集結したライブでは、「Gangstars」や「A Message To You Rudy」といった名曲群を出し惜しみなく披露。多くの観客が待ちわびた「Little Bitch」では「1・2!」の大合唱が轟くなど、凄まじい盛り上がりとなった。

そして、この年「MID NIGHT SONIC」と題した深夜枠に出演していたのがレディー・ガガ。前年デビューしたばかりながらもすでに注目を集めていたこともあり、深夜の登場ながらも多くの観客が詰めかけた。(ザテレビジョン

2009年、サマソニ10周年の大トリを飾ったビヨンセ